【基本原則-4】自分が困っている時には、困ったときのアイメッセージで伝える|しなやか自分軸・対話 基本5原則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【基本原則-4】自分が困っていたら困ったときのアイメッセージで伝える|しなやか自分軸・対話 基本5原則

しなやか自分軸・対話 基本原則の詳細説明です。
順を追って説明をしていきますね。

この記事では、

しなやか自分軸・対話の基本5原則の【4】
自分が困っている時には、
困ったときのアイメッセージで伝える

を解説していきます。

 

自分が困っている時には、困ったときのアイメッセージで伝える

相手の言っている事や、している事が、私の欲求を阻害していると感じる。

このように “私” がイヤだ困ったを持った場合は、「困った時のアイメッセージ」で伝えます。
注:「こうやったら動いてくれるよ」という、あなたメッセージや質問法や手法はお伝えしていません。

 

アイメッセージで伝える必要性

なぜアイメッセージにするのか!?
(潔く生きる為です!と言いたい…のですが…σ(^_^;))

 

私が困っていることを、伝わるように伝える為です。

 

その為には、以下の3つを抑えておきます。

  • 相手の自尊心を傷つけない
  • 何について伝えているのかが、ハッキリ分かる
  • 良い関係を保ちたい

 

これが伝える時の原則となります。

ですから、相手をコントロールする「あなたメッセージ」は使いません。
相手には独自の欲求があり、目的があり、思考、行動、感情があります。

 

川西式行動モデル

 

相手の思考、行為、感情をこう直して欲しいとは伝えません。

事実:相手のどんな行動が
影響:その行動から、どんな影響があって
感情:どんな氣持ちになるのか

私がどう思っているのか、どう感じているのかを、
『私』を主語にして伝えます。
注:こう行動してほしいと伝えないといけない時もありますが、それはその内容とお互いの状況によります。
(詳しくはセミナーで)

 

相手の怒りが、自分に降りかかった時

相手の怒りが自分に降りかかった時『怒らせてしまった』と考える方がおられます。
しかし感情は相手のものなので、相手は勝手に怒っているんです。

そういった場面で、例えば

 

Aさん
あなたが大きな声でいうと

私が何か悪いことをしたように思えて
悲しい

これ言って、スッキリします????

 

もしくは…

Aさん
あなたに私のせいと言われて
不快な思いをさせて申し訳ないと思い
心苦しい

これ言って、スッキリします????

 

アイメッセージは作っただけでも、スッキリする言葉です。
アイメッセージは作っただけで、自分の心に余裕ができるのです。

 

例えば。。。。

Aさん
あなたに私のせいと言われて
私のせいとは思えず
むしろ関係ないと思えていて
困惑しています。
※注:アイメッセージは個々によって違います

ないしは

Aさん
そんなんしらんわーーーー !
※注:アイメッセージは個々によって違います

と言う方が、シックリ来そうということはないですか!?

 

これを言っても、
「あなたのせいでしょ!」となるなら。。。

 

「そう、そんなに私に、何かを分かってほしいのね」と
相手が問題を所有していることを、自覚してもらう必要があります。
※これは、アクティブリスニングの条件の1つです。

 

あなたメッセージを聞くのは、覚悟が必要

「あなたメッセージ」で伝えてくる相手の話を聞くのは、簡単ではありません。
非常に頭も心も時間も使いますから、その覚悟がないのに聞こうとしても無理です。
聞けないのです。

 

以前にこんなブログも書きました。

 

要は私という人を伝えておくのです。
自分自身を伝えるには、自分自身を掘り下げないと言えないので、難しいと言われます。

そして伝えた後は、相手に任せます。
相手にこのまま関わるかどうかも、自分で決めます。

私は私、あなたはあなた。

少しずつ私と他者を切り離して、考えていきましょう。

 

基本原則詳細記事

 

最新の講座開催のお知らせ

しなやか自分軸メイキングセミナー
もう迷わない!正しい道を選びたいんじゃない!自分が納得できる道を選びたいんだ!
適宜開催、お問い合わせ下さい。
講座詳細はこちら
しなやか自分軸 オンラインアカデミー
対話は究極に自分マニアになること
オンラインアカデミー案内ページはこちら
【無料で学ぶ】軸対話無料メール講座
軸対話としなやか自分軸にご興味のある方
メールマガジン登録フォームはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*