仕事の方向性や子どもとの関係に悩んでいた心理カウンセラーが全ての事で良い方向性を見つけれた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

心理カウンセラー 小林智美(ともりぃ)さんの感想です。

 

講座を受ける前に、困っていたことや悩み事はどんなものでしたか?

「これさえあれば、子どもたちは幸せになれる!」といった
子育ての絶対的な軸になるようなものが欲しい!と、ずっと思ってました。

子どもが生まれてからは「子どもが幸せになるためには、どうしたらいいのか」を探してたんです。
幼児教育や通信教育の資料などを読んだり、実際に通信教育の受講もしました。

でも子どもと一緒に過ごす時間がしんどく、
できない子どもに「何でできないの!?」と、
イライラしてキレて、自己嫌悪に陥る…
ということを繰り返していました。

また、自分は子育てに向いてないのではないか?
子育てしている時間がもったいなく、本当は、
仕事などでもっと輝ける場所があるのではないか?
とずっとモヤモヤ抱えてました。

そんな時に心屋仁之助さんの本に出会い、一年ほどブログを読んでは、
記事の内容を自分に当てはめながら、一人でよく考えていました。

子どもへのイライラがひどくなった時は、
ブログの内容を参考にセルフカウンセリングをしたこともありました。

そこで、自分が親の目を気にして、親のために生きていたということに気がつきました。
すると、気持ちがものすごく軽くなったんです!

 

 

「私もカウンセラーになりたい!自分と同じように悩んでいるお母さんをラクにしたい!」と思い、
心屋塾のマスターコースを受講しました。

また同じ頃「子育てには親業がいいよ」と勧められ、
子どもとの関係が良くなったらいいなぁと受講しました。
それぞれを修了後、カウンセラーとして起業しました。

カウンセラー業を軌道に乗せるため、起業塾のネット受講やブログ講座のDVDなどを買い、
ビジネスのことも少し学びました。

また、人に会うことが大切だといろいろなところで聞くので、自分が楽しそう!
って、思うセミナーなどに出かけるようにしました。

 

 

それは何がどこまで解決し残っていたものは何ですか?

心屋塾では自分自身と向き合い、自分の感情にフタをしていたこと、
また自分が傷つかないために多くの「べき」「ねば」で自分を縛ってきたことがわかりました。

それらのブレーキを外し、自分を大切にすること、在り方が大切だということを学びました。

また親業でも、子どもの話の聞き方や、伝え方を学び、
親は親、子どもは子ども、という境界をひける
ようになってきました。

しかし心屋塾の学びでも、親業の学びでも子どもに対し
「自由に好きなことやっていいんだよ」と言葉では言いながら、
心の底からは言えてなくて、矛盾した気持ちをモヤモヤ抱えていました。

起業についても、ブログの書き方や文章の組み立て方などのやり方はわかったけれど、
イマイチ行動に移すことが出来ませんでした。

人に会いにいくということにも、だんだん興味が湧かなくなりました。

 

 

しなやか自分軸では何が解決しましたか?

心の底から、子どもがやりたいようにやってもいいと納得できました。

そして「心と言動を一致させる」ことができるようになりました。
それができない時でも、本当のことを包み隠さず、
子どもに伝えられるようになりました。

 

 

更に自分が本当に大切にしたいこと、自分が本当にやりたいことがわかりました。
例えば、私が大切にしたいこと、楽しいと思えることは、外の世界に出て行き、
刺激を受けることよりも、家で子どもたちとコミュニケーションをとっている
「いつもの生活」だということが明確にわかりました。

 

また私がしたかった子育ては、自分の気持ちも子どもの気持ちも、
どちらも大切にする子育てだとわかりました。

そしてただ「子どもにイライラすることをやめる」だけでなく、
その先の「自分と子どもの心を大切にした子育て」の楽しさを伝えていきたい!
カウンセラーとしての方向性もはっきり見えるようになりました。

 

それは何が効果的に役立ったと思いますか?

  • アイメッセージを作るということ。
  • 行動整理をして、細かく自分の言動を見ていくこと。

今まで無意識だったものを意識化していったことが役立ちました。

物事を大雑把に捉えていた時は、自分が物事にどんな意味づけをしているのかなど、
まったくわかっていなかったので、
細かく見ていくことで、客観的に物事を捉えることができるようになりました。

アイメッセージを作ることで、
思い込みや妄想の区別がつきやすくなり、子どもの問題と自分の問題をより
はっきり区別できる
ようになりました。

 

川西

心とは思いだ!感情だ!あり方だ!体の声だ!
という人もいます。

ともりぃにとっての心とは、何を指しますか?

ともりぃ

私にとっての心とは、感情、欲求、価値観です。
子ども自身の自分軸も大切にしたいです。

今までは、子どもの欲求は、
抑えてコントロールしなければならないし、
子どもの価値観は、親がきちんと教えて、
親子一緒にしなければならないのでは?
と思ってました。

だから「感情」が私にとっての心だと思っていました。
でも軸対話を学んでからは、
子どもの欲求や価値観についても考えるようになり、
それらが私と違っていいんだ!
と思えるようになりました。

川西

仕事面での変化はありますか?

ともりぃ

仕事面では、ブログでより具体的な事例を
わかりやすく発信できるようになりました!

内容が具体的だから、
自分のことにも当てはめやすくて、
わかりやすいという声をもらいました。

クライアントに対するカウンセリングの質も、
表面上でグルグルして悩んでいるのを見抜けるようになり、
より深く核心部分に迫ることができるようになりました。

自分のターゲットにしている客層(自分と似たような人たち)が
より集まるようになりました。
仕事面の変化はそんな感じです。

ちょっと今までは、
私の中に迷いがあったので、告知記事などが中途半端だったので
集客にはなかなか結びついてなかったです(^^;)

自分の方向性が定まったので、
集客のための記事も書きなおそうと思ってます。
よろしくお願いします(^^)

川西

オススメのメッセージをお願いします。

ともりぃ

講座では、自分の知らなかった自分、自分が気づいていなかった自分に出会えます。
その発見が面白かったり、涙したり…。

余計な思い込みやいらない価値観を無理やり捨てるのではなく、自分が納得して、自分で選んで、シンプルでとても身軽な自分になっていけます。

子育てのこと、カウンセラーとしての起業のこと、家族や周りの人たちとの人間関係のこと、すべてにおいて、しなやか自分軸講座を受けたことによって、悩みが一歩一歩解決されてきました。

確実に、良い方向、目指す方向に進めることができる講座だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*