【連載】【4】反応の心の内は複雑-軸対話初歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分がわからなくなるのは、反応を抑えるのが原因

反応は、現代人になったことで余計に複雑化しているとも言えます。
でも反応を抑えようとすると、自分が分からなくなるんです。

反応は、一瞬のことなのでほぼ無意識に起こっています。

その無意識を意識化して複雑になった心を整理し、見極め方を学ぶのが軸対話です。
軸対話が身につくまでは、少しずつ学ばないと確かにややこしいです。

 

反応する会話に意識を向けるとは?

反応している心の中は、こんなに複雑です(><)
どこに意識を向けたらいいのか、わからない状態です。

筋トレをしたことがない人は、どの動きをすると、どの筋肉が動くのか分からない、その状態と同じです。
ですが何か意識を向けるツールがあると、気づけるようになります。

会話はどこに意識を向けるか分からないと、下記のような状態です。

上記の内容についてここでは詳しく説明はしません。
反応会話はパッと見、簡単そうで複雑になっていると言うことをお伝えしたいのです。

もう少し反応について説明します。

 

反応は「防御反応」であり、自分を守るための行動に移ります

反応というのは、人間に備わっている防衛反応です。

自分にとって何か危険!と感じると、人は、自分を守るために攻撃するか

身を守って閉じこもるか、

どちらかをします。

そうなると人が選択するのが、「言う」「黙る」かです。

 

冷静な対応をするために、反応を止めるのではなく、その奥を見ることが大切な理由

現代人は、この過剰な防衛反応状態の会話が飛び交っています。

子育ての場合、子どもにとって、このままでは良くないことが起きる!
心配や不安も重なって、もっと反応は起こりやすい。

反応を、もう少し一般的に言うと「感情的になる」という言い方の方が、わかりやすいかもしれませんね。

 

だから人は、反応がなければ、感情的にならなければ、冷静に会話ができる。
と思い『こんな「反応」ない方がいい』と、感情的にならない方法が知りたい!
と言われます。

そこで登場するのが、物事や出来事の考え方や捉え方を変えると言う方法です。
人はそれができれば、反応しない!感情的にならない人になれる!と考えるからです。

でもですね。
何度も言いますが、、、、
反応を起こすと言うことは、自分にとって大切なことが脅かされ、奪われると思うからです。

 

じゃあ、何が脅かされ、奪われると思っているのか?!

 

ヒントは最初の図です。
次回ざっくりと説明しますので考えてみてください。

 

今回の記事を動画でもまとめましたので、ご覧ください。

おまけ

反応って本当に一瞬の出来事だと思いませんか?

「ムカついた!!!何なんだ!!!」

そんなとき、黙ってむくれた態度をしたり、反論を繰り出したり…
だけど、伝わらない。
もしくは、相手がむくれだす。
または、反論をし返してくる。

すると、より腹が立つ。
そして、感情的になった自分を攻めだしてしまう…。

そうやって何も解決しないまま、同じようなことが繰り返される…(;^ω^)

そんな日々に疲れて、感情的にならないよう学ぶも、自分ばかりが我慢しているような気分になる。
また、問題解決思考を学んでも、相手がそれに乗ってきてくれず、やはり同じようなトラブルに頭を抱える。

それは、今日書いた「過剰な防衛反応状態」が、お互いの中で働いているということなんです。
そしてこの「過剰な防衛反応状態」の中に、「自分がわかる、自分自身を知る宝」がたくさん隠されているのです(*^-^*)

 

【特集記事】はじめての軸対話

【連載】【まとめ】心が疲弊せずに関わるポイント-軸対話初歩

人との関係を煩わしいと考える人が増える中、人との関わりを見直したい、改善したい、何か相手の役に立てることならしたい、と思える方は非常に貴重な存在です。 関わろうと思う人の心が疲弊しないようにポイントを押さえましょう。 ま […]

【連載】【23】組織論から親の心配が見えてくる⁉︎-軸対話初歩

Contents1 組織論から親の心配事が理解できる2 組織は判断基準を与えている!?3 軸対話はティール組織を作りやすくする3.1 組織の発達段階を決める要因は何か?4 自分軸があり、軸を活かした対話ができる人の育成5 […]

【連載】【22】本音を活かすことは進化すること!?-軸対話初歩

Contents1 本音(自分軸)が活かせる組織とは?2 日本で反響の多い組織論って?3 ティール組織とは?3.1 組織の発達段階と副作用4 意思決定の基準が外的なものから内的なものへ5 ティール組織に欠かせない3つの要 […]

【連載】【21】軸対話は子どもの方ができる-軸対話初歩

Contents1 日常的な表面的な会話と反応会話2 本音の中にこそ自分軸があります。2.1 子どもの軸対話習得が早い理由3 【特集記事】はじめての軸対話 日常的な表面的な会話と反応会話 いかがでしたでしょう? 私たちの […]

【連載】【20】Q本音は言い争いになりませんか?-軸対話初歩

Contents1 本音で言い争いになるのは…2 言い争いになるのは、どちらかが困っている時にあなたメッセージで伝えあうから(正確には他の要素もあり)3 その理由に本音が隠れている4 あなたが望んでいることは?5 心が開 […]

【連載】【18】軸対話流、実況中継伝えをしてみよう!-軸対話初歩

Contents1 子どもの不登校、夫の暴力…離婚はやむを得ない?2 実は愛されていた? 夫は妻を理解できず困っていたのです。3 自分実況中継で、自分を裸にする?3.1 料理をしている途中に、違う行動を始める “私の行動 […]

【連載】【18】高校生の子どもが不登校の場合-軸対話初歩

Contents1 子どもの不登校がきっかけで軸対話を学ぶ2 こんな時、どう声をかけますか?3 この場面、どっちが困っていますか?3.1 いっぱい困ったことの中でどのことがイヤですか?3.2 どうであって欲しいですか?4 […]

【連載】【17】軸対話流、実況中継聞きをしてみよう!-軸対話初歩

Contents1 しなやか自分軸初心者に優しい「実況中継聞き」「実況中継伝え」2 「実況中継聞き」「実況中継伝え」を見てみましょう3 心のベクトルを、相手の心に向けることで、心が通じ合う4 【特集記事】はじめての軸対話 […]

【連載】【16】事例の答え合わせ&表現を与えるー軸対話初歩

Contents1 聞くことが表現を与えるとは?事例で説明します2 医者の問診も、相手に表現を与えています3 相手に表現を与える、アクティブリスニング4 【特集記事】はじめての軸対話5 【特集記事】はじめての軸対話 聞く […]

【連載】【15】聞くはベクトルの向け方が大事-軸対話初歩

Contents1 人の話を聞く適切な “ベクトル” の向きとは1.0.1 人は何かを話すときに、言葉や態度などの記号を発信します。1.1 聞くは鏡になること2 【特集記事】はじめての軸対話 人の話を聞く適切な “ベクト […]

最新の講座開催のお知らせ

しなやか自分軸メイキングセミナー
もう迷わない!正しい道を選びたいんじゃない!自分が納得できる道を選びたいんだ!
2018年6月15日(金)10~13時
2018年6月16日(土)10~13時
講座詳細はこちら
カラーダイアリー フォロー会 & 体験会
過去にしなやか自分軸が提供する「カラーダイアリー」に関する講座を受講された方を対象にしたフォロー会です。
また未体験の方にも体験していただける「体験会」の同時開催です。
気になる方はぜひご参加ください。
2018年6月29日(金) 10時〜12時
詳細はこちら
吐き出しワーク・自分会議(初級)
思考や感情にがんじがらめになったあなたを、あなた自身が解放する方法をお伝えします
7月開催予定
講座詳細はこちら
【無料で学ぶ】軸対話無料メール講座
軸対話としなやか自分軸にご興味のある方
メールマガジン登録フォームはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*