自ら行動を起こせば起こすほど自分も周りも変わり今は理想の働き方をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フリーランスデザイナー 成田奈穂さんの感想です。

約三年前の会社員時代に出会っています。
軸対話を学び約1年で独立し今は理想の働き方を手に入れていますが、アンケートは会社員時代を回想してもらっています。

彼女の学び方はとても貪欲でかなり質問攻めに合いましたが、その分こちらからも問いかけています。
それに必死に答えていたことを記憶しています。
彼女とのやりとりで軸カウンセリングが生まれています。笑

軸対話でいう未来編の講座で理想の働き方を言われていました。
そんな働き方ってあるんだね〜と言っていたらもう実現されています。
若い方が好きを活かして生きていく!日本の未来が明るいですね。

 

受講する前に、困っていたことや悩み事は何でしたか?

会社の同僚とのコミュニケーションがうまく噛み合わずに困っていました
また、それまでは自分は「比較的考えを言えるタイプ」だと自負していましたが、
特定の人(身内や身近な人)にはなぜか言いたいことが言えない…といジレンマも感じていました。

 

何が決め手となり本講座を受講されましたか?

決めてはブログ記事です。自分軸のことなど全く知らなかったので、コミュニケーションは自分ではなく相手有りきのことだと思っていました

それまで実はソーシャルスタイルは学んだことがありましたが、これもあくまでもタイプ別の対処法なので、結局相手に合わせるくらいしかないのだと思っていました。また、人間関係については”だれしも問題を抱えているものだ”という風潮がありすぎて、具体的な解決方法があるという事自体思い浮かびませんでしたが違っていました

ただ、ブログだけではなく事前に本人ともお会いしていました。
割と名のあるコンサルタントの方のセミナーだったのですが。
「講師のことを知らない人〜」という答えにくい質問に対してはーいと手を挙げていたことが、人のことなどあまり気にしていないように見えた。

それが口先だけでなく(笑)ご本人がそれをしっかりと実践して生かされている、コミュニケーションを軽やかにしているように見えたので、実際に出来ている人から教わろうと思いました

 

どんなことが解決しましたか?

《自分と違うタイプの人との接し方。仕事が進めやすくなった》

私はソーシャルスタイルで言うと極端なドライビングタイプ。
結論を先に求める、白黒はっきりさせたい、メリットを重視する、仕事は簡潔に効率よくスピーディーにというタイプです。アナリティカルという典型的な職人タイプの方とは進めにくかったのが進むようになりました。

《無理な要求や無茶振りをしてくる上司への対処がわかった》

無茶な締め切りの仕事を投げられた時に、「困っていること」を言動や仕草でそのまま表現するというのをやってみました。結果、上司は自分でどうするか考え解決していたような気がします。

《部下指導の問題は半年で解決した》

主には一番目の問題を解決したくて講座に参加したのですが、それは割と早い段階(約半年)で解決しました。しょっちゅうイライラしたり、実際にその人にきつくあたっていたのですがそれがなくなりました。それは“悪気がない人”となぜコミュニケーションが噛み合っていないかの仕組みを理解できたことで腑に落ちることできたので納得したのだと思います。

解決というほどでもないのですが、気づいたことをポイントで過去のブログに書いていました。↓↓↓

 

それは何が効果的に役立ったと思いますか?

自分軸が明確になり、色々な判断がしやすくなりました。
うーんなんだろう…だいぶ前のことになるのでもう記憶があいまいですが、事象をありのままに捉えというシンプルなことも役に立ちましたし、実際にうまく物事を進めるためにアイメッセージを使ったコミュニケーションがとても役立ちました。

 

オススメのメッセージをお願いします。

  • 自分を変えたい、変わりたいけど何から始めたら良いかわからない
  • 身近な人たち、家族や恋人、仕事関係者との関係をもっと良くしたいと考えている人。
  • 本を読んだり、セミナーに行って考え方を変えてみようとしたけどできない…

という方におすすめします。

いつも人に合わせて自分が折れていて辛い、フラットに伝える方法がわからず良い争いになってしまう、なぜか相手を怒らせてしまう、いつも同じ人間関係のパターンでイライラするという方。

  • どうしても避けることの出来ない人間関係(身内など)をどうにかしたいと思う方。
  • 力関係に左右されない関係性を部下と築きたい中間管理職の女性
  • 顧客と自分軸に悩むフリーランス業の方、ブログや自己発信が苦手と感じる方

などにも。

しなやか自分軸のワークは座学ではなく、解決したいテーマに沿って実践的な解決方法を、講師や似た悩みを持つ参加者とともに掘り下げて、ともに訓練をしていくというものです。

自ら行動を起こせば起こすほど自分も周りも変わっていきますので、変わる勇気・覚悟を持っている方、ぜひ飛び込んでみてください!

質問外ですが、過去のブログにこんなことを書いていましたので貼っておきますね。

■コミュニケーション・心理学を学ぶようになってから気づいた多くのこと。

■悪気がない人へどう対処するのか

■クライアントとのやりとりでも使える「相手に信頼される話の聞き方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*