子どもが参観日の時に一人大泣きしました、あなたならどうしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたの子どもが参観日の時に泣きました。

あなたの心の中はどうなりますか?
そしてあなたは、どの人にどんな対応をしますか?

 

報告を下さったのは、コンサル中のツキさん、以前に違う場面で、先生に言われて黙ってしまったことがあり、現状の自分の対応が情けなくなり、申し込みされました。
そして数ヵ月、今度は、納得の対応が出来たそうです。

 

とうとう自分軸が試される時が来ました!

川西未来子先生の、親業を受けてから、衝撃を受け、その後しばらくして、しなやか自分軸のコンサルを受けています。

そんな中、とうとうやってきました、自分軸を試される時が(笑)

 

先日参観があり、とあることで、長女大泣き。

うちの子、出来る出来ないにすごくこだわりがあります。

 

自分だけコマ回し出来ない…
皆出来てるのに…悔しい…
そんな顔して、あーこれは泣くなって思ったら大泣き(笑)

周りの子、親御さん皆の視線が痛い(*_*)

 

そこで今までの私なら、慰めたり、泣かない!!と、言ったり、その場を納めようと必死になったと思います。

 

この時の私は違った!!

頭の中で、これって長女の課題やな。しかも、出来なくて悔しいなら、その感情を吐き出させないと次にすすめへん
私には何にも問題ない。

そう思ったら「悔しいねんなー」と言って、そのまま側で見てました(笑)

 

そして、先生が、どうしたん?って聞いてきたときも、「コマ回し出来なくて悔しいみたいです。感情を吐き出さないと次に行けないので、泣かせといて下さい」。って自然に言えました〰

 

結局、長女、最後まで大泣き(笑)

 

先生に呼び出されました。

後で先生に呼び出されたみたいで「他の子は悔しくても泣かずに頑張ってるのに、泣くなんて恥ずかしいですよ」って言われたみたいです(*_*)

 

そのあと、話をゆっくり聞いたら、
はじめは出来なくて悔しい!だけやったけど、皆が声かけてきて、恥ずかしいやらなんやらで、ごちゃごちゃになって、大泣きしたそうです(笑)

「悔しかったし、恥ずかしかったんやな〰」と私は言いました。

 

そのあと、先生に言われた事が悲しかったとも。
けど「皆の前で泣くのって、恥ずかしい事やと思うようになった」って言ってきたので、

 

恥ずかしいって言われて「恥ずかしい事なんやって思うんやな〰」
お母さんは、恥ずかしくなかったよ(*^^*)
むしろ、皆の前で感情を出せる長女が素敵で、羨ましかった。
可愛かったで(笑)って言いました。

 

そしたら、先生に、「お母さんみたいに悔しかったんやな〰」って言ってもらえたら、もっと気持ちが楽になったのにっていってました。

 

吐き出したら前に進める

そうやって吐き出した後、一人でコマ回しの練習してたようで、出来たって報告してきました(*^^*)
そして「こんな簡単なことで泣いてしまったわ〰」って大笑いしてました。

 

何か良いなあって。

 

今までの私なら、周りの人の反応をみて、ザワザワしたり、先生にムカついたり、うちの子大丈夫?なんて思ったり、恥ずかしいって一緒に思ったりしてました。
でも、しな軸の勉強してたので、冷静になれました。

 

そのあとは、ケロッとしてました(笑)

しな軸って良いなあ(*^^*)

報告ありがとうございました。

 

なぜ対応でしたのでしょう?

軸対話の実践と「しつけシリーズ」「心シリーズ」の熟読で、先生対応の予行練習をしていたそうです。^^

 

全体を通して誰が一番困っていますか?

子どもですよね。

 

そこに、泣くことを良しとするのか悪とするのかという価値観を導入すると、ややこしくなります。

 

先生の中では教えたかったのでしょう。
先生の思いも「そういう考えもありますよね」ということです。

 

親と先生に価値観の対立が起こっています。

価値観の対立の時に、正しいか間違いかの論点で話すと子どものことが見えなくなります。

 

親は何を大切にしたいのか?

子どもが、今困っている気持ちを大切にしたい。

 

先生を責めることなく、きっぱり言えましたね。

「コマ回し出来なくて悔しいみたいです。感情を吐き出さないと次に行けないので、泣かせといて下さい。って自然に言えました〰」

 

アイメッセージで伝えることができると、清々しい気分になりますよね。

 

子どもは知っている。

それに子どもさんも感じていましたね。

先生に「悔しかったんやね」と言って欲しかった。

先生から「恥ずかしいこと」と言われて「恥ずかしいとも思う、でも悲しかった」とも言っています。

子どもの素直な気持ち、歪めたくないですよね。
変な思い込みがついてしまいます

 

親がしっかり見極めることで、子どもに変な思い込みをつけず、次に進むことができました。落ち着いて練習したら、すぐにできましたね。

 

お疲れ様でした。

 

 

 

追記

泣くと恥ずかしいという感覚は、他者の目が意識できるようになると自然に湧いてくるものです。
それからでも遅くないですよね。

できるできないのこだわりも、年齢とともに変わる可能性のあることでもあります。

 

私たちは、教え導くことを急いでいないでしょうか?

本人が本人なりに学んでも遅くないと思うのですが、如何でしょう?

 

もっとゆっくり発達させてあげてもいいのにな〜と、個人的に思ってしまいます。^^

 

それと、泣きたい時に泣くことが、なぜそんなに恥ずかしいことなのでしょう?

この価値観、検討し直してみてもいいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*