【連載】【12】感情をコントロールせずにコントロールする-軸対話初歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

感情をコントロールせずに、コントロールする?

感情をコントロールせずにコントロールする方法、それが吐き出しワークです。

吐き出す意味は、頭の中や心の中に溜め込んだ多くの言葉を吐き出して、本音と自分自身を見つけることです。

吐き出しワークの【利点1】

自分自身で居られる

そのためには「イヤだ困った」と感じたことを、まず認める!

そして出す!
すると、当初の原因や切っ掛け、本音も見つけ、それさえも出し切れば…

本来のあなたが見えてきます。
自分自身が見えてきます。

 

例えば、怒りの感情の第一次感情が無力感だったとしましょう。

なぜそんなに無力感を感じるのか?!
本当に無力感を感じる必要があるのか?!
本当はどうなりたいのか?
どうで在りたいのか?
ここまで掘り下げると自分自身が見えてきます。

 

そこまで出し切ると、感情を無理にコントロールせずとも、すぐに本音に気づくので、いつも心は軽やかで自然に穏やかになります。

吐き出しワークの【利点2】

ボキャブラリーが増える

ネガティブ感情を吐いて吐いて、書いて書いて、見るのがイヤなら破って捨てて、書いているうちに、ただの言葉、記号だということに気づきます。

書いて捨てても、書いたものは何となく記憶にはあるので、人のネガティブ感情の記号化した言葉のボキャブラリーが増えているんです。(記号については後で説明します)

書いて書いてすること、本音を見つめるその途中経過が、そのまま身近な人のネガティブを言葉にできる人になっていくということでもあります。

吐き出しワークの【利点3】

自分に対しても、自分の話が適切に聞ける。

自分に対しても、自分の話が適切にきけるようになるので、セルフマネジメントにいいのです。

感情はコントロールしなくても、セルフマネジメントできるようになる方法があるのです。
ただ吐き出しワークの実践は、今まで感情を抑えてきた人にとってはかなり難解です。
ですが、方法はあるということです。

 

セットのやり方と注意点

  1. 必ず自分の味方でいること!
  2. 吐き出しと癒し、ネガティブとポジティブはセットです。

吐き出しの後は必ず、今日あった良いこと、ラッキーだったことを思い出してください。

人と関わりたいと思っている方にはオススメです。

このワークは、

  • 人と関わりたい人
  • 自分軸を見つけたい人
  • 軸対話を実践したい人

にはオススメです。
ですから、

  • 人との関わりを避けたい人
  • 自分軸で生きたくない人

には、お勧めできません。
良い悪いということではなく、無理をしないでください。

人は自分の身を守るために、記憶をなくしてしまうこともあります。
自分を守るために感情をなくそうとした人もいます、時期がくれば、したくなります。したくなったときにはやり方があるということです。

人と関わりたいのであれば、感情をコントロールしようとして無理をしなくても良い方法があるということです。

セルフマネジメントの方法でもある「吐き出しワーク(自分会議初級)」。
興味がありましたら講座かコンサルを、受講してくださいね。

 

今回も皆さんからのご意見等、コメントをいただけると嬉しいです(^^)

 

今回の記事を動画でもまとめましたので、ご覧ください。

おまけ

何をするにも無理はしなくて大丈夫です。
世の中、いろんな方法がありますから(*^-^*)

このしなやか自分軸のメソッドは、「人と関わりたい」という思いがないと、難しいのです。
それは、本格的に自分を見つめ続ける作業にもなるからです。

ま、結果的には身軽になるのですけどね(^^)

 

【特集記事】はじめての軸対話

【連載】【まとめ】心が疲弊せずに関わるポイント-軸対話初歩

人との関係を煩わしいと考える人が増える中、人との関わりを見直したい、改善したい、何か相手の役に立てることならしたい、と思える方は非常に貴重な存在です。 関わろうと思う人の心が疲弊しないようにポイントを押さえましょう。 ま […]

【連載】【23】組織論から親の心配が見えてくる⁉︎-軸対話初歩

Contents1 組織論から親の心配事が理解できる2 組織は判断基準を与えている!?3 軸対話はティール組織を作りやすくする3.1 組織の発達段階を決める要因は何か?4 自分軸があり、軸を活かした対話ができる人の育成5 […]

【連載】【22】本音を活かすことは進化すること!?-軸対話初歩

Contents1 本音(自分軸)が活かせる組織とは?2 日本で反響の多い組織論って?3 ティール組織とは?3.1 組織の発達段階と副作用4 意思決定の基準が外的なものから内的なものへ5 ティール組織に欠かせない3つの要 […]

【連載】【21】軸対話は子どもの方ができる-軸対話初歩

Contents1 日常的な表面的な会話と反応会話2 本音の中にこそ自分軸があります。2.1 子どもの軸対話習得が早い理由3 【特集記事】はじめての軸対話 日常的な表面的な会話と反応会話 いかがでしたでしょう? 私たちの […]

【連載】【20】Q本音は言い争いになりませんか?-軸対話初歩

Contents1 本音で言い争いになるのは…2 言い争いになるのは、どちらかが困っている時にあなたメッセージで伝えあうから(正確には他の要素もあり)3 その理由に本音が隠れている4 あなたが望んでいることは?5 心が開 […]

【連載】【18】軸対話流、実況中継伝えをしてみよう!-軸対話初歩

Contents1 子どもの不登校、夫の暴力…離婚はやむを得ない?2 実は愛されていた? 夫は妻を理解できず困っていたのです。3 自分実況中継で、自分を裸にする?3.1 料理をしている途中に、違う行動を始める “私の行動 […]

【連載】【18】高校生の子どもが不登校の場合-軸対話初歩

Contents1 子どもの不登校がきっかけで軸対話を学ぶ2 こんな時、どう声をかけますか?3 この場面、どっちが困っていますか?3.1 いっぱい困ったことの中でどのことがイヤですか?3.2 どうであって欲しいですか?4 […]

【連載】【17】軸対話流、実況中継聞きをしてみよう!-軸対話初歩

Contents1 しなやか自分軸初心者に優しい「実況中継聞き」「実況中継伝え」2 「実況中継聞き」「実況中継伝え」を見てみましょう3 心のベクトルを、相手の心に向けることで、心が通じ合う4 【特集記事】はじめての軸対話 […]

【連載】【16】事例の答え合わせ&表現を与えるー軸対話初歩

Contents1 聞くことが表現を与えるとは?事例で説明します2 医者の問診も、相手に表現を与えています3 相手に表現を与える、アクティブリスニング4 【特集記事】はじめての軸対話5 【特集記事】はじめての軸対話 聞く […]

【連載】【15】聞くはベクトルの向け方が大事-軸対話初歩

Contents1 人の話を聞く適切な “ベクトル” の向きとは1.0.1 人は何かを話すときに、言葉や態度などの記号を発信します。1.1 聞くは鏡になること2 【特集記事】はじめての軸対話 人の話を聞く適切な “ベクト […]

最新の講座開催のお知らせ

しなやか自分軸メイキングセミナー
もう迷わない!正しい道を選びたいんじゃない!自分が納得できる道を選びたいんだ!
適宜開催、お問い合わせ下さい。
講座詳細はこちら
しなやか自分軸 オンラインアカデミー
対話は究極に自分マニアになること
オンラインアカデミー案内ページはこちら
【無料で学ぶ】軸対話無料メール講座
軸対話としなやか自分軸にご興味のある方
メールマガジン登録フォームはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 永井まゆみ 投稿日

    このワークを先日カウンセラー養成講座で行ないました。初めは、セルフイメージが全然出てこなくて頭を抱えていましたが…。一つ一つ紐を解いて行くうちに、ここかぁって自分の感情のネガティブな部分が出て来て、それを浄化する如くポジティブに変更することが出来て。なんか宝物をたくさん見つけたみたいに楽しくて。こんな楽しいことあったんだっけ晴れ晴れしてます。
    もっと早く気付けば良かったって感じです。

    • 川西未来子 投稿日

      まゆみさん、
      セルフイメージ、、、ということは、リフレーミングのワークをされたのでしょうか。
      リフレーミングワークで宝物を沢山見つけたんですね。
      リフレーミングワークは、個人の思考の偏りのバランスを整えるのにいいですね。
      吐き出しワークは、バランスを取るためではなく、新しい脳でごちゃごちゃ考えていることを全て解放し本来の欲求や感情にたどり着くためのワークなんですよ。
      どちらも大切ですね^^

コメントを残す

*