身内の「聞く」は、やってあげた感がないほうがいい?!(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結果を焦らず「聞く」

前回の記事は親子のやり取りを書きました。

 

いろいろ質問して、聞き出したい気持ちをぐっと抑えたお母さん。
その後の報告です。

川西さん、
メール講座ありがとうございますm(_ _)m

結局、次の日の練習は休み、
そして昨日から行きました!

あのやり取りの後、息子から
多分本音と思われる気持ちを
話してきました。

自信満々の周りを見て、
以前の自分がどんな風に見えていたのか
気がつく事が出来た様です。

川西さんの言う通り、
私が正論で言動を指摘しても
変わらなかったのに、
自分で感じて学んだんですね。

あのやり取りを振り返って、
本当に最後の3つの質問は、
私の聞きたい事を聞いてましたね(ー ー;)

でも、その前に
そのまま白いボールを返せたから、
息子がその後、
イヤを感じる事ができて、
過去の自分を反省して、
ヤル気が出てきたのですね。

メール講座にもありましたが、
その時の手応えが薄くても大丈夫なんですね。

私、あ~困っている息子を
聞く事ができなかったのかなぁと
思ってましたから。

今回は親子で学べ、
何だか大丈夫だと思えた出来事でした。

川西さんにメールして良かった~
ありがとうございましたm(_ _)m

ということでした。

どう言葉を返してあげたらいいんだろう(><)と
悩む時は黙っていたらいいんです^^

「沈黙」の重要性

『沈黙は金 雄弁は銀』

という言葉をご存知ですか?
スキルが使えないと思った時、案外『沈黙は金』ということが起こっています。

黙っていられないのは心配のあまり、相手が困っている状態を受容できないんですよね。
受容できていないと、あなたのことを認めていないということを伝えてしまします(><)

黙っている息子さんに
自分の気持ちを、落ち着かせるために、根ほり葉ほり聞かなかった。
(途中で止めれましたよね^^)

だから安心して息子さんは、じっくり自分で「イヤ」を味わい、その気持ちを整理できました。

余計なことを言わないで、待つことができた。
このことで「自分をそのまま受け入れてくれる」と息子さんは感じた。
そして、お母さんを信頼して、話すことができたんですね。

話すと離れる

言葉にして話すことができると「モヤモヤした思考」や何かから、離れることができます。

本音が話せると…。

できない自分
偉そうだった自分
なんてことをしてきたんだ。。。
あんな言い方しなくても。。

とか

この場合は
プライドという”こだわり”から
離れることができたんです。

プライドなんかより
自分が上手くなることのほうが大事!!

ね。

安心できる人に話すと、こだわりから離れることができます。
そして、本当の欲求に氣がつける。
すると「やる氣が湧く」んですね。

本当の欲求に氣付いた時、人は「邁進」します

本音が聞けたこと。
息子さんの成長を感じることができて、親として嬉しいですよね。

なんて返したらいいんだろう(><)と、悩む時は黙っていたらいいんです^^
『沈黙は金』ですから^^

しかし、2~3ヶ月前まで、暴言を吐いていた息子さんとは、思えないですよね。

親が軸対話を意識して実践していると、荒れていた子どもさんの心は落ち着きます。
そして、意欲まで湧いてくるんですね。

やってあげた感のない軸対話ですが、実践すると確実に変化がおきますね^^

 

最新の講座開催のお知らせ

しなやか自分軸メイキングセミナー
もう迷わない!正しい道を選びたいんじゃない!自分が納得できる道を選びたいんだ!
適宜開催、お問い合わせ下さい。
講座詳細はこちら
しなやか自分軸 オンラインアカデミー
対話は究極に自分マニアになること
オンラインアカデミー案内ページはこちら
【無料で学ぶ】軸対話無料メール講座
軸対話としなやか自分軸にご興味のある方
メールマガジン登録フォームはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*