心についてーvol.1ーはじめに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

軸対話は

  • 心に嘘をつかない表現や対応をする
  • お互いの心が育ち合う関係となり
  • 心が喜ぶ結果を手にすることができます。

と、「心」を多用していますが、あなたは「心」をどんな風に考えていますか?心とは何を指していると思いますか?

 

 

子どもの『心』を育てたいと誰もが思い、『心』が育つようにと色々試行錯誤しても、いじめや不登校、社会不適応行動や精神疾患による患者数も減らない。

そして『心』を育てたいと思い行動を起こした、教師や親が『心』を病んでいく。
何かおかしなことが起こっているように感じませんか?

では、ここで言う『心』とは一体何でしょう?

 

 

 

こんなシンプルな方法でなぜ心が軽くなるのだろう?

興味が湧くと人が何を言おうと、何の結果が得られるのかよくわからなくても、興味のまま進んでしまうということがよくある川西です(^^;その調子で軸対話もひたすら黙々と実践していた時期があります。

軸対話をひたすら実践していると
ある時ふと、、、

  • 我慢することが減り
  • 勝ち負けは気にしたい時だけ気にし
  • 普段はどっちでもよくなり
  • 相手が違う意見であっても、イラつくことなく話せる

このように
「心」が穏やかになり、「心」が軽くなっていることに氣付いたんです。

あれだけ心の勉強をしている時には
(幼少の頃からの筋がね入りです(^^;)
得られなかった状態を手に入れることができていました。

 

軸対話は心が軽くなるしお互いが成長するし売り上げも上がる

自分自身の経験と受講者さんの成長結果として
確信していることがあります。

普段の対話を大事にすると、

  • 心が軽くなり
  • 病気もしにくくなり
  • お互いが成長し
  • 売り上げも上がる

しかしこれらのことを伝えても、
ほぼ誰にも通じませんでした。

 

「こんなのでは無理でしょ、、」
「ああ、やり方でいける人はね、、」
と、軽くあしらわれると思えば反対に
「そこまで深くはできないし別に要らないでしょう」

 

これらの言葉に適切に返す言葉が、
当時の川西にはありませんでした。

 

説明できない、返す言葉もない(^^;

これらの言葉は、

  • 私が無知なのか?
  • どんな思い違いが起こっているのか?
  • なぜ、こんなのでは思うのか?
  • なぜやり方だけと思われるのか?
  • 軸対話は果たしてやり方なのか?
  • やり方ではダメなのか?
  • そこまで深くの深くとは何を言っているのか?
  • 深くではなく浅いとはどういうことか?

そういえば、、、なぜクライアントは、川西と関わると「軸ができた」「自分がよくわかりました」と言ってくれるのか!?

それさえも説明できない、、、
私が何を大切にしているからそうなるのか?!

確かに自分自身がよくわかっていない、
軸対話の価値を説明する言葉を
川西自身が持っていなかったのです。

 

これでは伝えきれないし、クラアントの理解も深まらず、混乱を起こす要因になってしまうのではないか?
と考え、「心とは何?」「こころの教育とは何?」改めて考えてみました。言葉を持つために、様々な視点と実践と合わせて考えてみると、、、、心とは、、、

 

心=感情、欲求、価値観=自分軸

心を、教育、心理学的、心理療法的、日本語として、軸対話実践研究として、これらの視点に立って調べ直しました。すると心というものがそれぞれの解釈で違っていたりズレたりする可能性のある、とても曖昧なものだということがわかりました。

曖昧なものだった『心』が、軸対話の実践で明確になります。
何が明確になるのか、、、それが感情、欲求、価値観です。

なので、しなやか自分軸では心の定義を現時点で
「心=感情、欲求、価値観=自分軸」としています。

 

人は自分軸が明確になると自分自身のことがよくわかり、心が軽くなり、考えや意見が違う人とも話ができるのです。この考えに至った経緯を、心シリーズとして、これからお伝えします。

 

「こころとは何か?」特集記事

心についてーvol.11ーまとめ

軸対話では、自分軸となる心を大切にしています。 心シリーズは、その裏付けになる理論を説明しています。   目次1 軸対話の徐々に対応する方法は、不安になる人が多い2 特に子どもに何か問題が起こったときに、周囲の […]

心についてーvol.10ー無意識を意識化すると心が自由になる。

vol.1〜9を読んで、どんな感想をお持ちですか? 「軸対話は、なんとなく良さそうだぞ」と思えてきたでしょうか?   『人間関係』や『こころ』が複雑になるのは、無意識(メンタルモデル)に翻弄されているからです。 […]

心についてーvol.9ー勝者型・敗者型・動揺型より人間らしく

人間関係はストレスがあるものと、思っていますか? 思春期に反抗するからいいんだ、と思っていませんか?   心を育てるために「”しつけ”は要らない」と言うと、それなら「子どもを自由に甘やかせばいい」と、極端に思う […]

心についてーvol.8ー学校や周囲を協力者にしよう!

しな軸では、親を学校の回し者にしたくないと考えています。 親を学校の回し者にすると、 といったことが起こるからです。   目次1 学校の回し者とはどういうことか?2 例えば、忘れ物が多いので忘れ物がないように家 […]

心についてーvol.7ー心を深く知るにはやり方が必要

心を知るには「方法がある」と言うと そんな反応が返ってくるかもしれません。 あなたはどのように感じますか? と、ここまで熱心に読み進めてくださったあなたは、親子関係に悩み、いろいろ対策を施し実践してきたからこそ、頭も心も […]

心についてーvol.6ー対話で育つ家族関係や子どもの未来

軸対話の実践では、 子どもに教えることが極端に減りますが、 心が伝わりやすく心が通い合うようになります。 不思議ですよね。   軸対話は、こんなシンプルで大丈夫なのか?!と 正直、川西も最初は思いました。 &n […]

心についてーvol.5ーありのまま、そのまま、心のままって何?

子育ては、子どものありのままを受け止めましょう 自然体でありのままがいいですよ。   『ありのままに』 『そのままに』 『心のままに』   そんなふうに言われると と、不安になりませんか? &nbsp […]

心についてーvol.4ー心理学的側面から考えてみる

心理学というのは、人の心の動きを研究する学問です。 そして「こころとは何か?」「何を研究したら『こころ』が分かるのか」を迷っている学問とも言われています。 人に対して”真摯”だということでもあると、いうことですね。 以下 […]

心についてーvol.3ー教育的側面から考えてみる

PTAの役員になった時、子育て環境に窮屈さを感じている人が多いことに気づきました。 そこで子育てを取り巻く他人の目が、どうなっているのかの実態を知りたくて、教育委員会の仕事や、地域の教育委員会の会議に出席するようになりま […]

心についてーvol.2ー日本語の解釈から考える

『心』と聞いて、、、何が浮かびますか? 多くの人が「感情」や「思い」と、 考えられているのではないでしょうか? 私たちは「心」という言葉を当たり前に使い、 自分の思いや考えを伝えようとしています。 しかし「心」という言葉 […]

心についてーvol.1ーはじめに

軸対話は と、「心」を多用していますが、あなたは「心」をどんな風に考えていますか?心とは何を指していると思いますか?     子どもの『心』を育てたいと誰もが思い、『心』が育つようにと色々試行錯誤して […]

しなやか自分軸オンラインアカデミー

しなやか自分軸の「軸対話」は、お得な価格でオンラインで、
あなたのペースで学ぶことができます。
※メルマガ読者限定 特別価格にて提供中

  • 関係性を良くしたい相手がいたから
  • 自分で自分を知りたい!
  • 一つ一つ自分が納得して動きたい!
と言う方はぜひお参加ください!お待ちしています(*^-^*)

雰囲気がわからなくて怖いな… という方へ
オンラインアカデミーで行っているリアル実践会の【体験講座】から、気軽に参加いただけますよ!
リアル実践会のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*