不安なんです、、、、えっ!それが不安だったの?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子どもや選手から「不安なんです」と、言われたら、
あなたは何と言いますか?

 

”不安”の正体を明らかにするとアドバイスが届きやすくなります。
先日も「えっ!そっち?!」と驚いておられましたよ^^

 

先日から関わっている大学生のバスケットチームと
それをサポートするバスケ好きの親コーチ
(諸事情により表には出れない親コーチ)
のメンタルに関することをサポートしている川西。

 

ここ数週間で急成長したチーム、
いよいよ下位チームから上位チームへの
入れ替え戦が始まりました。

 

最初の試合の仕方を観ている人は
このチームが勝ち進むなんて
思わなかったそうです。

 

入れ替え戦は上位チームと戦って2勝したら勝ち。
土曜日に1勝して日曜日は負け、1勝1敗です。

 

選手はどんな気持ちでいるのでしょう?
あなたはどんなことを考えますか?

  • ここまでこれただけですごい!
  • 挑戦者なんだから思い切ってやったらいい!
  • 1勝1敗、ドキドキするだろうな〜
  • 初めての経験、経験不足からくる不安もあるだろう⁈
  • 勝ちたい思いが強い方が勝つ!
  • 接戦の試合は、あっちの方が多いかもしれない
    しょうがないじゃないか。

と、色々思って選手が「不安なんです」と言われたら
分析したり、慰めたり、叱咤激励したり、しそうですよね。

 

親コーチと選手との会話

選手と昨日、こんな話をしてたんです。と親コーチ

 

「今日は勝ったけど、2年前の入れ替え戦では
勝って負け続けた、だから、、、
『勝っても負け続けるんじゃないか』と、
なるかどうかわからないことを選手が心配する。
考えてもしょうがないと言ってるのにな〜、
こんな状態ですけどみてください」と依頼。

 

今の4年生は2年前に入れ替え戦を経験しており
先輩の時がそうだった。
自分たちもそうなるんじゃないか?!

、、と心配しているという。

 

そして今日、2点差で負けた。

 

学生コーチが心配そうな顔で親コーチの元へ

「心配で心配で、不安で不安で」と言う。

親コーチ、色々アドバイスをされています。

それでもなかなか表情が変わりません。

 

その不安は何?

表情が変わらないと言うことは
色々言われていることに納得していない
と、言うことの現れです。

なので、お二人の間に入って聞きました。

 

川西
不安な表情がなかなか変わらないね。
不安なものが何なのかはっきりしていないのかな?
その不安、もう少し話してもらってもいい?

 

すると、色々言ったあと、、、

 

学生コーチ
何が一番不安かと言うと、選手のメンタルが回復せずに落ち込まないか、来週からの練習メニューの選択にミスらないか、それが不安です!

 

川西
えっ、じゃあ対策立てれるじゃん

 

学生コーチ
そうでした!親コーチに頼んでもいいんですよね

 

川西
ですよね〜。親コーチさん。
きっと頼られて嬉しいですよね。^^

 

親コーチ
え〜〜、それが不安だったの?!

 

聞いてみなけりゃわからない
話してみなけりゃわからない

でしたね。^^

 

不安という判断言葉

判断言葉=具体的ではない

 

具体的ではないものにアドバイスをするということは、
漠然としているものに漠然としているものをかぶせる
ということになります。

 

判断言葉を聞いてアドバイスすると、相手の心に届きにくい
せっかくのアドバイス、心に届くように伝えたいですよね。

 

軸対話をしていると言葉に敏感になれますが、
言葉に敏感になれなくてもまずは

 

相手が困っていたら聞く!
アクティブリスニングです。

 

すると、対応を間違いませんよ^^

 

経験しているがために憶測と判断が入り
事実を観ること声を聞くことを忘れやすい。

と、いうことがあります。

どんな時でも軸対話は、役に立ちますね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*