問題に巻き込まれず、自分の納得できる行動を意識的に選択できるようになりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カウンセラー兼プロデューサー のんさんの感想です。

のんさんはお子さんの不登校から、川西と関わってきました。
お子さんの不登校という悩み事からは解決されてはいたのですが、更なる「自分軸」を求めて学びに来てくださいました。

 

講座を受ける前に、困っていたことや悩み事はどんなものでしたか?

大きな問題はなかったのですが、まだ時々揺れ動く心を整理する方法を極めたかったし、未来さんから学んできたことを関わる人に、もっと適切に提供したかったし、カウンセリングや、WEBプロデューサーの仕事にも役立てたいという思いから、
そのためにも、更に自分を確立するために受講を決めました。

インタビュアー
これまでも未来さんのところで、いろいろ学ばれてたんですか?
のん
そうなんです。
インタビュアー
例えばどんなことですか?
のん
話というか、状況というか、目の前で繰り広げられている問題の見極め方や、自分の表現方法や、自己実現などです
インタビュアー
結構たくさん習われてきたということですか?
のん
はい。
インタビュアー
この講座は、また新しい学びだったのですか?
のん
いえ。これまでに習ってきたことも含まれていました。
が、まだまだ習得でき切れずにいたんです。

習得するには訓練が必要で、学び続けることで私は意識できるし、訓練も続けられる。
そして、これまでも受講しているのに、その素晴らしさはわかっているのに、使いきれていない自分をしっかり見つめたかったんです。

きっとそれにも、自分の中での「想い」があるように感じたので。
それでも私は未来さんのところで、かなりたくさん私は学んでいるので、これで最後にしよう!
という意気込みもありました(^^;)
今こそ習得するぞ!という想いで受講を決めました。

 

 

他にも似たような講座がある中で、なぜ「しなやか自分軸」を受講しようときめたのですか?

この講座を受けるずっと前なのですが、私には大きな悩みがあって、心理学を学んでいました。
そこではその問題を解決するには「放っておく」を、アドバイスされました。
そして、頭ではその選択が良いのもわかっていた(本当の意味では理解してなかったと思います)のですが、それがとても苦しかった。。
そんな時、未来さんの伝えている内容が、「関わりたいなら、適切な関わり方をすれば良い」という方法だったんですよ。
それが一番のきっかけですね。
人と関わりたい人なんです。わたし(*ノωノ)

インタビュアー
なぜ未来さんの伝えていることが、「関わりたいなら、適切な関わり方をすれば良い」という方法だとわかったのですか?
のん
だいぶ前のことなんですが、こんなことがあったんです。。

6年ほどさかのぼります~~~

のん
どうしたら良いのか、もうわからない!!苦しいよぉ!!
とあるカウンセラー
ほっとけ。
のん
そうなんですね。。。放っておくようにします。
のん
だけど、苦しい・・・
川西
ねぇ。しんどくない?
のん
!! 未来さん。。。。しんどいよぉ。。。
のん
こんな会話が始まりだったんです。
インタビュアー
その結果、どうなったんですか?
のん
習得には時間がかかりましたが、結果的に、
自分が納得する行動を選択し、自分が納得できる関わり方ができて、紆余曲折はあったものの、1つひとつの選択に後悔はありませんでした。
そして今、全てうまく行っています!
のん
生きていくうえで、人との関わりは必須です。
私たちは1人で生きているのではないからです。
関わりあって、交わりあって、いろんな個性があって生きている。

その人生を納得し楽しく進むためにも、この「関わりたいなら、適切な関わり方をすれば良い」は、生きることをラクにし、また自分らしく生きる根幹となります。

また「ほっとけ」という言葉は、実は幸せを掴む「王道」です。
それができれば、苦労ないのだろも思います。。
ある意味「苦労したかった」のかもしれませんね(^^;)

けど、その選択に私は「満足」しているんです。

 

実際に「しなやか自分軸~対話編~」を受講してみて、どうでしたか?

ずいぶん「聞く」ということはできるようになっていましたが、現場で起こる「事件(問題)」への対応がまだまだ苦手で、
その原因の1つは、自分への「聞く」がまだまだ足らなかったのだと改めて気づきました。
そして「アイメッセージ」を伝えることが難しい理由もそこにあるのだと気づきました。
それらに改めて気づくことで、今の自分への課題が明確になりました。

インタビュアー
受講のきっかけとなった「自分軸」は確立されましたか?
のん
「確立する」って言葉の選択が、ちょっと違いました。
「確立」というと、1から作りあげていく、確固たるもの!というイメージですが、未来さんの伝える「しなやか自分軸」は「自分の軸が明確化する」というものでした。

そもそも自分の中にある、大切なものの輪郭がクリアになる。
そんな感じです。

そして、その軸は時に揺れることもありますが、しなやかに揺れて、また自分の中心に戻るような感じです。

例えば、

自分が何を好きで、何をしたいのか。
どんな価値観を持っていて、何を大切に生きたいのか。

ということが、現実に起こる「嫌だ困った」と向き合うことで、1つひとつ少しずつですが、明確になっていっていくからです。

インタビュアー
それは具体的に、どんなことですか?
のん
そうですね。。

家族を1番に大切にしたい。
子供の思いや、考えを尊重したい。
自分を休める時間を大切にしたい。

1つひとつをこうやって見ると、小さなことなのでしょうが、私の中では大切にしたいけど、世間体や常識といったことから、大切にできなかったり、迷ったり、揺れてしまって、自分の中で「問題」を起こしやすい、ポイントでもあったんです。

しかし、その1つひとつには私の「想い」があり、それらが私にとってどれほど重要なことなのかが明確になったことで、ぶれない自分になりつつあるんです。

 

この学びを、今後どのように生かしていきたいですか?

更に「自分を確立(自分軸の確率)」をさせていきたいです。
そうすることで、自分の人生のハンドルを自分で握れると思うからです。
人任せではない、自分の人生を自分の足で歩く。というような。
そして、自分を確立させつつ、私の周りにいる人とのかかわりの中で使っていきたいです。
そうすることで、周りの人が勝手に「自立」していくので、私が「ラク」になるからです。
そしてまた、この技法は相手や自分の「意図(想い)」を知ることができるので、日常生活はもちろん、カウンセリングにも、WEBの仕事にも、コミュニケーションを行う場であれば、どこでも活用できるので、どんどん実践していきます。

インタビュアー
「話を聞く」ということが、かなりキーポイントのようですね?
のん
そうなんです!
思い出してみてください。

話の聞き方って学んできましたか?

きっと、学んで来てないんです。
もし、学んでるとしたら

黙って話を聞きなさい!
人が話しているときは、黙って話を聞きなさい!

そんな感じだったのではないかと思うんです。

インタビュアー
確かに。
話の聞き方って、それぐらいしか知りませんね。
のん
ですよね?
だけど、それじゃぁ本当に話を聞けたにはならないんです。

聞かなくていい時もあるし、聞く必要がある時もある。
聞くときは相手の「本当に伝えたいこと」に、全身全霊で耳を傾けて初めて、相手の「心の声(本当の想い)」が聞こえてくるんです。

それは人様の話を聞くときだけでなく、自分の心の声を聞くときも同じように必要で、重要なんだと学び実践し実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*