はじめに

複雑な心をシンプルに
しなやかな軸で関係が築ける人になる
人間関係改善対話コンサルタント
しなやか自分軸研究所@所長川西未来子です。

ご挨拶

私は思いのある親やリーダー職の方が孤立せずに他者(子どもや部下や周囲の人)と心が繋がる対応の仕方をロジカル(科学的)に伝えています。

科学的というと冷たいイメージを持たれますが、科学的というのは、誰でも訓練次第でできるということです。ある特定の人だけができる方法では対人関係は改善しにくく、次世代に対話力を繋げることができないからです。

私は、心が繋がる話し合いのできる人を増やしたい!と考えています。

あなたはこのように悩んでいませんか?

  • 子どもの為になると思って言っていることやしていることが、思うように相手に伝わらない。
  • 子どものことをもっと知りたいと思い、話を聞こうとするが話してくれなくなった。
  • 周囲の人たちと考え方や価値観が違うが自分を曲げたくない、曲げたくないが争いたいわけではない。
  • 心理や性格を知って自分は少し楽になったし相手を理解しているつもりだが、肝心の相手との関係はあまり改善されていない。
  • 色々学んで諦めた方がいいとわかっているが、諦めきれない人間関係があり、何を諦めて何を諦めなくていいのか混乱してきた。ないしは葛藤がある。

というように、自分だけが楽になることだけでは満足できず、関わる人々と共にお互いの個性を大事にしながら成長していく関係作りに興味のある方の悩み応えています。

企業では中間管理職やマネージャーのような立ち位置の方のお役に立っています。

関係作りは対話から

関係作りは、一方的な会話では成り立ちません。
関係作りに対話力は欠かせないのです。

対話は、他者との対話自分自身との対話の2種類。

他者との対話は、自分自身との対話が建設的にスムーズにできるようになると確実に向上します。

お互いの個性を大事にしながら成長し合うことを喜び合う関係は、お互いの人生がどんどん豊かになります。企業の場合は、生産性が向上するでしょう。

しなやか自分軸の自分軸とは

しなやか自分軸の軸は、感情・欲求・厳選された価値観です。

価値観だけに固執する自分軸は、ガチガチで自分を苦しめることにもなります。
ガチガチの軸は案外脆いもの、しなやかでたおやかで折れない軸を持ちましょう。

なので価値観は厳選していきます。
厳選するということは引き算するということです。

自分軸は足し算ではなく、引き算で明確になります。
自分軸を明確にしていく過程で、人間力が培われます。

その基礎となるのは、やはり対話力!
自分の専門家になれば、考えが違う人とも対話ができるようになります。
他者と対話を重ねることでも自分軸は明確になります。

しなやか自分軸研究所では

人間関係を対話力で改善しながら、
しなやかな軸で関係が築けるように軸を明確にする自分自身の研究をし、
主に自分軸カウンセラー&コンサルタントの育成をしています。

しなやか自分軸を持つことと対話力の可能性を広げるために《しなやか自分軸研究所》を立ち上げました。

 

信念

親(リーダー)が真に自信を持ち、
自分軸を明確にしながら対話力をつけていくこと
それが豊かで幸せな世の中の原点である

親(リーダー)が本当の意味で人間力を培い、
自分軸を明確にすることで真の自信を持つ。

それが豊かで幸福な、世の中につながるという信念を、私は持っています。

 

志命:違いを認め合う世界の実現

親がしなやかな自分軸で、
軸のある対話を実践することが、
自然に軸対話を次世代に繋げることだと考え、
軸対話を広げることを志命としています。

不要な思い込みや固定観念をつけない。
しなやか自分軸で、軸対話を親(リーダー)がすることで、
それぞれの軸を活かした、
それぞれの家族やコミュニティができると、
違いを認め合う対話のある世の中になることを願っています。

 

軸対話初歩

軸対話に興味をもっていただけたでしょうか?
更に具体的に理解したい!という方は、こちらの動画をご覧ください。

私の経歴及び、しなやか自分軸で何を大切にし、どのような対話を推奨しているのかを、ご覧いただくことができます。

全25動画 約165分

  1. 心が疲弊しない子育ての方法はないだろうか?(5:43)
  2. 【1】親をトップリーダーに?(5:20)
  3. 【2】親をトップリーダーに?(3:50)
  4. 【3】反応会話から軸対話へ(5:40)
  5. 【4】反応の心の内は複雑(4:55)
  6. 【5】反応の中の軸対話(4:55)
  7. 【6】親も人間です!(6:58)
  8. 【7】どんな人との対応に悩みますか?(3:41)
  9. 【8】実際の事例で学ぶ軸対話(2:29)
  10. 【9】軸対話基本原則(2:38)
  11. 【10】人が悩んでいる状態を図にすると(5:07)
  12. 【11】怒りへの対応はしにくい(4:48)
  13. 【12】感情はコントロールせずにコントロールする(5:38)
  14. 【13】なぜスキルがあるのだろう?(3:04)
  15. 【14】スキルより大事なこことは?(4:02)
  16. 【15】聞くはベクトルの向け方(3:22)
  17. 【16】答え合わせ&表現を与える(3:24)
  18. 【17】軸対話流聴き方(6:21)
  19. 【18】高校生の子どもが不登校の場合(19:13)
  20. 【19】子どもに元気がないと励ましたくなる(11:55)
  21. 【20】Q本音は言い争いになりませんか?(6:15)
  22. 【21】軸対話は子どもの方ができる!?(5:21)
  23. 【22】本音を活かすことは進化すること!?(16:56)
  24. 【23】組織論から親の心配が見えてくる!?(9:50)
  25. 【24】まとめ 心が疲弊せずに関するポイント(13:33)

▼25タイトル連続再生はこちらから

▼1つひとつ動画をご覧になりたい方

1つひとつ動画を見たい。
気になる動画のみ見たい。

という方は、下記の要領で、必要な動画をご覧ください。

1.左肩の三本線をクリック

2.リストから見たい動画を選択

動画一覧が表示されますので、見たい動画を選択しクリックしてください。
動画が再生されます。

動画が再生されても、リストが表示されている状態の場合、「×」をクリックしてリストを閉じてください。