あなたメッセージが伝えるもう一つのメッセージとは?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

只今、対等な人間関係を築くために
親やリーダーが知っていると良い最初の1歩
をお伝えしています。

 

▼No.1 コミュニケーションがしにくい相手ってどんな人?

▼No.2 アクティブリスニングは相手に表現を与えること

▼No.3アクティブリスニングがしにくい3つの理由

▼No.4吐き出しワークが必要な3つの理由

 

今回は『No.5あなたメッセージでは人が育たないたった1つの理由』をお送ります。

 

あなたメッセージで、人が育たない理由

あなたメッセージで人が育たない理由は、 “私” を伝えていないからです。

あなたメッセージが悪影響しか及ばさないことは、よく耳にしますよね。
でも多くの人が、あなたメッセージで伝えていることに気がついていないし、『 “私”を伝えていない 』ことにも気がついていません。

 

“私”を伝えていない

 

例えば、提案や質問、これもあなたメッセージです。

提案や質問は、相手も自分も「嫌だ・困った」を持っていない時には、何もトラブりませんし有効な手段です。
ですが、どちらかが困っている状態で提案や質問をすると、心は離れ、人は育ちません。

特に “私” が困っている時に「あなたメッセージ」を使うと真意は伝わらず、相手は成長しない結果に終わりやすいのです。

真意が伝わらない

 

 “私” が「イヤだ・困った」を持つ時

あなたメッセージは、対等な関係で使わない
関係性に上下があると、容易に使われる
投げかけた言葉以上のものを、相手が受け取る。
本当の想いは違いますよね?

 

“私”が「イヤだ・困った」を持つ時

▼子どもが小さい時

とまらないいたずら
  • 子どもを寝かしたいのに、なかなか寝ない。
  • 片付けたばかりの部屋に、おもちゃをぶちまける。
  • 疲れている時に、子どもが騒ぐ。

 

▼少し成長した時

いうことを聞かない
  • 親の言うことを、ちっとも聞かない。
  • 目を離すと、妹を泣かす。
  • 学校で乱暴だと先生から、注意を受ける。
  • いつも小遣いが足りないと言う。
  • 決めた家事を、やらない。
  • 子どもが学校から時間通りに、帰ってこない。

 

▼大人になって

伝わらずうまく行かない
  • 配偶者が人前で、あなたの話をさえぎる。
  • 同僚が、あなたにも関係のあることを、勝手に決めてしまう。
  • 部下が、指示通りに動かない。
  • 会社の方針と、違う仕事の仕方をする。
  • 上司が出張で留守にする際、あなたに連絡を取らないことがある。

 

▼先生が生徒に

先生と生徒のコミュニケ―ション
  • 生徒が新品の机を、引っ掻いている
  • 大声でしゃべり、教師の指示を聞かない
  • 借り出した実験用具を、きちんと戻さない
  • 画用紙を、無駄使いする。
  • 数人の生徒が声高に議論し、授業を妨害する。
  • 空のペットボトルが床に転がっている。

 

これらの状況は、相手が「あなたの欲求を妨げたり、権利を踏みにじるような行動をしており」あなたはそれを受け入れられません。
あなたは「イヤだ・困った」を持っています。

と言うことは私は “私の権利” を主張する」必要があります。

 

あなたメッセージで、相手が受け取るもの

あなたが「イヤだ・困った」を持った時、通常はこのように言いますよね。
同僚がいつも使ったものを所定の位置に戻さないとしたら「元の場所にないと、探すのに時間がかかって困るんだけど」と言うでしょう。
「片付けなさい!」とは言わない。

友人に貸した旅行鞄がなかなか帰ってこなければ「あの鞄、来週の旅行に使いたいんだ」と言い、「早く返してよ!」とは言いません。
※あなたメッセージは、対等な関係の場合は、ほぼ使いません。

ですが、私たちは関係性に上下があったり、身近な人に対しては平気で「あなた」が主語のメッセージを送るんです。
※関係性に上下があると容易に使われる

 

(あなたは) 勉強しなさい!=指示

(あなたは) みんなに嫌われてもいいのね=脅迫

(あなたは) それを人が楽しんでる時にするもんじゃない=訓戒

(おまえの)そのやり方では成績は上がらない=説教

(君が) メモさえしといたら忘れないのに=助言

(おまえは) 指示した通りになぜできないんだ!=尋問

(あなたは)やればできるのに=理詰め

(あなたは) 思春期だから仕方がないわね=分析

(あなたは) いつもはとってもいい生徒なのに=肯定的評価

(君は) ジョブス二世を目指してるんだね=皮肉

(あなたは)明日になれば気分も晴れるだろう=なぐさめ

 

私たちは、これらの言葉を浴びています。
そしていくつかの言葉は、あなたメッセージだと気付かずに成長しています。

相手から “私” を伝えられずに成長すると、投げかけられた言葉以上のものを受け取って心に刻んでいます。

 

あなたメッセージは
投げかけた言葉以上のものを相手が受け取る。

成長を妨げる、あなたメッセージ

解決メッセージは、考えることを放棄するようになる

(あなたは) 勉強しなさい!=指示
(あなたは) みんなに嫌われてもいいのね=脅迫
(あなたは) それを人が楽しんでる時にするもんじゃない=訓戒
(おまえの)そのやり方では成績は上がらない=説教
(君が) メモさえしといたら忘れないのに=助言

これらは
あなたがグズだから、解決する力はない
だから私の言うことを聞いていればいい

と、告げています。

 

相手は

相手の気持ち
  • 「しなさい」「やめなさい」は反抗したくなる
  • 「こうしてみたら?」の提案もアドバイスも求めたものでない限り「余計なお世話」と感じる
  • 命令や脅迫は、親や上司の権力を笠に着て、いやでも従わせ、考えることを放棄する。

 

やっつけるメッセージは、自尊心を破壊する

(おまえは) 指示した通りになぜできないんだ!=尋問
(あなたは)やればできるのに=理詰め
(あなたは) 思春期だから仕方がないわね=分析
(あなたは) いつもはとってもいい生徒なのに=肯定的評価

これらは

あなたが原因で、私は問題を抱えているとして
解決の責任を、相手に取らせようとするメッセージです。

行動よりも、本人にフォーカスしているメッセージ
であるために自分がダメだと思いやすい。

 

相手は

相手の気持ち
  • 受け入れてもらえない、
    拒絶された、愛されていないと
    貧弱な自己像がさらに貧弱になり、
    自分はダメな人間だと追い討ちをかける
  • 「別に気を引こうとしたわけじゃない」
    「そんなつもりでやったわけじゃない」
    親(上司)はわかってくれないと、抵抗したり自分を防衛したりする
  • なかには、自分を肯定的に評価し自信を持ち
    「あの人は何もわかってはいない」として、無視し蔑み、変化しない。

 

 

遠回しのメッセージは、正直になってはいけないと育つ

(君は) ジョブス二世を目指してるんだね=皮肉
(あなたは)明日になれば気分も晴れるだろう=なぐさめ

 

解決メッセージもやっつけるメッセージもいけないとは思っており、もっと穏やかに遠回しにメッセージを送っても、きっと相手は理解してくれると思っている。

 

だが、実際の相手は、、、、

  • 何を言おうとしているのかさっぱり分からない
  • はっきり言ったら私のことが嫌いなんでしょ
  • ごまかしてて、本物が分からず不信感しか芽生えない。
  • 正直に率直になるのは危険な人だ。

 

と思う。

 

色々考えて投げかけた言葉は、ほぼ全て裏目に出ています。
それは、私自身を伝えていないために起こっています。

そんなつもりで言っていなかった、、、、ですよね。
※本当の想いは違いますよね

 

あなたメッセージを使っていると、自分を表現していないので、実は自分が一番モヤモヤもしています。
それが怒りであれば尚更、自分を伝えきっていません

あなたが困っている状態を知ってほしいし、協力してほしいですよね。
できればもっと関係を深めたいし、相手には考える人になってほしいと成長を願っている。
それにあなたの大切な想いにも気づいてほしいし伝えたいし、いい人生にしてほしいとも思っている。

と、言うことはないですか?

 

もし自分に自信が持てないと言うことが、あなたにあるなら

あなたメッセージを浴びて育ったからと言うことは考えられませんか?
その連鎖、断ち切りたいと思いませんか?

 

あなたの思いはアイメッセージによって叶えられます。
次回です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*