相手の問題を解決したい!取り除きたいと思ったらすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回の事例は、ほぼ本人に
困っているという認識がなかったと思われます。

ですが、軸対話を伝えてもらうには
困ってもらわないと私が困るという事例です。
(変でしょ、難しいですか(^^;)

 

そしておそらく
ご本人の真意ではない対応の仕方だと思われ
将来的に困るのではないだろうか?!という
親のような心配事でもあります。
(困ってからでも有りなんですけどね)

 

相手が困っているかどうか明確ではない場合、とても慎重に関わります。
大事なことを伝えたいし伝わると嬉しいな〜と思うからです。

自分の欲求を満たすために、自ら動きます。^^
ですが、解決しなければ!と思って動いてはいません。

 

日常では不明確なことが沢山有ります。

人の困りごとというのは、、、、、

  • 相手が困っていると訴えてこないから、困っていないとも言えない。
  • 相手が訴えてくるから困っている!とも限らない。
  • 問題点が浮き彫りになっていないからと、言って問題がないわけではない。
  • 人の困った状態は、本人が意識しているとも限らない。

 

その場合、困った時のアイメッセージではなく
宣言や情報伝達のアイメッセージを伝えたり
(あなたメッセージは言いません)
アクティブリスニングをしながら様子を見る
ということが、日常ではよくあります。^^

 

そして、しなやか自分軸アカデミーでも
皆さんの投稿を見ながら色々考えています。

 

 

何かおかしい?!と思った時に考えること

ある研究員のある発言を聞いて
以下のことを考えました。

 

  • 何かを勘違いしているのか?!
  • 何かの知識が腑に落ちていないのか?!
  • あるパターンだけ反応しているのか?!
  • もしかしたら過去が影響しているのか?!
  • 過去のどの部分とリンクさせているのか?!
  • そのリンク先と現実が繋がっているとどれだけ認識しているのか?
  • もしかすると認識していないのか?!

こんなことを考えながら何度かコメント返しをして、
仮説を一つ一つ消去して最後の段階で

 

過去にこの関連のような出来事で、こんな風に実は思っていたけれど言っていないことはないですか?という意味で、アクティブリスングした投稿をして、早めにコンサルティングの日程を入れました。

 

その概略がこのブログです。
概略ですがストーリーは分かります。^^
詳しくは↓↓↓↓

 

軸対話では、過去のことは後にします

そしてじわじわ過去を見つめます。

状況に応じて心理療法適応かどうか考えます。
心理療法の過去解消の多くの目的は反応を止めます。
(恐怖症やパニックなど症状が出て困っている場合で、症状を止めたい希望があれば止めた方がいいですからね)

 

反応を抑えると
自分のことが見えなくなることがあります。

 

人は自分のことが本当は知りたい!と思っている。
反応は、チャンスです。

 

反応を止めると本当の自分を知るチャンスを逃します
或いは大雑把に自分を理解して、知るチャンスを逃します
なので、後からするんです。

 

だけど、人を育てたり教える立場や
誰かの問題を解決する立場でない場合には
そこまで自分をクリアにする必要もないし
そこまで自分を知りたいかどうかも不明ですし
そこまで人と関わりたいと思っているかどうかも不明ですし
まあ、どっちでもいいのですが、

研究員さんの場合は、
とても人と関わりたい人だと思うのです。

 

 

本当に自分を知りたくて
本当に自分をクリアにしたくて
本当に心から心を軽くしたくて
本当に相手のことが大切で
真に相手の助けになりたい!と思うなら
軸対話を知っている方がいいですね^^

 

解決しようとせずに解決します^^

 

会員さんには、もう少し詳しい解説を会員サイトに投稿しますね。

しなやか自分軸オンラインアカデミー

しなやか自分軸の「軸対話」は、お得な価格でオンラインで、
あなたのペースで学ぶことができます。
※メルマガ読者限定 特別価格にて提供中

  • 関係性を良くしたい相手がいたから
  • 自分で自分を知りたい!
  • 一つ一つ自分が納得して動きたい!
と言う方はぜひお参加ください!お待ちしています(*^-^*)

雰囲気がわからなくて怖いな… という方へ
オンラインアカデミーで行っているリアル実践会の【体験講座】から、気軽に参加いただけますよ!
リアル実践会のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA