【事例Q】LINE中に彼から話しかけられ気まずくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

会話しにくい状態に!? 思考整理と対応法

この会話は、相手を非難してるわけではないので

  • 関係性がいい
  • 相手が困っている状態ではない

という場合は、特にこじれることはないとは思うのです。

 

しかし、今回は

  • 夫の被害者意識なのか?!
  • 思考癖なのか?!

非常に会話しにくい状態になっています。

 

そんな状態の時に、どう思考を整理して対応したらいいのかをお伝えします。

 

否定しているつもりはないのに、相手が無言になってしまい困惑

相談者:なおさん
関わりたい相手:夫

夫からの自己否定の言葉に悩まされている相談者のなおさん。
今回は自己否定の言葉はなかったのですが、会話をしていると無言になりました。

私は何を間違えたのでしょう?自分なりに考えてみました。
軸対話で考えるとどうなりますか?

とご相談をいただきました。
何が起きたのでしょう?

詳細はこちらです。

【LINE事件】

私がLINEをしている時に、夫が今度二人でごはんを食べに行くお店について問いかけてくる。

夫がせっかくお店を調べてくれていることもあり、LINEをしながら問いかけに応える。
一方で、急ぎのLINEのため、夫の問いかけにイライラする。

 

ねー、〇〇のお店のサイトを見て!
なおさん
今ネットの画面を変えられないから後でね
もういい!
なおさん
だから後でね!

 

こんなことがよくあるんです。
ちゃんと理由も告げていると思うのですが、会話を見直すと…
私の返事は『ごまかし』になるのでしょうか?

私はLINEをしながらも、夫が話かけてくることに、返事をしていた。
夫からすれば、私と会話をしていると思っていたはず。

それなのに、その会話とつながりないことを急に言われたら(それも二人でごはんを食べに行くお店を調べてくれている時に)、「えっ?」ともなるだろうし、自分が無下にされた気持ちになるかも。

夫が最初に話かけてきた時点で、アクティブリスニングをして予防のアイメッセージをすればよかった。

 

例えば
「お店を調べてくれているんだね。ありがとう。」
「後で一緒に調べたいな。今急ぎのLINEを打ってしまいたいの。」

と思うのですが未来さん、どう思いますか?

 

ということですので、軸対話で考えてみましょう!

 

軸対話で思考整理し対応。お互いが何を大切にしたいのか明確に

会話後の気まずさから、

  • これがいけなかったのかな?
  • あれがいけなかったのかな?
  • 夫の気持ちを無下にしたのかな?
  • 夫が困ってるんだから、聞いてあげればよかった

など色々試行錯誤するのは疲れますよね。

軸対話に慣れるまで、今まで以上に色々考えてしまうこともあるでしょう。
この工程がしんどくて投げ出す人も多い中、質問してくださってありがとうございます。

皆さんはどう思われますか?

 

愛されてるんだから「いいじゃん」と思いますか?
大したことじゃないから放置でいい、と思いますか?

相談者なおさんの頭の中では、もやっとしていますよね。
軸対話で思考整理して対応していくと、お互いが何を大切にしたいのか明確になっていきます

どちらが何に困っているのか

なおさんは、

  • 夫と一緒に楽しい時を過ごしたい
  • 夕食のことを一緒に考えたい
  • LINEの返事を打たないと落ち着かない
  • 返事を返さないと頭の切り替えができない
  • 画面の切り替えも今はできない
  • ご飯を食べに行くことを考えるモードにならない

のでしょうね。
もう一度会話を見直すと

 

ねー、〇〇のお店のサイトを見て!
なおさん
今ネットの画面を変えられないから後でね

 

 

夫への返事は、「ごまかし」ではなく「解決策の提示」です。

「ねーお店のサイトを見て」と言っている状態は、彼は困っている。
その時に漠然とした解決策を与えられたので、被害妄想が始まりました。

この会話、どっちが困っていますか?

両方困っていますよね。
欲求の対立が起こっているのですが、何の欲求の対立が起こっているのでしょう?

後でね、が漠然としているんです。
そのLINEの返事はどれぐらいの時間で、返せそうですか?
10分? 15分? 30分?

対立点は『時間の使い方』

夫は

  • すぐに一緒に考えたい
    (こちらは欲求なので解決しやすい方で会話する)
  • LINEに気を取られていることがイヤ
    (この部分は精神的な影響なので触れない)

のどちらかの「イヤだ困った」を持っているのかもしれません。

 

そしてなおさんは、

  • 返事を打ってからでないと、考えることができない
  • 画面が切り替えれない

のどちらかの「イヤだ困った」を持っているのかもしれません。

対立点が『時間』のときの軸対話例

軸対話での対応例はこうなります。
※軸対話の一例です

ねー、〇〇のお店のサイトを見て!
なおさん
今、LINEで返事を返してて
ネットの画面を変えられないから見せて~
あっ、これこれ、どう思う?
なおさん
うん、いいね。
もうちょっと考えたいから
10分後に一緒に見たい
いいよ。10分の間調べとくよ

10分の間コーヒータイムにしよ~

と自分の行動を考える。

 

と、なおさんへ送ったところ、なおさんよりお返事がありました(^^)

なおさんより

時間を具体的にすることと優先順位ですね。
未来子さんの会話例、とても参考になります。

 

後記

相手がすぐに反応して常に困っている状態だからと言って、壊れ物を触るように気を遣っていても関係改善は難しく、相手も変わりません。
それよりも軸対話で自分の主張をアイメッセージで具体的に述べ、相手の話も聞き、そして自分の欲求も率直に伝える。

軸対話の繰り返しの日々が確実に彼の被害妄想も取り除いてくれます。
地道に頑張りましょう^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*