【連載】【20】Q本音は言い争いになりませんか?-軸対話初歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本音で言い争いになるのは…

よく「本音は争い合いになりますよね!」と言われます。

この言葉を発するとき、怒りのまま、人を攻めるような言葉を言い合っていることを本音と思われているのではないでしょうか?

今ままで説明してきたように、本音とは表面の言葉ではありません。
もっと奥の感情です。

 

言い争いになるのは、どちらかが困っている時にあなたメッセージで伝えあうから(正確には他の要素もあり)

多くの親は子どもが困っていると自分も困ってしまい、説得したりアドバイスしたりの「あなたメッセージ」を送ります。

こんなん、食べたくない!
僕はこんなものが食べたいんじゃない!
こんなものはイヤ!
こんなものを出すな!
お母さん、こんなものを出すな!
(途中から親にはあなたメッセージに聞こえる)

そんなことを言うもんじゃない!
何が食べたいんだ!
食べ物を粗末にするな!
これらには「子どもの名前○○」と言う主語がつきます。

というように、「あなたメッセージ」です。


学校に行きたくない!

今日は休んで明日からどう?
このままではダメになるんじゃないの?
大学行かないの?
このままで大丈夫?
これらにも「子どもの名前○○」と言う主語がつきます。

 

というように、「あなたメッセージ」です。
あなたメッセージは、相手をコントロールする言葉です。

この連載の初めの方でもお伝えしたように、人は人からコントロールされることを本能的に嫌います。

愛情があって伝える言葉が、コントロールしている言葉になっているとは思っていないですよね。
ですが、相手にはそう聞こえています。

 

その理由に本音が隠れている

食べたくない、その理由は何なのか?
その理由に本音があります。
(単純に食べたくないということもあります)


なぜ学校に行きたくない気持ちになるのか?

その理由に本音があります。

本音が出ていないのに言い合うと争いになるか、付き合いを避け心を閉ざすようになります。

この見極めは本当に難しいですが、実践を積めばできるようになります。

 

あなたが望んでいることは?

子どもがイヤだ困ったと思って発している言葉の表面にだけ反応して、言葉を返していると子どもの心が閉じます。

子どもの心が閉じること
子どもの心が離れること

親にとって、これが一番イヤなことなのではないでしょうか?
(どの親にもそう思えとは言っていません)

 

心が開いた関係にするために

親自身、自分自身の負の感情を感じきり

その負の感情を言葉に表現できることが大事です。

「本音の言い合いでは、争いになります!」と恐れる前に、もっと人間を信じてもいいと思うのです。
そのためにも、自分の負の感情をしっかり自分で見てあげると、恐れも減っていきます。

 

親子関係をサポートしている方は、多くの親子の会話が表面上の反応会話になっていることを理解して、お互いの本音が明確になるようにサポートしてあげて欲しいと願っています。

あなたがどの立場であっても、自分自身の本音を感じきることができれば、人間を信じることのできるサポートができるようになります。

 

いかがでしょうか?

 

 

コメントで、あなたの意見を聞かせていただけると嬉しいです(^^)

 

今回の記事を動画でもまとめましたので、ご覧ください。

おまけ

自分が自分へする会話。
他者が、他人としている会話。
あなたに向けられた会話。

よくよく見ると、あなたメッセージ満載なのです。
このあなたメッセージの中、成長してきた結果、自分のことがわからなくなり、相手ヘの想いがあっても、揉める怖さが先にたって何もできないということが起こっているのです。

 

【特集記事】はじめての軸対話

【連載】【まとめ】心が疲弊せずに関わるポイント-軸対話初歩

人との関係を煩わしいと考える人が増える中、人との関わりを見直したい、改善したい、何か相手の役に立てることならしたい、と思える方は非常に貴重な存在です。 関わろうと思う人の心が疲弊しないようにポイントを押さえましょう。 ま […]

【連載】【23】組織論から親の心配が見えてくる⁉︎-軸対話初歩

Contents1 組織論から親の心配事が理解できる2 組織は判断基準を与えている!?3 軸対話はティール組織を作りやすくする3.1 組織の発達段階を決める要因は何か?4 自分軸があり、軸を活かした対話ができる人の育成5 […]

【連載】【22】本音を活かすことは進化すること!?-軸対話初歩

Contents1 本音(自分軸)が活かせる組織とは?2 日本で反響の多い組織論って?3 ティール組織とは?3.1 組織の発達段階と副作用4 意思決定の基準が外的なものから内的なものへ5 ティール組織に欠かせない3つの要 […]

【連載】【21】軸対話は子どもの方ができる-軸対話初歩

Contents1 日常的な表面的な会話と反応会話2 本音の中にこそ自分軸があります。2.1 子どもの軸対話習得が早い理由3 【特集記事】はじめての軸対話 日常的な表面的な会話と反応会話 いかがでしたでしょう? 私たちの […]

【連載】【20】Q本音は言い争いになりませんか?-軸対話初歩

Contents1 本音で言い争いになるのは…2 言い争いになるのは、どちらかが困っている時にあなたメッセージで伝えあうから(正確には他の要素もあり)3 その理由に本音が隠れている4 あなたが望んでいることは?5 心が開 […]

【連載】【18】軸対話流、実況中継伝えをしてみよう!-軸対話初歩

Contents1 子どもの不登校、夫の暴力…離婚はやむを得ない?2 実は愛されていた? 夫は妻を理解できず困っていたのです。3 自分実況中継で、自分を裸にする?3.1 料理をしている途中に、違う行動を始める “私の行動 […]

【連載】【18】高校生の子どもが不登校の場合-軸対話初歩

Contents1 子どもの不登校がきっかけで軸対話を学ぶ2 こんな時、どう声をかけますか?3 この場面、どっちが困っていますか?3.1 いっぱい困ったことの中でどのことがイヤですか?3.2 どうであって欲しいですか?4 […]

【連載】【17】軸対話流、実況中継聞きをしてみよう!-軸対話初歩

Contents1 しなやか自分軸初心者に優しい「実況中継聞き」「実況中継伝え」2 「実況中継聞き」「実況中継伝え」を見てみましょう3 心のベクトルを、相手の心に向けることで、心が通じ合う4 【特集記事】はじめての軸対話 […]

【連載】【16】事例の答え合わせ&表現を与えるー軸対話初歩

Contents1 聞くことが表現を与えるとは?事例で説明します2 医者の問診も、相手に表現を与えています3 相手に表現を与える、アクティブリスニング4 【特集記事】はじめての軸対話5 【特集記事】はじめての軸対話 聞く […]

【連載】【15】聞くはベクトルの向け方が大事-軸対話初歩

Contents1 人の話を聞く適切な “ベクトル” の向きとは1.0.1 人は何かを話すときに、言葉や態度などの記号を発信します。1.1 聞くは鏡になること2 【特集記事】はじめての軸対話 人の話を聞く適切な “ベクト […]

最新の講座開催のお知らせ

しなやか自分軸メイキングセミナー
もう迷わない!正しい道を選びたいんじゃない!自分が納得できる道を選びたいんだ!
適宜開催、お問い合わせ下さい。
講座詳細はこちら
しなやか自分軸 オンラインアカデミー
対話は究極に自分マニアになること
オンラインアカデミー案内ページはこちら
【無料で学ぶ】軸対話無料メール講座
軸対話としなやか自分軸にご興味のある方
メールマガジン登録フォームはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*