しなやか自分軸
Slider
しなやか自分軸
Slider
しなやか自分軸 始めてご覧の方へ
身内の「聞く」は、やってあげた感がないほうがいい?!(前編)
アイメッセージ【3】見せかけのアイメッセージ
売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい
一言多い人は「聞く」素質がある?とは、どういうこと?
【セミナー案内】11月21日 脳を活かすメイクで、人生自由自在
自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。
互いがわかる、仲裁役になるために
身内の「聞く」は、やってあげた感がないほうがいい?!(後編)
アイメッセージ【2】アイメッセージには、種類がある
アイメッセージ【1】アイメッセージは、私を知らせておくこと
あなたのせいで不快な思いをしました!
入学早々、怪我をし手術、入院その辺りから不登校になりました。どう対応したらいいのでしょう?
被害者意識を払拭し、自分の人生は自分で築くことができると実感しています!
【基本原則-5】相手が困っていたら聞く|しなやか自分軸・対話 基本5原則
【基本原則-4】自分が困っている時には、困ったときのアイメッセージで伝える|しなやか自分軸・対話 基本5原則
【基本原則-3】問題所有の原則|しなやか自分軸・対話 基本5原則
【基本原則-2】人は外部コントロールを嫌う。行動は自分のもの|しなやか自分軸・対話 基本5原則
【基本原則-1】人は見たいものしか見ない|しなやか自分軸・対話 基本5原則
しなやか自分軸・基本原則
頼まれごとがを断りきれない時、どうしたらいいのでしょう?
previous arrow
next arrow
Slider

お知らせ

【セミナー案内】11月21日 脳を活かすメイクで、人生自由自在

続きを読む

7月度メイキング講座のお知らせ

続きを読む

7月度 吐き出しワーク・自分会議(初級)開催日時のお知らせ

続きを読む

【ご案内】カラー体験会& カラーダイアリーフォロー会開催

続きを読む

6月度メイキング講座のお知らせ

続きを読む

しな軸ブログ 最新記事

売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい
事例

売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善した……

売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい!と思い、「冷静になろう」「相手のことを良いように思おう」「相手のこ[…]

続きを読む
自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。
表現を与える

自分軸が明確になるショッピング同行とは?シ……

本日、息子に頼まれてショッピング同行なり。 ということで、同行時間[…]

続きを読む
一言多い人は「聞く」素質がある?とは、どういうこと?
事例

一言多い人は「聞く」素質がある?とは、どう……

聞く本質の中にある、聞く素質がある理由 人の話が最後まで聞けない。 ないしは、どうしても一言多くなってしまう[…]

続きを読む
事例

身内の「聞く」は、やってあげた感がないほう……

結果を焦らず「聞く」 前回の記事は親子のやり取りを書きました。 いろいろ質問して、聞き出[…]

続きを読む
事例

互いがわかる、仲裁役になるために

お母さんという立場は、仲裁役になることが多いと思いませんか? 世のお母さんの多くは、 子ども と 子ども[…]

続きを読む
事例

身内の「聞く」は、やってあげた感がないほう……

「聞く」ことの意味を理解して、軸対話実践中の「不安」を乗り越える 軸対話で、対話スキルを身内に実践していると「[…]

続きを読む

軸対話習得ステップ

自分を知り、学びを生かし、成長し合える関係を築く3つのポイント

 

軸対話習得ステップ1-無意識に話している現状を止める

 

問題と思われる出来事の
事実を観れるか

普段何気なくしている会話に注目してみると自分が見えてきます。
注目するには、一旦やめてみることがいいですよね。

軸対話習得ステップ2-意識して観察する

 

誰が困ることが良いのか
区別がつくか

私は今の出来事で、イヤかイヤじゃないか、どっちだろう?
と出来事と自分の感情を意識します。

軸対話習得ステップ3-行動を確認する

 

自問自答や発散が
適切にできるか

私は聞きたいのか?私は言いたいのか?、、
それをしっかり確認する!

 

軸対話を習得し成果を出した人の3つの共通点

徹底的に自分を見つめるメソッドだから、人と関われば関わるほど自分らしくラクに生きられる!

 

軸対話習得ポイント1|関係性を良くしたい 相手がいる

夫・子供・両親・上司・部下・ご近所さん。
いろいろな人との関わりを大切にしながら、自分らしく生きられるメソッドを提供しています。

軸対話習得ポイント2|自分で自分を知りたい

人との関わりの中で、自分の中に起こる「反応」を大切にし、適切な自問自答を日々繰り返す中で、自分で自分を理解できていきます。

軸対話習得ポイント3|ひとつひとつ自分が納得して動きたい

自分を見つめ自分で出した答えだから、納得して行動を選ぶことができます。
他人のアドバイスはわかるけど、動けないという方に最適です。

 

お客様の声

被害者意識を払拭し、自分の人生は自分で築くことができると実感しています!
好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩
甘ったれで、子どもっぽくて、大人になれないダメな私で良かったんですね
見守る子育てがラクになる。見守ると見張る(監視する)の違いから分かる絶対外せないたった1つの習慣
今後のビジネス&プライベートの為に軸を確認し、得たい結果と行動にワクワクしています!
一つ一つ納得して自分を取り戻し、望んでいた仕事をしています。
娘の本音が知りたい!会話が見えてきて、心に傷を持つ子ども達にも活かせています。
育児の行き詰まり〜何があっても自分に聞けば大丈夫という状態になりました!
娘の癇癪や家族との空回り状態から、今は違いを楽しむ豊かな世界の住人に
自ら行動を起こせば起こすほど自分も周りも変わり今は理想の働き方をしています。
今までの学びを活かしママたちに伝えていきたい!想いが、日々のイヤに向き合うことで実現しています!
家族内の問題が原因でビジネスへの一歩をふみだせないなどの悩みを持っていた女性が、今では家庭内の関係も良くなりビジネスにも前向きになれた!
仕事の方向性や子どもとの関係に悩んでいた心理カウンセラーが全ての事で良い方向性を見つけれた!
問題に巻き込まれず、自分の納得できる行動を意識的に選択できるようになりました
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
被害者意識を払拭し、自分の人生は自分で築くことができると実感しています!
4ヶ月間の「しなやか自分軸コンサルティング」を終了された方からの感想を、いただきました。 夫との会話に悩み、その改善法がわかればいいと思っていたなおさん。 蓋を開けてみると、自分のことを知る日々。 深く見つめようとすると、よく「怖い」と仰っていました。 ですから自分の見つめ方をアドバイスしながら、無理せず進めました。 どんな自分を知り、どのように自分の人生を自分で築くことができると、実感できるように変わられたのでしょう。 なおさんの感想をご紹介します。  

自由に自分らしく生きるために、夫とどう会話しよう〜と思っていたら、、、、

未来子さん、4カ月間大変お世話になりました!! 自由に自分らしく生きるためには、どの様に夫とコミュニケーションをとったらいいかを知りたい。 という理由から、私は軸対話の講座を受けようと思いました。   夫婦喧嘩   当初私は「コミュニケーションの方法がわかればいい」ぐらいにしか、思っていませんでした。 しかし、蓋を空けてみたら、そこには、自由に自分らしく生きたいと願っているにもかかわらず、自分の人生の舵を自分で一切取らず、人にまる投げしている私がいました。 それは「人生が思い通りにいかないのは、人や環境、境遇のせい!」と嘆くだけで、自分の人生を自分で築くということを放棄している私でした。  

私に気づく2つのきっかけ

自分の人生を自分で築くということを放棄している私の姿に、気付くきっかけになったことが、2つあります。

自分で自分を、不自由にしていたものは?!

1つ目は、過去編のコンサルティングでの、未来子さんの言葉かけがキッカケとなりました。 それは、軸対話で対応が出来ない私に対して、未来子さんが「配慮されたいんだね」と言って下さった言葉です。 最初、その言葉を聞いた時、「配慮されたいと思ってはいけないの? 配慮されるのが当然でしょう!? 配慮できない人が悪いんじゃないの!?」と思いました。 しかし、今までの人間関係を振り返ってみると、私は自分のことしか頭にありませんでした。 相手から配慮されることばかりを求め、そして配慮が得られないと拗ね、相手のことを責めるだけで、自分から相手との関係を築くということを放棄していました。 私は、相手に配慮を求めれば求める程、自分で自分自身を不自由にしていっていたのだと思います。  

軸対話は解決が早すぎて、抵抗したくなる!?

2つ目は、軸対話であっさりと悩みが解決した時に、抵抗感を示す自分がいたことがキッカケとなりました。 それは、私は悩みを相談しているにもかかわらず、解決したくない自分に気付いたからです。 「夫が悪い!私はひどいことをされている!」と、夫を責めて、自己憐憫に浸っていたかったのです。 講座前半にやった会話チェックシートを読み返してみても、悩みを解決する前の私は、被害者の視点でしかありませんでした。 私が求める唯一の解決は、自分の正当性が認められる事と、私の望むように夫が変わることでした。 なんて、ひどい生き方!  

自分の会話を見ると、心理学で知っていることと現実が結びついた!

今までカウンセリング等で、被害者意識のことを学び、理解しているつもりでしたが、本当の自分の在りようには気付いていませんでした。 と言うよりも、被害者のままでいられなくなってしまうから、気付きたくなかったのかもしれません。 私は、変わりたいと思っていたにもかかわらず、変わりたくなかったんだと思います。  

自分で自分に聴く力がついた!

自分の在りように気付いたからと言って、被害者意識がなくなる訳ではありません。 それは吐き出せていないことがあるのかもしれませんし、習慣なのかもしれません。 いずれにせよ、軸対話を学んだことにより、今は被害者意識に陥っても、その場に一旦とどまり、自分は何がイヤなのか、本当はどうしたいのか等、自分に聴くことが出来るようになってきました。 軸対話がなければ、また被害者意識を抱えたままだったと思います。  

自分の人生は、自分で築くことが出来る!

最後に、軸対話は【自分の人生は自分で築くことが出来る】ということを教えてくれました。 そして、その意味がわかったことにより、自分の抱えている怖さが減ったように思います。 自分の人生の舵が、自分で切れないと思うと怖いですもの。 また、今となっては、自由でいたいなら、自分で舵を取らないとねとも思います。 人に任せていたら、自由になれませんものね。 軸対話の習得は、地道な作業で、そして今まで経験したことのない思考や行動をとるので、エネルギーを必要とします。 しかし、自分に帰っていく作業のトレーニングだと思って、また、その先に出会う自分や人間関係を楽しみに続けていきたいと思います。 最後まで、見守り、お付き合い下さいまして、本当にありがとうございました!! これからもどうぞよろしくお願い致します!   なおさん、感想ありがとうございます! 一見、ネガティブな自分ばかりを知ることになっていますよね。 なんだか辛そうです。 なので質問させて下さい。 自分で自分自身を不自由にしていたのだ、、、 と自分の負の部分を認めることは辛いですよね。 よく乗り越えられましたよね。 なぜ乗り越えられましたか?     辛いというよりも、逆に言えば、自分で自由にすることが出来るとわかり、自己効力感が持てたという感じです。 乗り越えたという感じはないです。 自分の姿を認めざるを得なくなったという感じでしょうか。 それは、軸対話は、自分を明確にしないと出来ないですし、また自分の足で立たないと出来ないからだと思います。 正直、まだまだ、吐き出しワークも、軸対話も練習の積み重ねが必要だと思っています。   自分を知ることは辛いことではなく、自分が自分で自由にできると言う自己効力感に繋がったのですね。 ああ~思い出しました! 自分のことを見つめる段階になると、よく「怖い」と言われており、「そこを見つめなくても、こちらから見つめるだけでいいですよ」と、見つめるポイントをお伝えしていましたね。 確かに乗り越えなくていいですね。 自分で自分に聴く力つくと、自分の味方を得たようなもの、自分サポーターが増えた感じですね。 コンサルを依頼してくださった方は、オンラインアカデミーにて1年無料でフォローしますので、どんどん利用して下さい。 感想、ありがとうございました。    

無意識を意識化していく素晴らしさ

最後になおさん、4ヶ月間、お疲れ様でした。 本当に頑張って会話の記録をされ、川西の突っ込みコメントに怯むことなく、果敢に挑まれた努力の賜物が、今のなおさんに繋がっています。 配慮されたい自分に気づいたなら、相手が配慮しやすいように「私を率直に伝える」。 その結果、相手の行動は相手に任せます思い通りではなく心通りの結果は必ず手にすることはできます。 軸対話は解決が早すぎる、、、 そうですね、対人関係で悩む期間を最小限に留め、自分のしたいことにシフトしていくようにプログラムされていますから、早いですよね。 それに抵抗感があったんですね、勉強になりました。 軸対話の習得は難しいですが、実践できないことが分かることや質問するポイントが分かるだけでも習得できていると言えます。 今までは無意識で、対人関係を壊す対応の仕方や、自分を追い込む対応をしてきました。 それに気づけると言うことが、どれだけ大きいことでしょう。 無意識を意識化し、改善していける日々が待っていますね^^

軸対話は 【自分の人生は自分で築くことが出来る】 ということを教えてくれました。

大変心強い感想、本当にありがとうございます!  
好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩

「好きなことをして生きる」という言葉の呪縛

好きなことをして生きよう! そんな風潮がある昨今、その言葉にいつの間にか縛られ、このような悩みが生まれた方がおられます。
  • 好きなことって?
  • 好きなことで生きていくなんて無理
  • 好きなこと仕事がわからない
  • 好きなこと仕事にしたいけど、外野がうるさくてできない
  • 好きなことの見つけ方がわからない
  • 好きなことがわからない
  • 好きなことがないんです
  • 好きな趣味もない
  • 好きなことをするって、そもそも何?
  • 好きなことが、気づいたらなくなっていた
軸対話のカウンセリングを受けた方も、同じように
  • 好きなことをして生きるのは無理
  • 夫は私が好きなことをすることがイヤなのかも
  • 私の自由は奪われてしまう
とお悩みでした。 しかし、軸カウンセリングを進めると、
  • 軸対話にも覚悟が必要
  • 自分の想いを伝える事は、自分を生きる事
  • 自分がどう生きたいかが明確になると、闇雲に怖さに振り回されなくなる
  • 少し自信がつきました
といった覚悟と、目的と、自分の変化と、期待の言葉を寄せてくださいました。 では、軸カウンセリングがどのように進んだのかをご紹介させていただきます。  

好きなことをするために、夫と別行動をしたいが、言い返されるのが怖く伝えることもできない

お寄せいただいたお悩み 私はいつも自分の自由が奪われていると感じます。 私は好きなことやしたいことをしたいけれど無理なんです。 きっと夫は私に好きなことをされることがイヤなんだと思います。 今まで心理療法も受けたり、カウンセリングも受けました。 少しは心が楽ですが、いざ目の前の人と会話するとなると怖さが先にきて夫との関係が改善しません。 休みの日、いつも夫に合わせています。 夫と別行動をしたい、、、 でもいいにくい、、、 勇気を絞って言っても言い返されたり 怒られるのも怖いんです。 夫がまた病気になるのでは?!と思ったりもします。 と言われています。

好きなことは、どれぐらい好きなことでしょう?

この好きなことができないという悩みを受けて、軸カウンセリングではまず、 夫にどのように伝えているのか、会話を記入してもらいました。 すると… あなたのお休みの日なんだけれど、京都から友だちが来るので会いたいの。 度々会えないので、今回会いたい。 皆さんはこの言葉を、どのように見られますか? 特に問題のない普通の会話言葉のような、感じもしますよね。

伝える内容は、相手との関係によって、伝わらない内容にもなる

相手との関係がいい場合や、お互い好きなことをすることを容認している場合は、この内容でも良いのです。 そうではなく、相手との関係が良くない場合や、好きなことを容認し合っていない関係の場合は、内容が漠然としていて伝わりません。 漠然としているということが、わかりますか? 漠然としているということは、こういうことです。 好きなことや、したいことが、どれぐらい大切なことなのか? がわかりにくい これを踏まえて、もう一度伝えた内容を見てみましょう。 あなたのお休みの日なんだけれど、京都から友だちが来るので会いたいの。 度々会えないので、今回会いたい。 この言葉を読んで、下記のことが伝わっていますか?
  • その人はどんな人なのか?
  • なぜその場所なのか?
  • なぜ、その日なのか?
  • その時間がどれぐらい有意義なことなのか?
  • 夫の心配は何なのか?
  • 夫はなぜ、心配をするのか?
  • 夫は、何を心配しているのか?
全てが曖昧で、漠然としていることに、カウンセリングをしながら徐々に気づいていかれました。

好きなことをすることも、誰と一緒にいることが良いかも、自分で選ぶ自由がある

この人と一緒になったから、私は好きなことができない。 この人が怒るから、私は好きなことができない。 私の自由は奪われる。 と、よく聞きますが、ここで確認です。
  • それは本当に、好きなことなのでしょうか?
  • その好きなことは、本当にしたいことなのでしょうか?
  • その好きなことは、どれほど好きなことなのでしょうか?
好きなことを具体的にしっかり伝えた。 しかしそれでも尚、好きなことを止められる。 ということは、 私の好きなことを制限する相手と一緒にいることを、選んでいてもいいのか? といったことの検証も必要です。   検証した結果、「好きなことを制限する相手と一緒にいることを選ぶ」理由が「経済力」という場合もあります。 そういった場合は、その理由と関係を具体的に見ることで、選択肢が広がり、前に進むこともできます。
  • 頼ることがいいのか
  • 頼らない道を選ぶのか
  • 頼る頼らないではなく、協力し合うのか
そういったことを、自分で自由に選ぶことができます。 まず私を伝えてみる。 それでも反対されるなら、今後も一緒に過ごす相手なのかどうか検討することも大事なことです。 好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩

好きなことの呪縛から解放され、冷静に自分を見つめることができる軸カウンセリング

このように軸カウンセリングを進めた結果、クライアントからこのようなメッセージが届きました。 今日カウンセリングを受けて、 自分の想いを伝える事は、自分を生きる事なんだなと思いました。 軸対話にも覚悟が必要ですが、一つ一つやっていこうと思いました! 自分がどう生きたいかが明確になると、闇雲に怖さに振り回されなくなるかもしれませんね。 ということでした。  

怖さや不安は、軸の明確化と会話シュミレーションでの練習で解消できる!

本当に伝えたいことや、自分軸を明確にする。 相手との会話シュミレーションをして練習をする。 そうしていくことで、怖さや不安より「やってみたい」「伝えてみたい」という気持ちの方が先に来ます。 すると伝えることができます。 好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩

好きなことをするために、具体的なメッセージを伝えると

このクライアントは、軸カウンセリングで好きなことを具体的にし、アイメッセージを伝えられました。 その結果報告を、このようにいただきました。 夫が安心できるように伝える努力が出来て、少し自信が付きました。 夫は、「ん」「ん」「ん」と小骨が喉に詰まったような返事をしてましたが、それ以上特に何も言いませんでした。 何も言わなかったのは、ここのところ飲み会や友達と遊びに行ったりと自分の用事が多かったからかもしれませんが、感触はいいように思いました。 こうして伝えることを練習しながら行動に移すことで、心理療法では解決しきれなかったことを解消していきます。 今回のクライアントの場合、夫は一緒に過ごす相手のようですね^^ 私を伝えて、自分らしく生きる! 私を伝えて、一緒にいたい相手も決めて、生きましょう!   しなやかにね( ̄ー☆ コメントを残す    
甘ったれで、子どもっぽくて、大人になれないダメな私で良かったんですね
自虐的な発言の多い夫との関係を改善したい! コンサル中のなおさんの事例と感想です。 いくつかの対応策を乗り越え、残るは… 弱音を吐く夫の言動が許せず、話を聞けないと言われます。   軸対話では聞きたくなければ聞かなくてもいいのです。 しかし「対応しない自分はもっとイヤだ!」とおっしゃいます。 ですから「対応できる人になりましょう!」 ということでカウンセリング&コンサルをしました。   夫への対応、 どう対応することになったでしょう^^ その前に感想です^^  

大人な対応を止めよう!原始脳を活かそう!

まずは、なおさんからの感想をご覧ください。 なおさんからの感想 こんばんは。 昨日はありがとうございました! 未来子さんのカウンセリングを受けて、今まで自分の立ち位置が違っていたこと(新しい脳のままカウンセリングを受けたり、心の学びをしてきたこと)に気付き、驚嘆しました。 今さらですが、原始脳の私が叫ぶ必要があったんですね(^-^;) 吐き出しワークの講座で、原始脳と新しい脳のことを学び、「うん♡うん♡」と感心していたはずなのに。。。 ちまたでも、【本来の自分で生きよう】みたいなキャッチフレーズが溢れていて、「そだねー♪」と共感していたはずなのに。。。 原始脳の私は、何処に追いやられていたのでしょう。 昨日のカウンセリングで、未来子さんより「こう言うの」「ああ言うの」とアドバイスを受けても、初めは 「いやいや、そんなの、私のキャラじゃありませんから」 「私、そんな元気な子どもじゃなかったし。陰気な子どもだったし。」 と抵抗していましたが、アドバイス通り言ってみると、 「あれ!?自分の気持ちが出てくるかも。こっちの方がしっくりくるかも。」 と思いました。 甘ったれで、子どもっぽくて、大人になれないダメな私は、立派な大人にならなきゃと思ってきましたが、ならなくてもよかったんですね。 そもそも、私は甘えん坊でした。   そうですね~、甘ったれでいいですよね。 本来の自分はどんな人なのか?!によりますが、そもそも本来の自分って何?は、軸対話がないとわかりにくいですよね。   未来子さんより「こう言うの」「ああ言うの」とアドバイスを受けても アドバイス内容は、因みに、アイメッセージです。 このアイメッセージを、甘ったれていると判断するかどうかは人によりますけどね(^^; 軸対話を大人対応だと思ったら、違うんですよね~。 軸対話を深めると、だんだん自由な子どもになっていくんですよ。 アイメッセージは特に子どもの要素を持っている人の方が、いいやすいですしね^^   そして最終的に、夫への対応は… 「それって、じゃれあったほうがいいじゃん」 ということになったんです。笑 なぜそうなったかというと… 聞けない自分にフォーカスして過去に戻ってみたときに発見したんです。

指令!夫婦でじゃれ合うように^^

聞けない自分にフォーカスしていくと… 過去のある出来事に戻ります。 その出来事の時に、言いたかったことを呟いてもらうと… 夫の言動とリンクするんです。 ということは… 一緒に同じようなことを言い合ったらいいということです^^ で、さっそく実行されました。 すると、、、 じゃれ合い、まだ出来る範囲ですが、いいかんじです♡ おなじみの「俺のことどうでもいいんだぁ」に、アクティブリスニングをして自分の気持ちを甘えるように伝えると、それ以上くだを巻かなくなりました。 その上なんだか嬉しそうです。 私の心は軽くなりますし。 甘えん坊の達人になるには、練習が必要ですがいい感じです♡

相手の言葉は困っている状態とは限らない?!

「どうせ俺なんか、、、」と聞くと相手が困っていそうですよね。 でも「どうせ俺なんか、、、」という言葉が言える関係って、どんな関係だと思いますか? 冷静に考えてみてください。 「どうせ俺なんか」という言葉が出せるということは、この言葉を吐いても
  • 拒否されないか
  • 気にしてもらえるということが保証されている
関係だということです。 夫はあなたのことを拒否しない人だと思っている。 あなたが、離れないことを知っている。 だから「どうせ俺なんて」が、言える。 これはご本人が困っているかのような発言ですが、悩みを整理したいわけでも悩んでいる気持ちを汲んでほしいわけでもありません。 ただ構ってほしい、関わってほしい、そして私から離れないことを確認したいのです。 何か不安があるのでしょうが、まだそこには至っていません。 もしあるとすれば、この確認作業が終わってからの本題でしょう。 なおさんは子どもの頃、母親に対してこんな思いを抱いていました。
  • 一緒に遊びたかった。
  • 寂しかった。
  • 高い高いをして欲しかった。
  • 戯れたかった。
でも言えなかった。 言っても相手にしてもらえないと諦めていた。 二人共が安心安全な場所を確認し合いたい。 甘えても許される場所を確保したい。二人の想いは一致してますよね^^ それに、なおさんも関わりたいのだから、じゃれあったらいいじゃん🎶ということです。^^

じゃれ合いも軸対話で

じゃれ合いも軸対話でしたほうが関係は良くなります。 軸対話でのじゃれあいを入れた会話例をご紹介しますね(*^▽^*) ▼ 例1 (私) ゴミ階下に持って行ってくれる? (夫) どうせ俺はゴミ同然ですよ。近所の人は旦那さんがかわいそうと言っているよ。 (私) へー、自分のことをゴミ同然と思っているんだ(アクティブリスニング)。 私は思っていないのに、そんな事を言われたら悲しい(アイメッセージ)。 私はただ手助けして欲しいだけなのに。どうせ私の気持ちはゴミ同然ですよー ▼ 例2 (夫) 〇分に駅に着くから迎えに来て~ (私) やだー。夜遅くて怖いもん。 (夫) 俺は迎えに行ってやってるのに。もういいっ!俺のことなんてどうでもいいんだ。もう帰らないからな。 (私) 帰らないんだー(アクティブリスニング)。 寝ないで、わたっちの帰りを待っているのにー。 さみしいな、さみしいな(アイメッセージ)。 さみしい私のことなんてどうでもいいんだ。 【注意点】 じゃれ合いなので深刻にしない^^ イメージは猫になったつもりかな~、   練習は必要だそうですが、だんだん自分の心が楽になっていると報告を受けています。 もちろん、時と場合、事実によっては、じゃれ合うのではなく、しっかりと伝えなければいけないこともありますし、しっかり聞かないといけない場面もあります。 それらの区別も軸対話で出来るようになります。   【対応のポイント】 頭で理解していても聞けない場合は、聞きたくない何かがあります。 そんな自分を理解してあげたいですよね^^ その何かは… 過去の何かとリンクして、何かを気づきたいか?!育ち直しをしたいか?!というのが考えられます。 他に、相手が困っている状態ではないのに聞こうとしているという場合もあります。   今回は、どれも共通していましたね^^ 要は、区別をつけて対応する!! しなやかにね( ̄ー☆ コメントを残す  
見守る子育てがラクになる。見守ると見張る(監視する)の違いから分かる絶対外せないたった1つの習慣
よく「子どもを見守りましょう」と聞きますよね。 見守る子育てというものですね。 そして、そうだと感じつつも、ついついこんな風に気になっているかたもおられるようです。
  • 見守る子育て』というより関わろうとしてしまう。
  • 見守る子育て』のつもりが見ていなかった。
  • 見守る子育て』より『放置する子育て』がいい!?
  • 見守る子育て』つもりが『見張る(監視する)子育て』をしていた。
気になるので、 「これでいいのかなぁ~」と思ったり、 「出来ないなぁ」と思ったり、 「こんな考え方の方がいいのかも?」 と思考がウロウロしてモヤッっと感が心に残ってしまう。 そういった方のために今回は記事を書きました(^^)/ 思考がウロウロして定まらないと感じているときは、言葉の定義から具体的に見ていきましょう。 『見守る子育て』とはどういうことでしょう? 『見守る』と『見張る監視する)』はどう違うのでしょう?

「見守る」と「見張る(監視する)」子育て

では同じことを単語を置き換えて、見ていきましょう。 勉強をしているか見守る。 勉強しているか見張る(監視する)。 友達とどんな風に遊ぶのか見守る。 友達とどんな風に遊ぶのか見張る(監視する)。 う~~~ん、言葉的には、あまり大差がないように思えます。

見守ると見張る(監視する)子育ての違い

遅刻しないか見守る…? 遅刻しないか見張る(監視する)遅刻を「いつからしなくなるのか」と見守る こんな風に置き換えてみると、徐々に見えてきます。

見守るとは

相手に対して 相手の行動がいつ変化するのか 相手のペースで観ているのが見守る。

見張る(監視する)とは

相手に対して、 思い通りに動くのか、動かないかを観ているのが監視。 だね。  

「受け入れられないことを『見守る』」を考える

遅刻魔の息子との会話から思い出した、スッキリしないままの「見守り」

先日、大学生になった息子とこんな会話をしていました。 あの頃(小6)、遅刻してたよな~。 と言うか、授業には遅れていないけれど まあ、ひどいよな~ まあ~ひどかったよね。笑   ええ、本当に酷かったんです(^^; 学校まで2~3分のところに家があり、夏休み以降、ほぼチャイムが鳴っている最中ぐらいに家を出て学校に行く日々。 学校から怒られるかな~と思いながら、特にお咎めもなかったので放置していました。 しかし、正直… 「これ、いいの? この状態、、、どうよ」とは思っていました(汗)

イヤ(受け入れられない・受け入れたくない)だと思いながら見るのは、モヤモヤする

私は、相手の行動に対してイヤだと感じているんです。 別に受容しているとか、許しているとか、そんな気もありません。 「イヤだな~」と思っています。 でも
  • 相手の行動だし
  • そのうち何か困るのも相手だし
  • 困ってから気づいても特に大きな問題もなさそうだし
  • 今のところ相手は困っていなさそうだし
  • 私も直接何か困ることもない
それと私自身が、 遅刻する息子を見ていることがイヤかどうかわからなかった。 と言うモヤモヤもあり様子観察です。 何が伝えたいかと言うと、、、、

「見守る」と「見張る(監視する)」子育てには、共通点がある

人というのは、イヤだと思った瞬間は、イヤなものを観ようとするんだな、ということです。 『見守る』子育てにしても、『見張る(監視する)』子育てにしても 相手の行動を見ていることには変わりない。 『見守る』子育てにしても、『見張る(監視する)』子育てにしても 相手の行動を見て「イヤだ」と感じているから、目で追うのでしょう。 中には、イヤなことではなく微笑ましい行動であったり、好きだから目で追ったり、ということもありますが、お互いにとって可もなく不可もなければ、和やかに『見守る』ことができることもあります。^^

見守る子育てのために、見るのをやめる、見ないようにすることの盲点

ここで重要なことは「イヤだと思いながら見るのはイヤだ」と思うと、そのイヤを無くそうとするか、観ようとしなくなるということです。 すると… 見えなくなることもあるんです。 見えなくなると『見守る子育て』は難しいです。 気にしていないと観れないんですよね。  

「見守る子育て」になる、「見張る(監視する)子育て」を手放すために

こんな風に思いながら、自分と相手とを観察していると、、、、 わかったんです!! 私は相手が遅刻することがイヤなのではなく自らの生活習慣や、自分の体調管理ができない姿を観ているのがイヤだったんです。   中学1年生の時は、慌てて家から出て自転車事故を起こしたこともあり、事故るぐらいなら遅刻して欲しいと思いました。 遅刻の優先順位が下がりました。 事故るぐらいなら遅刻して欲しい。笑   でもですね~ 中学2年になって、遅刻について親子で反省文を書かされたときには「私は反省文なんか、書きたくない!なんで親のせいになんてされるんだ!イヤだ~~~」とは言いました。笑 その頃には、遅刻することより、生活習慣が気になっていました。 ですが、よ~く考えると、生活習慣も自己管理も成人するまでにできればいいかな~と思っていたので、長い目で見守ろうと決めました。

【ココ重要】 見守る子育てをすると決めても、イヤがなくなるわけではない

だからと言って、イヤがなくなるわけではないのです。 (あっ、しつこい?!) 「あああ~またゲームに夢中になって寝不足だよね、部活もあるのに身体持つのかな~、だからね、、、熱出るじゃん、成績、下がってるじゃん、いつ復活するんだろう?」 とブツブツ思っていましたよ。笑 (吐き出しワークは必須なわけです(^^;) 一周回って、やはりイヤだと思っているから見守れるんですよね。 いちいち気になる自分を面白がりながら、、、。笑

軸対話でポイントを抑える、見守る子育て

軸対話を知らない時や修得をしていない時は、、気になるよな~と、過ごしていました。 しかしこれは、ポイントの抑え方が分からなかったんですよね。 ポイントを抑えるということは、相手のサインを見逃さないということなのです。 サインさえ見逃さなければ、あとは放置でいいんですよね。 まあ、、、、放置と言いながら、やはり気になると目で追う。笑   気になるイヤから自分の軸が明確になれば、イヤは宝だし、 気になるからこそ、観察もできる。 まあ、それはそれでいいんじゃないでしょうか^^   今日この記事を読んで気づいた方もおられると思いますが、ポイントを抑えた見守る子育てに必要なことは、「吐き出しワーク」です。 だって、イヤはイヤなのですから(笑) そのイヤに正直になりましょう。 今回お伝えしたように、ぶつぶつと日々思っていたからこそ、自分の軸を明確にしつつ相手も見守る子育てができるのです。 吐き出しワークを習慣化するからこそ、見守れるんです。 しなやかにね( ̄ー☆ コメントを残す    
今後のビジネス&プライベートの為に軸を確認し、得たい結果と行動にワクワクしています!
きもの本質家 サッタアキコさんの感想です。 しなやか自分軸の対話、過去を学び、未来ではご自身の仕事を深めようと動いていました。動き出したことで想いが募り、ビジネス面&プライベート面&ご自身の未来に目指すものなど複雑に絡み合った事件が発生しました。次のステップの時期だったのでしょうか^^ 軸対話があって、ある程度自分を明確にしてからだったので、当日のコンサルティングが有意義だったということですね。 実は、サッタさんとは当日までにメールでのやり取りを何度かしています。 そしてある程度までは明確にしています。 ただメールのやり取りだけでは想いの深さまでは文字から読むことができませんし、想いの深さによって行動も違ってきます。行動が違えば、描く未来も違います。 なので軸がある程度かたまり、行動に軸を持たせたい!と覚悟ができたらお越しください。というような状況でした。  

1. 参加する前のお悩みやきっかけは何でしたか?

しなやか自分軸を自分を知ることの大切さを学んでいました。 その上で、これからの仕事において自分と周りの人を生かすための軸を考えてみたものの、その答えが自分本位になっておらず、本来の自分の望む結果につながっていくものであるかの答え合せをお願いしたく軸カウンセリングをお願いしました。  

2. 得られた事を教えてください。

  • 自分の選択が間違っていないと確認でき、スッキリしたこと。
  • 今後、何をどう行動していくか、明確にリストアップできたこと。
  • どちらの選択も苦労がつきものであるならば、時間の無駄遣いではなく身になる苦労をすればいいこと
  • 軸に基づいての選択の結果、得られるイメージがワクワクするもので嬉しかったです!
 

3. どんな方におすすめだと思いますか?

  • 自分はこう思っているけどその選択が得たい結果に結びついていくのか?の答えあわせをしたい方
  • 具体的に行動するにあたり、その整理整頓をしたい方
にお薦めします。   ただ、そのベースには軸対話が必要だと感じました。というのも、自分を明確にしていないと 明確にするところからスタートになるので・・・単に「現状こうですが、私はどうしたらいいですか?」という質問では自分軸を明確にするところから始めないといけないので 個別コンサルティングの時間がもったいないと思います。
一つ一つ納得して自分を取り戻し、望んでいた仕事をしています。
ECC講師 大塚千恵美さんの感想です。 家族や周囲との人間関係に、どう動けばいいのか混乱し、精神的にも身体的にも色々と困っておられました。 ありがとうございます。 想いのある素敵な先生ですね。 自らの経験を次世代に繋げてくださっていることが嬉しいです。 「落ち着こう」 「一つ一つでいいです」 「確認しましょう」 をよく言っていたように思います。笑 本当に一つ一つ、進まれました。 会話や吐き出しワークなど記録し 上手くいったこと、いかなかったことを検証し、 分からないことは質問されていました。 その行動の一つ一つが確信に代わり、 自分軸のある状態に変化されたのでしょう。 この経験、対応の仕方を是非、次世代に繋げてください。  

参加する前のお悩みは何でしたか?

約2年前息子の不登校からブログを色々検索してみきさんのブログも見つけたのですが、当時は字が小さくて読めませんでしたが、親子のことが書いてあるのは覚えていました。なので楽しそうで面白そうな心理系のセミナーに参加することにしたんです。
  • 「それは子どもの問題」と教えてもらったのですが、言われていることが理解できませんでした。
  • 「楽しいことをやれ」と言われても、何が楽しいことなのか分からず、やはりできませんでした。
  • セミナーで知り合った人とも、ラインのやりとりでトラブっていました。もうどうしていいのか?!本当に分からず鬱のような状態でした。
  • 家族関係は、ちゃんと関わっているつもりでしたが、夫からは「お前はいつも俺を否定する」と言われていました
  • 子どものことは心配で、心配で、もっとよく知りたいのに息子は話をしてくれない状態でした
  • その時の職場である学童では、対応に疑問を持っていたけれど、どう伝えたらいいのか分かりませんでした。
  • 趣味の活動も続けたいのか、どうかも分からず悩んでいました。
  • 不眠もあり、頭痛もし、花粉症の症状も悪化し身体も悲鳴をあげていました。
 

親子のことが書いてあるから受講を決められましたか?

親子の対応もそうですが、みきさん、最初から自分軸でしたか? うーん、2015年の秋ぐらいから言い出しましたね。 私はなぜかその”自分軸”という言葉に、なんとなく今の私に必要だと思ったんです。それで受講したい!と思いました。  

当時から比べると何が解決していますか?

ありがとうと言われなくても気にならなくなりました。 前は無意識で行動しているので、お礼を言われないとイヤだったんです。 でも今は、好きでやってたじゃんーん、に気づいたので ありがとうと言われなくても気にならなくなったんです。     好きでしている行動だということを意識しているので、人から感謝されなくても平気でいられる心の状態が気に入っているんですね。     そうです! その他、前は、なんでも 直ぐに応えないといけないと思っていたんです。 人の言うことや対応に関して、黙っていてもいいと言う選択肢が私にはありませんでした。 黙る、無視、放置という関わり方があると思っていなかったんです。 今は、無理に聞かなくていいことも知って 「今は無理、聞けなーい」と伝えられるようになりました。 今の状況を伝えれば、皆、わかってくれて、とても楽になりました。 子どもが「わー」と話しかけてきても 「今は、この仕事をしてるから無理〜」というと 待ってくれる子がいたり、違う人のところへ行ってくれたり自分で決めて行動してくれています。 しんどいことをしんどいが言えて、本当に楽になっています。     自分の状況を素直に伝えると子どもたちが分かってくれる。 考えて行動するようになっていますね。 すごーい!周りの子どもたち、考える子に成長されていますね。     あーそうなんですか?! そうですよね、 子どもたちに助けてもらっています。それに
  • 自分の子どもとも話し合いができるようになっています。
  • 夫とも話し合いができるようになっています。
前はすぐに答えを出さないといけないと焦って、結局、夫が怒るというパターンを繰り返していました。     それは何が効果的だったと思いますか?   どっちが困ってる?と考えると 一旦、考えたり観察することができるようになっています。 言ってもいいことがあること知って、自由になりました。 聞いてもらう体験があったので 自分でもしようと思えるようになりました。 今までは、アドバイスや分析はしてくれて きっと思ってくれているのだけれど 聞いてもらえていない感じがあったんです。 でもしな軸では、聞いてもらえていると感じました。   その他自由に印象に残ったこと、得られたことは何ですか? 前はなんでも取り入れないといけない 言われた通りにしないといけない と、思って自分軸がない状態でしたけれど 「この人はこう考えているんだ」と思って 人の話が聞けると、楽な気持ちでいられます。   自分と他人が違うという区別ができていますね。 その人の考えはその人のもの 採用するかどうかは自分が決める。 自他分離、意見と人との区別ができるようになったということですね。   あああ〜、区別できるようになっていますね! それに今まで出会ってくれた人へは、感謝しかないです。 合わない趣味の場所に居たことに対しても、 相手と価値観が合わないということが分かると、 どんな価値観が合うのかということが 体感として理解できました。 イヤは宝ですね。 以前は、苦しいのにしている行動がやめられない。 自分で決められない、、自分軸がなかったんです。  

その他に印象に残っていることはありますか?

色の講座では、人と違う感覚に自信が持てました!

講座では、感覚が人によってこんなに違うんだということが体感として理解ができました。 先日、楽しい予定があったのですが、体調が悪くなり、以前ならムリしてでも行っていたのですが、目につく色が””だったので、疲れてる状態だと気付けて断ることができました。  

装いも自分への自信を後押ししてくれています。

先生として、見られたいように見てもらえていることが嬉しいです。 快活な先生として、覚えてもらっているので親御さんから信頼も得られています。 先生仲間からも「本社に走っていく姿がかっこいいです」と声をかけてもらえました。^^ 全然話は違いますが、美容師さんからも大胆なデザインを提案してもらったり、髪型もメイクも、生きることが楽しくなっています。  

体質も本当に変わりました。

肌荒れも、背中のザラザラもなく、冬は軟膏が3つは必要だったのに何もいりません。 22年間飲んでいた花粉症の薬を飲まなくていい状態にもなっています。 不眠も頭痛もなくなっています!  

子ども達に自分軸を大事する体験をさせてあげたい!

そして今、子ども達に自分軸を大事する体験をさせてあげたい!と想い、ECCの先生として復帰しています。
  • 日本の授業では味わえない自由な空間
  • どんな意見を言ってもいい空間
  • 自由に発言する機会や自由に選べること
  • 受け身のレッスンではなく参加型のレッスン
個性を出しながら自分軸がわかるといいな〜と思って提供しています。  

私自身が英語を学ぶことで 正解のない自由な発言が許される場所に出会えた。

英語を学ぶことで 下記を聞いてくれる先生に出会いました。 「なぜ賛成なの?」 「なぜ反対なの?」 「あなたはどう思う?」と、 いつも聞いてくれて どんな答えを言っても「いいわね」と言ってくれた。 私はそれが本当に嬉しくて そんな体験を子ども達にどんどんさせてあげたいんです。 今、教えていて、楽しいな~と感じています。   まだしなやか自分軸と出会っていない方へ、どんな方におすすめだと思われますか?
  • 自分を持てるけど出しちゃいけないと思って苦しい人
  • 自分を否定して、何が自分なのか分からなくなっている人
  • 自分の楽しいが分からないけれど自分で分かりたい人
  • こだわりが強く、取捨選択に迷いがある人
  • 普通と言われて普通がわからない人
  • よく怒られて、なんで怒られるかわからない人
  • 一つ一つ自分が納得して動きたい人
  • 服選びに自信がない人
  • 自分が自分で居られることに自信を持ちたい人
娘の本音が知りたい!会話が見えてきて、心に傷を持つ子ども達にも活かせています。
絵本作家&京都市総合育成支援ボランティア員 アフロのおはなしや @リーダーさんの感想です。 娘さんをキッカケに必死に軸対話を修得されました。 その学びは確実に周囲の人たちに影響を与えています。 アフロさんとは、PTA活動で知り合いました。 独自の世界観があり、彼女達の手作り絵本、本当に凄いですよ(@@) それにボランティアとは思えないプロ対応をされています。 詳しくは↓↓↓↓ 【注】感想の文中には”会話スキル”とあります。        ”スキル”という言葉は、訓練で身につけられるものという意味です。 アフロさんから始まった軸対話は、投石のように80歳のお父様も妻のために学ばれ、夫も学び始めておられます。 受講中、軸対話を子ども達の支援活動に活かされてる話が印象的で2〜3年ぶりですが、エピソードを尋ねました。 詳しくは↓↓↓↓ 辞めていく人達というのは、学校の先生です。 会話が見えないと、人との関わりに必要以上にパワーを遣い、心が疲弊します。 軸対話が身についていると、自身のパワーを最小限にしても効果的な関わりができるので長続きします。 心が傷ついた子ども達にとって、継続して、そこに居てくれる人の存在は貴重ですね。 絵本作家としての活動↓↓↓↓  

参加する前のお悩みは何でしたか?

自分の気持ちが言えない娘の本音が知りたい。 と言うのが一番でした。  

受講後の感想を聞かせください。(解決したこと、印象的だったこと、得られたことなど)

自分の中で一番、 物になっている、というか実践で使えていると思うのは、相手の心の根の部分の声を聴く対応です。
  • 相手が何を言いたいのか。
  • 慰めて欲しいわけではない。
  • 同調して欲しいわけでもない、
  • ただ聞いて欲しいだけなんだな。
などその時々で、応用が利きます。  

解決したことは、

自分の意見が言える家族関係のなったことです。 今は家族の会話にストレスがなく、無口だった娘が少しは喋る様になりました。 夫はどちらかと言うとワンマンで、自分が最優先でした。 怒るのが怖くて言えなかった事が、会話術により自分の意見が言え、話を聞いてくれる様になりました。 夫との会話で「慰めて欲しいんと違うしな」と前置きして、自分の話をしたりしています。これ、とてもいい感じです。 「意見が欲しいわけじゃないからね。ただ、今日あった話するだけだから」とか。夫が頼んでもいないのに解決策を得意そうに言うのを聞きたくないのです。 そして、夫自身も会話スキルを身に付けたいと思い、その手の本を読み始めました。  

印象に残ってること

軸対話の最初の頃に、赤ちゃんは喋れないから、泣いていたら親は、色々理由を考える。というのがありましたね。あれが私の基本に戻る場所です。 会話で返事に悩んだら原点に戻っています。  

今、会話がすごく見えています。

川西さんがおっしゃる、会話はスキルなのよ!という意味が、手に取るようにわかる様になりました。学んでいなかったら世界が狭かっただろうなあ〜と思います。 今、自分で面白いのは、人の会話を聞いていて「あー、そこでそんなこと言わなくていいのになぁ」とか「とりあえず言い分受け取ってあげようよ!」とか常に思うことです。「そこで受け取ってあげたら、多分前に進めるのにー」とか。  

今を大事にする対話をすれば、心が喜ぶ結果になるということを実感しています。

あれから娘との関係は、平行線でした。 しかし凄い転機があり、好転しました。 今から1年ほど前(夏休み前)、中学校の下校時の青信号横断中に、信号無視の車に娘は跳ねられました。 事故としては大きかったのですが、運が良く 全身打撲や捻挫など程度ですみました。 (通院3ヶ月、未だ足首や腰は痛く完治はしていませんが) そのとき娘は中3受験生。もう受験どころではありません。 でもそのとき思ったことは、何を私は焦っていたのか? どれだけのストレスを娘に抱えさせていたか? いい学校に(本人志望ではあるが)入らせようと、実力以上のことをさせようとしていたのではないか? という事を自問しました。 「命があってよかった」 ただそれだけになった私は、娘への要求は全くなくなりました。 要求している気はなかったのですが、実はものすごい要求をしていた様です。 娘は目のハンデがあり、ずっとずっと頑張っていたのに、なんて可哀想なことをしていたのだろう… と事故によって気づかされました。   事故後、娘は外に出られない恐怖、車が怖い、踏切も怖い、電車にも乗れない、エスカレーターも怖い…次々襲ってくる恐怖と戦うことになりました。 私も救急車を見ただけでも涙が出たり、動悸がする始末この時初めて、娘の心の声が聞けるようになったのです。 少しずつ恐怖をクリアして行き、精神状態の安定は、ギリギリ入試前に取り戻せ、娘の能力が最大に活かせられる高校へ進学できました。 高校進学は娘の希望でしたが、私は1年遅れてもいい、通信でもいい、など心の中で思っていました。でも娘は自分の決断で電車3回乗り換えて1時間以上かかる高校を決め 今、とても活き活きして通っています。 今、無口だった娘が一生懸命学校の話をしてくれます。その時も、聞き方次第でどんどん話してくれます。 横から誰かが「それは〇〇なんちゃう?」など口を挟むと、途端に口を塞いでしまい、「なんで、そこでそれ言うねん!!!」と言う私の心の叫びが炸裂します。 そんな時も夫に「パパは言いたいねんなあ〜」と言う(アクティブリスニング)と、笑い話になり穏やかに戻ります。 今を大事にする対話をすれば、心が喜ぶ結果になるということを実感しています 長々と書きました。  

まだしなやか自分軸(軸対話)と出会っていない方へ、どんな方におすすめだと思われますか?

私は、自分で気づいていないだけかもしれませんが「敵」と言う人がいません。 「世の中、敵だらけ」とか「お隣とトラブルで」など言う人に、ぜひ受講してもらいたいわ!
育児の行き詰まり〜何があっても自分に聞けば大丈夫という状態になりました!
親自軸カウンセラー&講師修行中 みちこさんの感想です。 当初、娘さんとの関係に追い詰められ、軸対話の実践どころではなく、講座を2回ぐらいした時点で、このまま講座を進めてはいけないと思いました。 そこで吐き出しワークをしました。 そのとき、「本当はこの子のことが、大事だったんだ」と、涙を流されていたことを今でも覚えています。 それほど追い詰められていたみちこさん、軸対話の可能性を感じて今では講師修行をするまでになれれています。 軸対話を知って実践した「この幸せを分けてあげたい!」「軸対話を確実に修得したい!」と言われ、ひよこ講師として修行中のみちこさん。 集客は、自然発生的に みちこさんの変化や子どもさんとの関係など、身近で感じているママ友繋がりで、自然に講座を開講されています。 ブログは小学生の子どもさんとの会話や、同居の夫のご両親との会話など参考になります。 詳しくは↓↓↓  

参加する前のお悩みは何でしたか?

育児に行き詰まりお手上げ状態でした。 子供がなぜ怒っているのか、なぜ暴れるのか、理由が分からずどうしてこんなにワガママなんだろう、この子さえいなければ…と思っていました。  

何が決め手となり受講されましたか?

友人に誘われて川西未来子先生のお話を聞いて、この講座を受けてしっかり学んだら親子の関係は必ず良くなる、とはっきり言っていただいて決めました。  

受講してどんな感想をお持ちですか?

解決と効果的だったもの

受講してすぐに子供が自分の抱えている問題を話してくれるようになり、私がそれを聴けるようになりました。 アクティブリスニングがとても役立ちました。  

印象に残ったことは何?

問題を解決しなくても、ただそんなことがあった、イヤだった、と言葉にするだけで子供がすっと前へ進みだす姿です。 え?それだけでいいの???と肩すかしをくらったような気分でした。  

何を得ましたか?

他の子供たち、夫、義両親との関わりもすっかり変わりました。 私が変わりました。 友人や初対面の人に対しても、ストレスが減り…というかほとんど無くなりました。 イヤなことや、つい反応することは多々ありますが、自分の振り返り方みたいなものがあるので引きずらず、穏やかな自分にすぐ戻れます。 本当に楽になりました。  

まだしなやか自分軸と出会っていない方へ、どんな方におすすめだと思われますか?

  • 私にとってしなやか自分軸は、トラウマや心の癖や思い込みなど、日々揺れ動く自分を穏やかな元の自分に戻してくれる、そんな感じの軸です。
  • 人から教えられるものではなくて、何があっても自分に聞けば大丈夫、という状態になっていきます。
  • どんな人間関係にも有効です。
  • 「ストレスから解放されたい方」 「子供を楽に育てたい方」 「子供にも軸を持って欲しい方」におすすめです!
娘の癇癪や家族との空回り状態から、今は違いを楽しむ豊かな世界の住人に
三人の子のお母ちゃん&士業 ひまわりさんの感想です。 ひまわりさんは、長女さんに双子ちゃん、お姑さん、とにかく家族関係が大変そうでした。 心理や心関係の学びは、本やブログのみで講座出席は軸対話のみの方です。 軸対話の学びはじめに「今まで全く違う言葉を話していたのだと痛感しています。 外国語を学ぶように会話を学び直しています」と、言われていたことが印象的です。 軸対話を通して、本来の自分を取り戻されたようです。 子どもさんたち(小学生と幼稚園)との会話や日々気づいたことをブログに書かれています。 ご本人の仕事からは想像できない、感覚的な世界からの日々の会話は独特な世界観があります。 ブログ↓↓↓  

軸対話に参加する前のお悩みは何でしたか?

聞き分けの良かった6歳の娘が突然かんしゃくを起こすようになり、声かけをすればするほど暴れるようになって、どうしていいか分からなくなりました。 それ以外にも、家族との会話が空回りして、気を悪くさせることがたびたび起こっていました。その度、自分がなんらかの引き金を引いているのは分かるけど、だからと言って、何をどうすればよいのかが全く分からず、途方にくれていました  

何が決め手となり受講されましたか?

ブログで、日常会話に焦点を当てている記事を偶然見つけて、ここなら、私の声かけで何が起きているか教えてもらえる!とひらめきました。 他にそのような講座は全く見当たらず、見つけた時は、本当にびっくりしました。  

受講してどんなことが解決しましたか? それは何が効果的でしたか? そのほか自由にお願いします。

解決したこと

私の声かけの空回りの正体がわかりました。 声かけ以前に、相手の思いを全く受け止めていない、つまり聞けていないことにも気付けました。 本当の双方向の会話、気持ちの良いやりとり・聞き方というものに、生まれて初めて出会い、自分にもそれをすることができるという感動を味わえました。  

効果的だったこと

日常生活での様々に上手くいかない会話の場面を切り取り、何が起こっているか、丁寧に見ていく訓練や習慣を身につけたことが効果的でした。  

印象的だったこと

子供の不登校の場面では、アドバイスしようとしたり、子供の心を決めつけて話しを進めようとする自分が手に取るように分かりました。 まず黙ろうと決めて、子供の話が聞けないザワザワドキドキする自分の心をつかまえて、必死で観察した時のことは、特に印象に残っています。  

得られたこと

場面を丁寧に見ていく過程で、そこにあらわれている様々な自分を見つけられるようになり、相手についても、その言葉に惑わされず、表情や沈黙からもいろいろなメッセージに気づけるようになっていきました。 ひたすら自分を観察したことで、他人軸に埋もれていた自分を自分で感じることができるようになって、それと同時に、おのずと自他分離が進みました。 そして、自分と違う他者を感じながら言葉を交換する対話(軸対話)の豊かな世界を知ることができました。  

まだしなやか自分軸と出会っていない方へ、どんな方におすすめだと思われますか?

  • 家族、職場問わず、一生懸命応対しているつもりなのに、気がついたら言い合いになったり、相手が黙ってしまったりを繰り返す、そんな空回りが虚しい方。
  • 子供や大切な人を応援したいのに、周りのいろんな声に流されて、焦って、逆に子供や大切な人を責めたててしまいそうになったり、自分が板挟みになってしんどい方。
  • 相手のことがほっとけないで、ついつい口だしてしまったり、相手の状態に自分のメンタルが左右されてしまったりして苦しい方。気がついたらいつもグルグル思考をしてしまい、ずっと同じところをウロウロしているなと感じている方。
  • 考え方や方法論を教えてもらう講座で一生懸命頑張ってきたけど、定着しないし、そこでも自分が取り残されていくような不安にどこかさいなまれている方。
  • いろんな人と話すと自分が飲み込まれるような気がしたり、イラついたりしてしんどいけれど、一方で、いろんな人と気持ちよく話せたら楽しいだろうなと思う方。
自ら行動を起こせば起こすほど自分も周りも変わり今は理想の働き方をしています。
フリーランスデザイナー 成田奈穂さんの感想です。 約三年前の会社員時代に出会っています。 軸対話を学び約1年で独立し今は理想の働き方を手に入れていますが、アンケートは会社員時代を回想してもらっています。 彼女の学び方はとても貪欲でかなり質問攻めに合いましたが、その分こちらからも問いかけています。 それに必死に答えていたことを記憶しています。 彼女とのやりとりで軸カウンセリングが生まれています。笑 軸対話でいう未来編の講座で理想の働き方を言われていました。 そんな働き方ってあるんだね〜と言っていたらもう実現されています。 若い方が好きを活かして生きていく!日本の未来が明るいですね。  

受講する前に、困っていたことや悩み事は何でしたか?

会社の同僚とのコミュニケーションがうまく噛み合わずに困っていました。 また、それまでは自分は「比較的考えを言えるタイプ」だと自負していましたが、 特定の人(身内や身近な人)にはなぜか言いたいことが言えない…といジレンマも感じていました。  

何が決め手となり本講座を受講されましたか?

決めてはブログ記事です。自分軸のことなど全く知らなかったので、コミュニケーションは自分ではなく相手有りきのことだと思っていました。 それまで実はソーシャルスタイルは学んだことがありましたが、これもあくまでもタイプ別の対処法なので、結局相手に合わせるくらいしかないのだと思っていました。また、人間関係については”だれしも問題を抱えているものだ”という風潮がありすぎて、具体的な解決方法があるという事自体思い浮かびませんでしたが違っていました。 ただ、ブログだけではなく事前に本人ともお会いしていました。 割と名のあるコンサルタントの方のセミナーだったのですが。 「講師のことを知らない人〜」という答えにくい質問に対してはーいと手を挙げていたことが、人のことなどあまり気にしていないように見えた。 それが口先だけでなく(笑)ご本人がそれをしっかりと実践して生かされている、コミュニケーションを軽やかにしているように見えたので、実際に出来ている人から教わろうと思いました。  

どんなことが解決しましたか?

《自分と違うタイプの人との接し方。仕事が進めやすくなった》 私はソーシャルスタイルで言うと極端なドライビングタイプ。 結論を先に求める、白黒はっきりさせたい、メリットを重視する、仕事は簡潔に効率よくスピーディーにというタイプです。アナリティカルという典型的な職人タイプの方とは進めにくかったのが進むようになりました。 《無理な要求や無茶振りをしてくる上司への対処がわかった》 無茶な締め切りの仕事を投げられた時に、「困っていること」を言動や仕草でそのまま表現するというのをやってみました。結果、上司は自分でどうするか考え解決していたような気がします。 《部下指導の問題は半年で解決した》 主には一番目の問題を解決したくて講座に参加したのですが、それは割と早い段階(約半年)で解決しました。しょっちゅうイライラしたり、実際にその人にきつくあたっていたのですがそれがなくなりました。それは“悪気がない人”となぜコミュニケーションが噛み合っていないかの仕組みを理解できたことで腑に落ちることできたので納得したのだと思います。 解決というほどでもないのですが、気づいたことをポイントで過去のブログに書いていました。↓↓↓  

それは何が効果的に役立ったと思いますか?

自分軸が明確になり、色々な判断がしやすくなりました。 うーんなんだろう…だいぶ前のことになるのでもう記憶があいまいですが、事象をありのままに捉えというシンプルなことも役に立ちましたし、実際にうまく物事を進めるためにアイメッセージを使ったコミュニケーションがとても役立ちました。  

オススメのメッセージをお願いします。

  • 自分を変えたい、変わりたいけど何から始めたら良いかわからない
  • 身近な人たち、家族や恋人、仕事関係者との関係をもっと良くしたいと考えている人。
  • 本を読んだり、セミナーに行って考え方を変えてみようとしたけどできない…
という方におすすめします。 いつも人に合わせて自分が折れていて辛い、フラットに伝える方法がわからず良い争いになってしまう、なぜか相手を怒らせてしまう、いつも同じ人間関係のパターンでイライラするという方。
  • どうしても避けることの出来ない人間関係(身内など)をどうにかしたいと思う方。
  • 力関係に左右されない関係性を部下と築きたい中間管理職の女性
  • 顧客と自分軸に悩むフリーランス業の方、ブログや自己発信が苦手と感じる方
などにも。 しなやか自分軸のワークは座学ではなく、解決したいテーマに沿って実践的な解決方法を、講師や似た悩みを持つ参加者とともに掘り下げて、ともに訓練をしていくというものです。 自ら行動を起こせば起こすほど自分も周りも変わっていきますので、変わる勇気・覚悟を持っている方、ぜひ飛び込んでみてください! 質問外ですが、過去のブログにこんなことを書いていましたので貼っておきますね。 ■コミュニケーション・心理学を学ぶようになってから気づいた多くのこと。 ■悪気がない人へどう対処するのか ■クライアントとのやりとりでも使える「相手に信頼される話の聞き方」
今までの学びを活かしママたちに伝えていきたい!想いが、日々のイヤに向き合うことで実現しています!
メイクアップ軸カウンセラー 茂木恵さんの感想です。 軸対話があると間違いに自ら気づき言い直しをする過程で「人は間違える」「完璧でなくていい」と子どもに伝えることができます。 人間関係はやり直しが可能だということや力を抜いて生きていいと伝わると生きることが楽になりそうですよね。 日々のご自身のイヤに真摯に向き合い、少しずつ確実にご自身の現状を変えて来られました。 家族との関わりから私はもっと人と関わりたい人だと気づき、軸カウンセラーとして活動も開始されています。  

講座を受ける前に、困っていたことや悩み事はどんなものでしたか?

当時2歳の長男に怒りをぶつけてしまう自分をなんとかして変えたくて、様々な心理系のセミナーに通いました。 ・セルフイメージをプラスに書き換えるメイクセラピー ・捉え方を変える。視点を変えるその変え方 ・相手の問題は相手に任せる ・ブロックの解放 ・自分の心の切り替え 自分自身と向き合って来たことで、自分を縛っていたのは自分だったことに気づき、思い込みを解放して来たものの、実際子供と接する場面になると、イライラすることは次々やってくる状態でした。 ・毎日怒るではなくなったけど。結局我慢してる ・自分でも何を我慢してるかわからない ・爆発したら深堀りしたけど、、ぶり返す 見方を変えることで、私がスッキリしている部分もあるけれど、 目の前で繰り広げられている兄弟喧嘩、、、気になる私 「何かがおかしい」そんな風に思えて、モヤモヤを抱えていました。  

何が決め手となり本講座を受講されましたか?

心理を学んで自分自身の事は癒して来た、良かったこともある、だからママたちに伝えていきたい!でも一方では変わらない現実もあり学びとのアンバランスを感じてもがいていた やっぱり人にどうこう言ってる場合じゃない! まず自分のことをもっと徹底的に見つめたい! と思った時に以前から読んでいた未来さんのブログ記事をまた読み返していて、現実が変わっている研究員さん達の事例を読んで、わたしもそうなりたい!と思ったのです。 やっぱりここだ! 今の私に必要だ! と思ったら、3日後にWEB講座が開始というのを見て速攻で申し込みしたのでした!  

受講して何が解決しましたか?

基礎講座では、2年間悩み続けていたことが4時間、いえ実際は10分で解決への糸口がわかり、その日に実践できました。詳しくは↓↓↓   《イライラが減り子どもの話が聞けるようになった》 心理を学んだことによってイヤを見ないようになっていたことに気づきました。だから苦しかった。未来さんから「イヤなものはイヤでいいやん、そんなことされたらイヤでしょ」と言われ、、、そうだった、、、、怒らない私になりたいと思って心理を学び、怒ってもしょうがないよね、と、怒りを誤魔化していたんです。自分のイヤを誤魔化さずに向き合う。向き合うにしても過去ではなく、 この現場、、どうするの!? 現場で事件が発生している!と 現実を具体的に何がイヤなのかを常に自分に問いかけながら行動する様になったので、周りの人に振り回されてる感覚が無くなり、無駄にイライラすることも減りました。そうすると 子供のイヤを無かったことにしなくなり、話を聞ける様になって来ました。   《イライラして間違えても修正できるようになった》 イライラが全くないわけではなくカチンっときても言ってる途中で、あれ?と気づき、 違う部屋に移動して自分会議をして わーイライラ、、携帯メモに吐き出しワーク、、、5~10分 私じゃなかった、、、ママなんで怒ったんだろう?と もしイライラして対応を間違えたなと思っても、その都度自分に問いかけ、何がイヤなのか?どうしたいのか?に立ち返る事が出来るので「ママやり直しをするね」と言って、子供に謝ったり、本当に伝えたかった事があれば伝え直す事が出来る安心感も得られました。 参考記事はこちら↓↓↓  

それは何が効果的に役立ったと思いますか?

怒らないようにと抑えていたけど「イヤだよね、イヤだよね、うざいよね」と、イヤを見つめていく事で自分への対処ができ、感情や欲求に辿り着き自分への理解が深まりました。 どっちが困ってる?という視点で、私が困っていたけれどそうではなかったこと、相手が困っていることの区別ができるようにもなり、事実を事実として見ることで客観的な目が養われました。  

どのような方にオススメですか?メッセージをお願いします。

自分の事を知りたい人悶絶する過程を楽しめるドMな人。 人からアドバイスをもらうより、自分で考えて気づきたい人。 他人の話は聞けるけど、親、パートナー、子供など、身近であればあるほど相手の話を聞けない、本当は身近な人の話こそ聞きたいという人。 心理系の勉強はして来たが、実生活の場面で活かせない人具体的に自分を伝えて相手の話を聞けるようになりたい人。 に、オススメです。  
家族内の問題が原因でビジネスへの一歩をふみだせないなどの悩みを持っていた女性が、今では家庭内の関係も良くなりビジネスにも前向きになれた!
主婦向け家庭円満@軸カウンセラー 荒木香澄さんの感想です。  

講座を受ける前に、困っていたことや悩み事はどんなものでしたか?

解決したい悩みは、 ギャンブル依存症の夫、アルコール依存症の父、共依存症の母から、 精神的に振り回されないように適切な境界線を引きたい。 というものでした。 そしてその解決と併せて、 「自分を解放してあげたい。のんびりしたい。安心したい」という望みと、 「怖いのが嫌だから解放されたい」という望みもありました。 そして機能不全家族関係、心屋さん、秦さん、 アドラー心理学などの本を読み、セミナーにも行きました。 依存症や共依存症のセミナーにも行きました。 このように動いているうちに、心理学に深く興味を持ちました。 がなかなか解決しきれないものがありました。  

それは何がどこまで解決し残っていたものは何ですか?

日常生活では、だんだんと親との距離も取れて、 夫も自助グループと繋がり、精神的には巻き込まれることも少なくなり 安定した日が多くなったので、その部分は解決しました。 親との距離については、物理的な距離がとれるようになりました。 結婚しても2~3分の距離に両親がおり、母は私が19歳の時から透析を受けていて、 その送り迎えは結婚しても私の役目で、父に言われると断ることができず、 物理的な距離でさえ取ることが難しかったのです。 実家に行く回数だとか、話もたわいのない話(オカズを貰ったり)を必要最低限だけにして、 物理的な距離が少しずつ取れて、巻き込まれることが減ってきましたが… 今年母が入院したことで、両親も年老いてきたこともあり、 母が入院するのをきっかけに、 病院でのお世話や入退院の話し合いなど(父が拒否をするので) どうしても、話さなければならない、関わらなければいけない状況になってきて、 置いていた距離を縮めることになってしまい、トラブルが起こってきました。   精神的な距離をどうしたら置けるのか? これが残っていました。 夫に対しても、年に何回か調子が悪いときがあります。 そんなときに、自分の問題と相手の問題をどう分ければ良いのかわからないときが多く、 結局何もできずに時が過ぎてしまうというパターンが何回かありました。 それがいつまでも解決しないことが辛かったです。 相手が黙ってしまったり、不機嫌な様子だと怖くて固まってしまうのです。 (対立が怖い)  

しなやか自分軸では何が解決しましたか?

家族が、色んなこと(気軽な雑談)を、 たくさん話してくれるようになりました。 それまでも、話さないことはなかったけど、 安心して話してくれていると思えるので、 私も家族と話すことが楽しくなって、良い感じで循環するようになりました。 何を話していいかわからないと言うのが、少なくなりました。 夫が黙り込む、不機嫌な様子が少なくなってきました。 父には理解してもらえなかったけど、 自分の率直な思いを伝えることができたことは、自分でも褒めてあげたい。 今までは、仕方ないと諦めて離れることをやっていました(それもありだけど)  

それは何が効果的に役立ったと思いますか?

まずアクティブリスニングとアイメッセージを作る上での、吐き出しワークと自分会議ですね。 吐き出しワークを特にやっていたのですが、 書き出していくうちにふと自分の本当の気持ちがわかる瞬間があって、 その気持ちを基準にすると、自分にとってシックリした選択ができるように感じました。 「どうしたらいい?」と途方に暮れる時が多いので、 自分で無理な時はグループでとか、時にはできないときもありますが・・ また軸対話フローを使って思考を整理するのも良かったです。 それまでは困っている時は、特に頭の中がぐちゃぐちゃでした。   しかし軸対話フローに当てはめることで、 まず事実を見て行くところからはじまり、「どっちが困ってる?」と 当てはめていくそのプロセスが、シンプルかつ無駄がなく、 理にかなっているからではないかと思っています。   講座内でのグループワークや未来先生のフィードバックでは、 自分の事例をホワイトボードで見て行くときに、 かけてくれた言葉が今でも心に残っています。 「良い娘にならなくていいやん!」とか、「勝手に心配させとけばいいやん!」とか、 「どうしてこんなこと言うかわかる?こうやん!」 など様々な言葉が残っていて、あとからその言葉が蘇ってくる時がいっぱいあります。 「あぁ、やっぱりそうやなぁ」ってしみじみとなります。   未来さんだけでなく、 グループのみんなが一緒に頷いてくれたり、問いを出してくれたりすると、 私もその自分の問いに集中できて、パワーも貰えるような気がしました。 (私の場合、やってきたけれども解決してこなかった難解な問題が多いので、一人だとすぐに挫けてしまう傾向にありました) 受講を迷っておられる方へ、メッセージをお願いします 家庭の中で、いろいろな役割をこなしている主婦の方へ 妻、母、娘という役割があって、 そんな中で板挟みになったり、我慢をして自分を犠牲にしたり、 時には自分の考えを押しつけてしまって、自己嫌悪に陥っている方もおられるのではないでしょうか? 私がそうでした。 わたしは、自分を大切にしながら、相手も大切にできる家庭。 お互いが、違いを認め合える居心地の良い家庭。 そんな家庭がいいなと思っていました。 でも、夫はギャンブル依存症だし、父はアルコール依存症だし… そもそも人の話を聞くような人ではないし、またいつ問題を起こすかわからない。。 そんな家庭の中で対等な関係性を作れるのか? 疑問をずっと抱きながら、やってきて時にはできずに無力感を持つことも。 でも、しなやか自分軸で、自分が実践していく事で 「できるよ~」と言って頂き希望が見えました。 少しずつではありますが、軸対話を実践していく中で、 家族と安心して過ごせる時間が増えてきて、 確実に効果が出てきていると感じています。 継続してどんな変化が起こるか、これからも楽しみです(^^) 私のように、自分を大切にしながら、相手も大切にできる家庭を育みたい。 お互いが、違いを認め合える居心地の良い家庭で過ごしたい。 そんな家庭がいいなと思っておられる方はぜひ、しな軸の扉を開いてみてくださいね♪
仕事の方向性や子どもとの関係に悩んでいた心理カウンセラーが全ての事で良い方向性を見つけれた!
心理カウンセラー 小林智美(ともりぃ)さんの感想です。  

講座を受ける前に、困っていたことや悩み事はどんなものでしたか?

「これさえあれば、子どもたちは幸せになれる!」といった 子育ての絶対的な軸になるようなものが欲しい!と、ずっと思ってました。 子どもが生まれてからは「子どもが幸せになるためには、どうしたらいいのか」を探してたんです。 幼児教育や通信教育の資料などを読んだり、実際に通信教育の受講もしました。 でも子どもと一緒に過ごす時間がしんどく、 できない子どもに「何でできないの!?」と、 イライラしてキレて、自己嫌悪に陥る… ということを繰り返していました。 また、自分は子育てに向いてないのではないか? 子育てしている時間がもったいなく、本当は、 仕事などでもっと輝ける場所があるのではないか? とずっとモヤモヤ抱えてました。 そんな時に心屋仁之助さんの本に出会い、一年ほどブログを読んでは、 記事の内容を自分に当てはめながら、一人でよく考えていました。 子どもへのイライラがひどくなった時は、 ブログの内容を参考にセルフカウンセリングをしたこともありました。 そこで、自分が親の目を気にして、親のために生きていたということに気がつきました。 すると、気持ちがものすごく軽くなったんです!     「私もカウンセラーになりたい!自分と同じように悩んでいるお母さんをラクにしたい!」と思い、 心屋塾のマスターコースを受講しました。 また同じ頃「子育てには親業がいいよ」と勧められ、 子どもとの関係が良くなったらいいなぁと受講しました。 それぞれを修了後、カウンセラーとして起業しました。 カウンセラー業を軌道に乗せるため、起業塾のネット受講やブログ講座のDVDなどを買い、 ビジネスのことも少し学びました。 また、人に会うことが大切だといろいろなところで聞くので、自分が楽しそう! って、思うセミナーなどに出かけるようにしました。    

それは何がどこまで解決し残っていたものは何ですか?

心屋塾では自分自身と向き合い、自分の感情にフタをしていたこと、 また自分が傷つかないために多くの「べき」「ねば」で自分を縛ってきたことがわかりました。 それらのブレーキを外し、自分を大切にすること、在り方が大切だということを学びました。 また親業でも、子どもの話の聞き方や、伝え方を学び、 親は親、子どもは子ども、という境界をひけるようになってきました。 しかし心屋塾の学びでも、親業の学びでも子どもに対し 「自由に好きなことやっていいんだよ」と言葉では言いながら、 心の底からは言えてなくて、矛盾した気持ちをモヤモヤ抱えていました。 起業についても、ブログの書き方や文章の組み立て方などのやり方はわかったけれど、 イマイチ行動に移すことが出来ませんでした。 人に会いにいくということにも、だんだん興味が湧かなくなりました。    

しなやか自分軸では何が解決しましたか?

心の底から、子どもがやりたいようにやってもいいと納得できました。 そして「心と言動を一致させる」ことができるようになりました。 それができない時でも、本当のことを包み隠さず、 子どもに伝えられるようになりました。     更に自分が本当に大切にしたいこと、自分が本当にやりたいことがわかりました。 例えば、私が大切にしたいこと、楽しいと思えることは、外の世界に出て行き、 刺激を受けることよりも、家で子どもたちとコミュニケーションをとっている 「いつもの生活」だということが明確にわかりました。   また私がしたかった子育ては、自分の気持ちも子どもの気持ちも、 どちらも大切にする子育てだとわかりました。 そしてただ「子どもにイライラすることをやめる」だけでなく、 その先の「自分と子どもの心を大切にした子育て」の楽しさを伝えていきたい!カウンセラーとしての方向性もはっきり見えるようになりました。  

それは何が効果的に役立ったと思いますか?

  • アイメッセージを作るということ。
  • 行動整理をして、細かく自分の言動を見ていくこと。
今まで無意識だったものを意識化していったことが役立ちました。 物事を大雑把に捉えていた時は、自分が物事にどんな意味づけをしているのかなど、 まったくわかっていなかったので、 細かく見ていくことで、客観的に物事を捉えることができるようになりました。 アイメッセージを作ることで、 思い込みや妄想の区別がつきやすくなり、子どもの問題と自分の問題をより はっきり区別できるようになりました。   心とは思いだ!感情だ!あり方だ!体の声だ! という人もいます。 ともりぃにとっての心とは、何を指しますか? 私にとっての心とは、感情、欲求、価値観です。 子ども自身の自分軸も大切にしたいです。 今までは、子どもの欲求は、 抑えてコントロールしなければならないし、 子どもの価値観は、親がきちんと教えて、 親子一緒にしなければならないのでは? と思ってました。 だから「感情」が私にとっての心だと思っていました。 でも軸対話を学んでからは、 子どもの欲求や価値観についても考えるようになり、 それらが私と違っていいんだ! と思えるようになりました。 仕事面での変化はありますか? 仕事面では、ブログでより具体的な事例を わかりやすく発信できるようになりました! 内容が具体的だから、 自分のことにも当てはめやすくて、 わかりやすいという声をもらいました。 クライアントに対するカウンセリングの質も、 表面上でグルグルして悩んでいるのを見抜けるようになり、 より深く核心部分に迫ることができるようになりました。 自分のターゲットにしている客層(自分と似たような人たち)が より集まるようになりました。 仕事面の変化はそんな感じです。 ちょっと今までは、 私の中に迷いがあったので、告知記事などが中途半端だったので 集客にはなかなか結びついてなかったです(^^;) 自分の方向性が定まったので、 集客のための記事も書きなおそうと思ってます。 よろしくお願いします(^^) オススメのメッセージをお願いします。 講座では、自分の知らなかった自分、自分が気づいていなかった自分に出会えます。 その発見が面白かったり、涙したり…。 余計な思い込みやいらない価値観を無理やり捨てるのではなく、自分が納得して、自分で選んで、シンプルでとても身軽な自分になっていけます。 子育てのこと、カウンセラーとしての起業のこと、家族や周りの人たちとの人間関係のこと、すべてにおいて、しなやか自分軸講座を受けたことによって、悩みが一歩一歩解決されてきました。 確実に、良い方向、目指す方向に進めることができる講座だと思います。
問題に巻き込まれず、自分の納得できる行動を意識的に選択できるようになりました
カウンセラー兼プロデューサー のんさんの感想です。 のんさんはお子さんの不登校から、川西と関わってきました。 お子さんの不登校という悩み事からは解決されてはいたのですが、更なる「自分軸」を求めて学びに来てくださいました。  

講座を受ける前に、困っていたことや悩み事はどんなものでしたか?

大きな問題はなかったのですが、まだ時々揺れ動く心を整理する方法を極めたかったし、未来さんから学んできたことを関わる人に、もっと適切に提供したかったし、カウンセリングや、WEBプロデューサーの仕事にも役立てたいという思いから、 そのためにも、更に自分を確立するために受講を決めました。 これまでも未来さんのところで、いろいろ学ばれてたんですか? そうなんです。 例えばどんなことですか? 話というか、状況というか、目の前で繰り広げられている問題の見極め方や、自分の表現方法や、自己実現などです 結構たくさん習われてきたということですか? はい。 この講座は、また新しい学びだったのですか? いえ。これまでに習ってきたことも含まれていました。 が、まだまだ習得でき切れずにいたんです。 習得するには訓練が必要で、学び続けることで私は意識できるし、訓練も続けられる。 そして、これまでも受講しているのに、その素晴らしさはわかっているのに、使いきれていない自分をしっかり見つめたかったんです。 きっとそれにも、自分の中での「想い」があるように感じたので。 それでも私は未来さんのところで、かなりたくさん私は学んでいるので、これで最後にしよう! という意気込みもありました(^^;) 今こそ習得するぞ!という想いで受講を決めました。    

他にも似たような講座がある中で、なぜ「しなやか自分軸」を受講しようときめたのですか?

この講座を受けるずっと前なのですが、私には大きな悩みがあって、心理学を学んでいました。 そこではその問題を解決するには「放っておく」を、アドバイスされました。 そして、頭ではその選択が良いのもわかっていた(本当の意味では理解してなかったと思います)のですが、それがとても苦しかった。。 そんな時、未来さんの伝えている内容が、「関わりたいなら、適切な関わり方をすれば良い」という方法だったんですよ。 それが一番のきっかけですね。 人と関わりたい人なんです。わたし(*ノωノ) なぜ未来さんの伝えていることが、「関わりたいなら、適切な関わり方をすれば良い」という方法だとわかったのですか? だいぶ前のことなんですが、こんなことがあったんです。。 6年ほどさかのぼります~~~ どうしたら良いのか、もうわからない!!苦しいよぉ!! ほっとけ。 そうなんですね。。。放っておくようにします。 だけど、苦しい・・・ ねぇ。しんどくない? !! 未来さん。。。。しんどいよぉ。。。 こんな会話が始まりだったんです。 その結果、どうなったんですか? 習得には時間がかかりましたが、結果的に、 自分が納得する行動を選択し、自分が納得できる関わり方ができて、紆余曲折はあったものの、1つひとつの選択に後悔はありませんでした。 そして今、全てうまく行っています! 生きていくうえで、人との関わりは必須です。 私たちは1人で生きているのではないからです。 関わりあって、交わりあって、いろんな個性があって生きている。 その人生を納得し楽しく進むためにも、この「関わりたいなら、適切な関わり方をすれば良い」は、生きることをラクにし、また自分らしく生きる根幹となります。 また「ほっとけ」という言葉は、実は幸せを掴む「王道」です。 それができれば、苦労ないのだろも思います。。 ある意味「苦労したかった」のかもしれませんね(^^;) けど、その選択に私は「満足」しているんです。  

実際に「しなやか自分軸~対話編~」を受講してみて、どうでしたか?

ずいぶん「聞く」ということはできるようになっていましたが、現場で起こる「事件(問題)」への対応がまだまだ苦手で、 その原因の1つは、自分への「聞く」がまだまだ足らなかったのだと改めて気づきました。 そして「アイメッセージ」を伝えることが難しい理由もそこにあるのだと気づきました。 それらに改めて気づくことで、今の自分への課題が明確になりました。 受講のきっかけとなった「自分軸」は確立されましたか? 「確立する」って言葉の選択が、ちょっと違いました。 「確立」というと、1から作りあげていく、確固たるもの!というイメージですが、未来さんの伝える「しなやか自分軸」は「自分の軸が明確化する」というものでした。 そもそも自分の中にある、大切なものの輪郭がクリアになる。 そんな感じです。 そして、その軸は時に揺れることもありますが、しなやかに揺れて、また自分の中心に戻るような感じです。 例えば、 自分が何を好きで、何をしたいのか。 どんな価値観を持っていて、何を大切に生きたいのか。 ということが、現実に起こる「嫌だ困った」と向き合うことで、1つひとつ少しずつですが、明確になっていっていくからです。 それは具体的に、どんなことですか? そうですね。。 家族を1番に大切にしたい。 子供の思いや、考えを尊重したい。 自分を休める時間を大切にしたい。 1つひとつをこうやって見ると、小さなことなのでしょうが、私の中では大切にしたいけど、世間体や常識といったことから、大切にできなかったり、迷ったり、揺れてしまって、自分の中で「問題」を起こしやすい、ポイントでもあったんです。 しかし、その1つひとつには私の「想い」があり、それらが私にとってどれほど重要なことなのかが明確になったことで、ぶれない自分になりつつあるんです。  

この学びを、今後どのように生かしていきたいですか?

更に「自分を確立(自分軸の確率)」をさせていきたいです。 そうすることで、自分の人生のハンドルを自分で握れると思うからです。 人任せではない、自分の人生を自分の足で歩く。というような。 そして、自分を確立させつつ、私の周りにいる人とのかかわりの中で使っていきたいです。 そうすることで、周りの人が勝手に「自立」していくので、私が「ラク」になるからです。 そしてまた、この技法は相手や自分の「意図(想い)」を知ることができるので、日常生活はもちろん、カウンセリングにも、WEBの仕事にも、コミュニケーションを行う場であれば、どこでも活用できるので、どんどん実践していきます。 「話を聞く」ということが、かなりキーポイントのようですね? そうなんです! 思い出してみてください。 話の聞き方って学んできましたか? きっと、学んで来てないんです。 もし、学んでるとしたら 黙って話を聞きなさい! 人が話しているときは、黙って話を聞きなさい! そんな感じだったのではないかと思うんです。 確かに。 話の聞き方って、それぐらいしか知りませんね。 ですよね? だけど、それじゃぁ本当に話を聞けたにはならないんです。 聞かなくていい時もあるし、聞く必要がある時もある。 聞くときは相手の「本当に伝えたいこと」に、全身全霊で耳を傾けて初めて、相手の「心の声(本当の想い)」が聞こえてくるんです。 それは人様の話を聞くときだけでなく、自分の心の声を聞くときも同じように必要で、重要なんだと学び実践し実感しています。
Slider
被害者意識を払拭し、自分の人生は自分で築くことができると実感しています!
お客様の声

被害者意識を払拭し、自分の人生は自分で築くことができると実感しています!

4ヶ月間の「しなやか自分軸コンサルティング」を終了された方からの感想を、いただきました。 夫との会話に悩み、その改[…]

好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩
アイメッセージ

好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩

「好きなことをして生きる」という言葉の呪縛 好きなことをして生きよう! そんな風潮がある昨今、その言葉にいつの間にか[…]

甘ったれで、子どもっぽくて、大人になれないダメな私で良かったんですね
事例

甘ったれで、子どもっぽくて、大人になれないダメな私で良かったんですね

自虐的な発言の多い夫との関係を改善したい! コンサル中のなおさんの事例と感想です。 いくつかの対応策を乗り越え、[…]

見守る子育てがラクになる。見守ると見張る(監視)の違いから分かる絶対外せないたった1つの習慣
言葉の定義

見守る子育てがラクになる。見守ると見張る(監視する)の違いから分かる絶対外せないたった1つの習慣

よく「子どもを見守りましょう」と聞きますよね。 見守る子育てというものですね。 そして、そうだと感じつつも、つい[…]

受講生

今後のビジネス&プライベートの為に軸を確認し、得たい結果と行動にワクワクしています!

1. 参加する前のお悩みやきっかけは何でしたか? しなやか自分軸を自分を知ることの大切さを学んでいました。[…]

しなやか自分軸【事例】

身内の「聞く」は、やってあげた感がないほうがいい?!(前編)
一言多い人は「聞く」素質がある?とは、どういうこと?
身内の「聞く」は、やってあげた感がないほうがいい?!(後編)
売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい
互いがわかる、仲裁役になるために
自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。
あなたのせいで不快な思いをしました!
入学早々、怪我をし手術、入院その辺りから不登校になりました。どう対応したらいいのでしょう?
被害者意識を払拭し、自分の人生は自分で築くことができると実感しています!
頼まれごとがを断りきれない時、どうしたらいいのでしょう?
好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩
甘ったれで、子どもっぽくて、大人になれないダメな私で良かったんですね
見守る子育てがラクになる。見守ると見張る(監視する)の違いから分かる絶対外せないたった1つの習慣
【事例Q】LINE中に彼から話しかけられ気まずくなりました。
【質問】旦那さんの 「俺偉いやろ?」はどこからそこが見えたのですか?
No4洗濯物取り入れ忘れ事件:反応から軸を見つける
No.3 洗濯物取り忘れ事件:なにも問題ない!?
No..2洗濯物取り忘れ事件:軸対話対応
No.1洗濯物取り忘れ事件:心の中を覗く
要領の悪い夫がイヤでたまりません!
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
身内の「聞く」は、やってあげた感がないほうがいい?!(前編)

「聞く」ことの意味を理解して、軸対話実践中の「不安」を乗り越える

軸対話で、対話スキルを身内に実践していると「こんなのでいいのかな〜」と不安になるときがあります。 それほど、やってあげた感がないんです。 実践をしている方の報告です。 こんな会話をしたそうです。 選抜メンバーに選ばれた息子。 3回目を明日に控えて、またさっきから喋らなくなりました。 困っていると判断して、 「どうした? なんかあった?」 と聞くと 「何でもない」 と言うけど、話したそうな雰囲気があったので、 「言いたいことや、気持ちをお腹に溜めると、お腹が黒くなるよね~」 なんて言いながら、少し無理やりに聞きました。 (何でもないと言われたら、まず引き下がった方が良かったのでしょうか?) すると、 練習もう行きたくない 練習行きたくないんだ うん。だって話せる人、明日学級閉鎖で来ないって ◯◯中の子? うん そっか、誰も話せる人居なかったら嫌だよね もう、行きたくない、◯◯が嫌いになりそうだ 嫌いになりそうなほど、行きたくないんだ 勉強もヤル気がおきない そうなんだ (今日は、家庭教師の日) 練習ついていけない? 別に 誰か嫌な奴いるの? 別に そうなんだ と、ここまで聞いて、これからどう聞いていいのか分からなくなり、そこで会話を止めてしまいました。 困っている理由を聞いたら、私も困ってしまい、今、どうしたらよいか自問自答しています。 今までなら、頑張って行く様に言うか、 「はぁ?今さら何言ってるの?」 「散々威張って来て、自分は行きたくないって⁉︎」 と酷い事を言うか(これは川西さんに出会う前ですね) 「じゃあ明日から行かないの?」と攻めるかだと思います。 本当の本音がまだある様な気もするし、私が行かなくてもいいんでない? と、自分の思いが通る様な気もするし… このまま黙っていたら、母さん何も分かってくれないと思われそうだし…。 これは、彼が学ぶ事で、私が先回りしては、いけない。 私への影響は何だろう? 周りに自慢したいくらい嬉しくて、成長できると期待していたのが、裏切られて、悲しいのか? 観る、聞くをやってみたけど、あと1歩ですよね~。 ちょうど、理由ある反抗を読み返していたところなんですよ。 いろいろと自己回想、自問自答、葛藤。 良い感じですねー。 な~~~んだか、不安になるんですよね。 話を聞いて、速攻の解決や笑顔を期待していませんか? 以前にもブログの記事で書きましたが 最後の質問がなくてもいいのですが。。。 うまくいった時ほど、この聞き方には「やってあげた感」がないんです。  

「聞く」の実践に、肩透かし感がある理由

人を育てていると、こんな場面に出くわします。 相手が、やる氣になってくれること。 意欲的に、取り組んでいる姿を見ること。 それを応援すること。 これらは、サポートのしがいがあります。 そして「やってあげた感」もあります。 これって、楽しいですよね^^ 反対に相手が悩んでいたり、何かに困っていたり、つまずいて動きがない事もあります。 そんなとき、氣が氣でなくなります。 何とか前向きになってくれないかと焦ったり、アドバイスしたりすることが、あります。 うまくサポートできたと感じて嬉しい時、うまくサポートできなかったと感じてめげる時もあるでしょう。 この違いは「人がやる氣になる時」というのが、関係しています。

人が「やる氣になる」のは、どんな時でしょう?

実は、じっくりイヤを感じたら、動けるんです。 イヤを感じやすくするために『聞くは鏡』になること! こんな風に困っているんだよ、と鏡になることです。 白いボールを、白いまま投げ返す。 アドバイスをしたり、前向きな発言のように、色つきボールを投げない! ことが重要です。 色つきボールに対応しようとして、反発したり反抗したりしていると、本人がイヤを味わえなくなるからです。 人は 「ああ~、いやだな~」と感じて ・・・・・しっかり感じて 「自分はこうしたいんだ!」と、本当の欲求に氣付きます。 どの選択をしても、認めてくれる人がいると安心できたら、自由に自分で決めることできます。 そして、やる氣を削がれることはありません。 挑戦しようとすることも、やっぱり「やーめた!」も、本人が決めることです。 上記の会話は、できていましたよね^^ お疲れさまです^^ 身内の話を『聞く』には、大きな期待をしない心持ちが必要ですね(笑) 身内の聞くは、やってあげた感がないほうが成功しています^^   コメントを残す    
一言多い人は「聞く」素質がある?とは、どういうこと?

聞く本質の中にある、聞く素質がある理由

人の話が最後まで聞けない。 ないしは、どうしても一言多くなってしまう。 こういった場合「私は、話を聞けない人だ」と落ち込む方も少なくないと思います。 しかし、落ち込む必要はありません。 もちろん今は聞けていない状態ですが、「聞く」素質がないわけではないんです。

『聞くの本質』って何でしょう?

聞くの本質は『観る』です! よく聞くスキルとして
  • おうむ返し
  • うなずく
  • 要点をつかむ
  • 気持ちをくむ
…etc. などが、あります。 そして本質というのは、これらの共通点です。 これらの共通点は『観る』です。 よく観なければ、できないことだからです。 よく『観る』は、表面だけではありません。 想像を膨らますことも、あるでしょう。 とにかく、よく 『観る』 これが聞くの本質です!

聞く素質がある

では、母親とは聞ける人なのでしょうか? 実は、お母さんは、 他者から一言多いとか、余計なことを言うよね~。 と、言われたことが、多いのではないでしょうか? また、ご自身でそのように、思うことがあるのではないでしょうか? どうしてその言葉がでてくるのか、知っていますか?

言いたくなる理由

それはよく観ているからですよ^^

観て

判断して 想像して 言わなきゃ 観て → 判断して → 想像して → 言わなきゃ! って思うでしょ^^ その「言わなきゃ!」の、『言う』ということだけをするから、反発を食らうのです。 「イヤだあーーーー」 「うるさい!」 「訳わからん!」 「ふざけるな」 などと、言われるのです(><)

愛情が愛情として伝わるように

観てるんだから観ていることを、まず伝えましょう^^ 折角観てるのに、勿体無い!!です。 愛情はあるのに、勿体無い!!です。   川西が提供している《《対話スキル》》。 これは、愛情が愛情として伝わるように、本質の対話スキルを修得します。 マニュアルやノウハウとは違います。 よく観るために色も使いますが、それは後ほど…。   聞くの本質は『観る』です。 一言言いたくなるのは、よく見ているからです。 見ていることを、先に伝えましょうね。   コメントを残す    
身内の「聞く」は、やってあげた感がないほうがいい?!(後編)

結果を焦らず「聞く」

前回の記事は親子のやり取りを書きました。   いろいろ質問して、聞き出したい気持ちをぐっと抑えたお母さん。 その後の報告です。 川西さん、 メール講座ありがとうございますm(_ _)m 結局、次の日の練習は休み、 そして昨日から行きました! あのやり取りの後、息子から 多分本音と思われる気持ちを 話してきました。 自信満々の周りを見て、 以前の自分がどんな風に見えていたのか 気がつく事が出来た様です。 川西さんの言う通り、 私が正論で言動を指摘しても 変わらなかったのに、 自分で感じて学んだんですね。 あのやり取りを振り返って、 本当に最後の3つの質問は、 私の聞きたい事を聞いてましたね(ー ー;) でも、その前に そのまま白いボールを返せたから、 息子がその後、 イヤを感じる事ができて、 過去の自分を反省して、 ヤル気が出てきたのですね。 メール講座にもありましたが、 その時の手応えが薄くても大丈夫なんですね。 私、あ~困っている息子を 聞く事ができなかったのかなぁと 思ってましたから。 今回は親子で学べ、 何だか大丈夫だと思えた出来事でした。 川西さんにメールして良かった~ ありがとうございましたm(_ _)m ということでした。 どう言葉を返してあげたらいいんだろう(><)と 悩む時は黙っていたらいいんです^^

「沈黙」の重要性

『沈黙は金 雄弁は銀』 という言葉をご存知ですか? スキルが使えないと思った時、案外『沈黙は金』ということが起こっています。 黙っていられないのは心配のあまり、相手が困っている状態を受容できないんですよね。 受容できていないと、あなたのことを認めていないということを伝えてしまします(><) 黙っている息子さんに 自分の気持ちを、落ち着かせるために、根ほり葉ほり聞かなかった。 (途中で止めれましたよね^^) だから安心して息子さんは、じっくり自分で「イヤ」を味わい、その気持ちを整理できました。 余計なことを言わないで、待つことができた。 このことで「自分をそのまま受け入れてくれる」と息子さんは感じた。 そして、お母さんを信頼して、話すことができたんですね。

話すと離れる

言葉にして話すことができると「モヤモヤした思考」や何かから、離れることができます。 本音が話せると…。 できない自分 偉そうだった自分 なんてことをしてきたんだ。。。 あんな言い方しなくても。。 とか この場合は プライドという”こだわり”から 離れることができたんです。 プライドなんかより 自分が上手くなることのほうが大事!! ね。 安心できる人に話すと、こだわりから離れることができます。 そして、本当の欲求に氣がつける。 すると「やる氣が湧く」んですね。

本当の欲求に氣付いた時、人は「邁進」します

本音が聞けたこと。 息子さんの成長を感じることができて、親として嬉しいですよね。 なんて返したらいいんだろう(><)と、悩む時は黙っていたらいいんです^^ 『沈黙は金』ですから^^ しかし、2~3ヶ月前まで、暴言を吐いていた息子さんとは、思えないですよね。 親が軸対話を意識して実践していると、荒れていた子どもさんの心は落ち着きます。 そして、意欲まで湧いてくるんですね。 やってあげた感のない軸対話ですが、実践すると確実に変化がおきますね^^ コメントを残す    
売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい
売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい!と思い、「冷静になろう」「相手のことを良いように思おう」「相手のことは諦めよう」「相手の性格を考えよう」と考えや思い方を変えるという手法を使っても会話が改善しないとき、どうしたら良いのでしょう?!  

喧嘩腰の会話を改善するとしたら

軸対話の会話だけを見ると受容的で寛容な言葉に聞こえます。 ですが、軸対話では他者に対してなんでも受け入れましょう、ということはしません。ですが勘違いをされることがあります。 この記事の文中の言葉は勘違いを生みそうな言葉があります。 ↓↓↓↓ ◇母が亡くなる前の葛藤と父との関係(機能不全家族) 文中の川西の言葉とは?
当時、未来子先生がお父さんは、お母さんのことで不安に思っているし、困ってるんだよと。 父に「母の事で困ってるよね。私は何を手伝えばいい?」と言ってあげればいいんじゃない?と言ってくれたのだけど   そんなことは、無理!!絶対出来ない!!あんな横暴なやつ!!父のワガママとしか思えない。 と、心がついていかなかったです(涙   軸対話では、嫌なことは強制はされないからしなかったんですけど。 でも、今やっと未来子先生の言葉が受け入れられるようになりました。
と読むと、川西がお父様を思いやって受容しましょうに聞こえますよね。(注:カスミン研究員は、この時点では分かりませんでしたが後から気づかれています) このような言葉を言うと「そんな受容なんてできない!」と、よく言われるので、そう聞こえるんだろうな~という自覚も私にはあります。 おそらくこれから川西が伝えることは実感として腑に落ちるには、軸対話の実践を積んで自らが体感しないと理解できないかもしれませんが、説明します。  

売り言葉に買い言葉では解決しない

お父様はお母様のことに関していつも逃げの体勢で娘にああしろ!こうしろ!と命令しています。 命令されると反発できるような大人になれば反発します。 こうなると、、売り言葉に買い言葉の攻防戦です。 売り言葉に買い言葉ではいつまでも解決しません。 こうやって反応し合うということは、本当の欲求はいがみ合うことではないということが傍目からは分かります。   いがみ合う、反応しあうということは、お互いに無関心ではないわけなので別に欲求がある。 きっとそれは、、、本当は協力し合いたんだろうな~と思えます。   協力し合いたいという欲求があるのであれば軸対話なのですが、これは実践が難しいんですよね。  

売り言葉に買い言葉をよく観察すると、、、

お前、娘なんだからなんとかしろ!   そんな娘って、お父さんの奥さんじゃん、 お父さんがお母さんに無理をさせたからでしょ! 娘にフルなんて、ずるい!     ずるいとか関係ない! 子どもは親と血が繋がってるし世話になってるんだ! 子どもが親の世話する方が当たり前だ!   と、まあ、こんな感じでしょうか。 売り言葉に買い言葉の状態の言葉をよく観察してください。 あなたメッセージのやりとりになっています。 あなたメッセージにあなたメッセージで返している状態というのは、相手の困りごとを自分に引き受けて自分も困っています相手の困りごとを引き受けている間は解決しません。  

自分の困りごとは自分にしか解決できない

困りごとというのは、困っている本人にしか解決できないんです。 そして自分が困っていると自覚しなければ、自分で解決しようと動きません。 ということは、本人が自分が困っていると自覚する必要があるんです。 自覚してもらうためにアクティブリスニング をした方がいいのです。 だから   お父さん、困っているよね。 なんです。もっというと お母さんが居なくなりそうで不安だよね。 アクティブリスニング をするということは、相手の問題を相手に預けるということです。 で、相手自身の困りごとを相手に預けたまま解決の手助けをしています。 アクティブリスニング は解決の手助けをしているわけなので、聞く条件が整っていない場合、実践はできないので難しいといえば難しいし無理に相手の話を聞く必要もありません。 セリフはアクティブリスニング だけではありませんでした。 もう一つは、「私は何を手伝ったらいい?」と伝えています。 これは何を伝えているのでしょうか?  

困りごと解決への行動は自分で動いてもらう

もう一つ「私は何を手伝ったらいい?」 という言葉についての解説です。 これは自分のスタンスを伝えています。 相手を指摘せずに自分で動いてもらうためです。 ですが、相手をコントロールしようとはしません。 あくまでも自分を伝えるだけです。 「私は、あなたのサポートはします」というアイメッセージです。 おそらくカスミンは、お父様から命令ではなく、お願いされたり頼まれたり、できる範囲で協力して欲しいという話し合いができたとしたら手伝うつもりです。 でも現状は、 子どもなんだからするのが当たり前と思われている ということは、お父様は自分の困りごとの解決さえも避けて丸投げしています。 丸投げ・・・自分の困りごとを自分で解決しようとするのではなく相手に解決してもらおうとしているんです。 「丸投げする考えはおかしい!」と言いそうになりますが、「あなたメッセージ」で指摘して攻めている間は何も伝わらないし、相手は意固地になっていくばかりです。 この丸投げ状態を改めてもらうには、相手の当たり前という思い込みを外す必要があるんです。 自分自身のスタンスを伝えれば、相手の思い込みに直接触れることなく相手の思い込みを外せます。 そして自分の困りごとを自分で解決しようと動くことになります。   いかがでしたか? あのフレーズ「母の事で困ってるよね。私は何を手伝えばいい?」内訳です。 「優しくな〜い」と思われましたか?笑  

軸対話に優しさは要らないのか?!

アクティブリスニング とアイメッセージ、相手を包み込むような優しさがありましたか? 実は全然優しくないんです。 優しくないので相手に対して 「優しく、思いやりを持って、もう歳なんだから諦めてあげたら」という思い方や考え方を変えたからといって軸対話が実践できるわけではありません。 だからと言って「冷たくなれ」と言っているのでもありません。

軸対話が実践できるようになるには?!

実践するには、優しさが最初に必要なのではなく自分をフラットにすることと自分の明確化(自分軸)です。 ということは、実践しようと思うと内観力、自己対話力の方が必要です。 しな軸では、吐き出しワークや自分会議と言っています。 この自己対話力が身につくので、自分が明確になります。 カスミン研究員もこの事例の後、同じような思いが募って苦しくなったので、がっつり向き合うことになり、今はすっかりお父様と仲良しです。 実は軸対話が実践できるようになるには、優しさが要らないわけではありません。 相手との関係で無関心にはなれない何かの思いは必要です。 これを優しさというのかどうか分かりません。 ・他者との関係を大事にしたいと思えるか ・自分を明確にすることが楽しいか、 ・セルフコントロール力を欲しいと思っているか どれかでしょうね^^     まとめ 売り言葉や買い言葉の攻防戦では解決しません。 軸対話を実践すると相手との関係は改善します。 お互いが自立していくでしょう。 そのためには自己対話力が大事です。  
互いがわかる、仲裁役になるために

お母さんという立場は、仲裁役になることが多いと思いませんか?

世のお母さんの多くは、 子ども と 子ども 子ども と 夫 子ども と  先生 夫 とその親 子ども と 近所 この間に立って、右往左往していますよね。 それはもう、自分のことを忘れるぐらい(^^;

仲裁役になるポイント

仲裁をしようとするときは、人が怒っているときです。 しかし『怒っている』ということに反応すると、仲裁役ができないんです。 仲裁役のポイントは中立!です。 絶対に、どっちが正しいとか、どっちが間違っていると、ジャッジしてはいけません^^ これがポイントです。 また「しなやか自分軸」では、「仲裁役」と言わず「仲介役」と言います。

仲介役を通して「聞く」の効果に驚く

先日このようなほう奥をいただきました。 報告です! 子ども同士のいつも喧嘩に対して、仲介役を実践しました! 聞く効果にビックリです^^ 先日はSkype有難うございました! 自転車の場所の取り合い。 コップの取り合い何度かありました。 【A】:娘(みゆ) 【B】:息子(かず) 【C】:私 【A】 また! みゆの真似ばっかり! コップこれが良いの。 【C】 そーだねー… みゆのまねするね。 【B】 かず、ねーねー好きもん! こっちが良い。 【C】 かず、みゆのこと大好きだね。 でもみゆは、真似されるの嫌だね。 【A】 嫌じゃないんやけど、自分で考えて欲しい。 【C】 そっか! かずくんに考えて欲しいのね。 かずくん出来るかなぁ? 【B】 できる! コップはこれ使う。 【A】 ほらぁ出来てないやん! まだ言ってる‼ 【C】 ねー。 まだ言ってるねー。 かずはこっちが使いたいんだ。 【A】 みゆが先に使うって言ったのに。 真似しんといて。 【B】 かずに貸してー。 【C】 かずくん貸して欲しいなぁ。 みゆは真似されて嫌やしなぁ… 私はそろそろ温かいコーヒー飲みたいし、入れてきてぃー? 【A】 ぢゃー帰ってくるまでに、かずにコップ貸しておくわ。 【C】 えっ?いーのー? 【A】 うん。 使いたいんやろ? それで、みゆが使うの見て、また交換するのは嫌やけど、今は貸しておくわ。 【C】 えー? 有難う‼(すっごー。奇跡‼︎) 分かりにくくてスミマセン.. 思わず..えっ三( ゚Д゚)と 静止してしまいましたが.. コップの取り合いも 自転車の場所争いも 子どもたちが何を思っていて、 何が嫌なのか、 いままでより、 少し近づいた気がしました。 コップへのこだわりかと 思っていたのですが、 真似が嫌やったんですね。 自分がこれがいいと思ったのに、取られる気持ちやったんやー。 と、やりとりを見ていた夫との会話も、楽しめました‼ もぉ!今日は寒いから ブーツ履きたいのに‼ 何で買ってないの!と 子どもから言われて..凹んでいたら、 主人に『被害妄想入ってるょー』と 気づかされて、 まだまだだなぁと 思うことも有りますが.. とりあえず聞く! 一歩一歩頑張ります‼ ええ、そういうことです。 一歩一歩。 少しずつでいい^^

「聞く」ということの基本

聞くは、相手の氣持ちを解読すること。 相手の鏡になって 今思っていること 今考えていること を、伝えることです。 聞くことを、相手に同情し同意し、受け入れ、取り込むこと。 と思うと、 相手が思っていること、考えていることが、自分と違う時は、心がしんどくて聞けません(><) 聞くは鏡になること! 相手と同じになる必要はありません。 意見をジャッジする人でもありません。 仲裁という言葉が、紛争を収めたり解決するイメージがあります。 だから、ジャッジしようとしてしまうのかもしれません。 仲裁というより、話の仲介をするだけでいいのです。 アクティブリスニングの応用編として、実践してみてください。   コメントを残す    
自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。
本日、息子に頼まれてショッピング同行なり。   お母さん、一緒に来てくれへん なんでも好きなん買ったらいいやん。 もうだいぶ色にも慣れてきてるし。 いや、ちょっとちゃうねん、聞きたいことあるねん   ということで、同行時間の短縮のため今回は下見は自分でしてもらうことに。 そして、決める時に同行することとしました。 今回は、
  • 大学で使っているカバンや靴の検討
  • 色物のカットソウ
  • 春秋の薄手ジャケット
など。  

ショッピング中の会話

息子曰く、、、 これとこれに迷ってる。 こんな感じがいいけど。 こんな感じはイヤやねん。 う~~~ん、決めかねるねん、なんでやろ?   という言葉を一つ一つ言語化するのが私の役目でした。笑 すると、、、   あああああ~そうか!! だから合わへんと思ってたんや。 だから好きなんか!よう分かったわ   ということでした。 以下は言語化の一部です^^ 全体的に|自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。 【全体的に】
  • いかつい感じのラッパー風は自分の好みじゃない。
  • だからと言って模様がなさすぎると シンプルすぎて面白くない。
カバン|自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。 【カバン】
  • ゴツゴツしたリュックは、ほっそり体型にはカバンだけが目立つようで持っていて恥ずかしい。
  • 四角い感じはビジネスマンみたいでイヤ。
  • 四角いものより丸みがあって上にはふくらみがない方が、身体にしっくりくる。
  • 顔や体型の骨格ラインに近い方がしっくりくるから好き。
靴|自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。 【靴】 ああ、シンプルな方がいいけど、ありきたりなのもなんだかな~と思う。 細かい網目の靴はカジュアルすぎて服の好みと違う。   靴は好みのブティックに置いてある物を、参考にするといいよ。 なんで? 基本的に服に合いやすいものをチョイスしてあるから、選んで間違えることはないし、センスに統一感が出るから あ~~そうか。 などなど。 言語化すると息子が言います。 あああああ~そうか!! だから合わへんと思ってたんや。 だから好きなんか! よう分かったわ。 ということでした。  

「なんとなく」を言語化する

クライアントの装いのショッピング同行も同じです。 なんとなく自分で分かっているんですよね。 でも、、、 なぜいいのか? なぜ良くないと思っているのか? これらについて、言語化できない感じがモヤモヤして自分が分からないんですよね。   なんとなく・・・これ、すごく大事です!   専門家でありコンサルタントから見るとイヤの共通点、好みの共通点が見えるんです。 だから… クライアントの「なんとなく」を言語化すると、腑に落ちます。 「なんとなく」を言語化する作業は、アクティブリスニング ですよ^^ で、結局、息子。 自分を知りたいがために、私と一緒にショッピングがしたかったようです^^  

「なんとなく」自分が分かっている

昔から「なんとなく」という感覚が大事だな~と思っています。 自分の「なんとなく」は、最初はわからなくても「なんとなく」の感覚を覚えておくんです。 そして、その共通点を見出すと、必ず自分が明確になります。

顔も会話も一緒です。

なんとなく、つい考えてしまう。 なんとなく、大きな夢を持つことより、日常に目が入ってしまう。 なんとなく、競争してしまう。 なんとなく、行動しにくい。 これらは思考と行動です。 そして脳科学でもあります。 この「なんとなく」は、無意識の情報です。 そしてまだ言語化されていないけれど、自分にとっては大切なことです。 この「なんとなく」は、軸対話での会話を観たり、観相学での顔を観ると、 「ああああ~だからかあ~」と、うなずけます。   自分の感覚に自信を持ちたい方は、お越しくださいね^^ 詳細は↓↓↓   コンサルタントとは。 その道での豊富な知識と情報を体験を通して検討し、適材適所の応用ができ、多数のアイデアを持っていることが大事だと思っています。 インプットしている数が半端ないので言語化できる。 ということは、アクティブリスニング は、経験を積めば積むほどしやすくなるのかもしれませんね。   コメントを残す  
あなたのせいで不快な思いをしました!
  あなたのせいで不快な思いをしました! と言われた時、どう対応しますか?   あなたは「あなたのせい!」と言われたことがありますか? もしあるのなら、その時、思わず「ごめんなさい」と言ってしまった。 ということもあったかもしれません。 そして後から、どうして謝ってしまったのか? と、不甲斐ない思いを感じこともあったかもしれません。 言葉を見極めて対応ができると、いつも清々しい気持ちでいることができます。 今日の記事は「軸対話 上級編の対応」ですし、長いです。 こんなこともできるようになると思って、お読みくださいね。  

謝らないほうが、お互いスッキリする場合もあります

先日こんなことがありました。 以前の受講者さんから突然、フェイスブックにメッセージが来たんです。 ご無沙汰してます。 Dです。 お元気ですか? ちょっと教えてもらいたいのですが、Sさんという男性とFacebookで共通の友人になっていたのですが、どんな方なのかご存知ですか? 面識のない方からのお友達申請はお断りしていたのですが、未来子さんと繋がっていたので大丈夫かと承認してメッセージをしたら、会いたいとしつこく誘われて急いでブロックしました。 初めてのことにショックを受けて、 来月は講座予定なのに、気分が悪くて…。 すみません。未来子さんが悪いわけではないのですが…。 そして、未来子さんの大切な友人だとしたらすみません。   このようなメッセージが突然送られてきたら、あなたはどう答えますか? そんなことがあったの、気分が悪かったね。 ごめんね。 と、言いますか?

メッセージの本質を探る

Dさんのメッセージを振り返って、主語を入れると、このようになります。 あなたに教えて欲しいことがあります。 Sさんをご存知ですか? あなたを信じて繋がったら、しつこく誘われて不快でした。 初めてのことにショックを受けて来月講座なのに気分が悪くて あなたのせいではないだろうけれど あなたの友人を傷つけていたらすみません。 全体的にDさんのメッセージは「あなたメッセージ」です。 何が伝えたいのか、今ひとつ分かりません。 文章は丁寧に伝え、思いやりを持ちながら相手を攻めています。 謝ってほしそうでもあります。

イヤだ困ったを保有しているのは誰?

これ、どっちが困っていると思いますか? 相手が困っています。 表面ですが、要約してみます。 するとこうなります。
  • Sさんってどんな人ですか?
  • 未来子さんを信頼して承認して、えらい目に合いました。 とても不快なので一言申します。
これをアクティブリスニングすると、こうなります。 信頼して承認して、えらい目に合いましたね。 不快な気持ちが残っているので、 きっかけを作ったと思う人に一言、言いたいんだね。   「あなたメッセージ」で、自分が困っているのではなく、困らされた! と思っている人へのアクティブリスニングは、文章だけだと勘違いされそうです。 無言になるか、嫌味に聞こえてしまいかねません。 そんなつもりで言ったのではない! と突っ張って来るかもしれません。 もしかしたら、攻撃してくるかもしれません。   そこで、私が困ったとして… 困った時のアイメッセージにしてみます。 Dさん自身でのメッセージのやりとりの不快感を私に報告されても、私はどう困ればいいのかいいのかわからず困惑します。 というように私が困って伝えることもできますが、伝えても伝わらないでしょう。

イヤだ困ったを抱える人に関わるか、関わらないかは自分が決められる

ここでは、相手が困っているので、氣持ちを聞く聞き方をしてもいいのです。 ただこの時、関わるかどうか、すぐには決めていませんでした。 しかし、なぜこんな分かりにくいメッセージをしてくるのか興味もありました。 明確にできるなら、明確にしたくなってきました。 そこで、自分の友人関係についてのスタンスを、アイメッセージで伝えました。 すると わかりました。 お騒がせしてすみませんでした。 今後の申請は気を付けます。 プロフィール写真にいいねされて気持ち悪くて。 愛する夫と暮らしてますと返信しても誘ってきたので、その時点ですぐにブロックしましたが、顔写真の出ていない人とは繋がらない教訓にします。 京都に住んでるようなのでとりあえずは安心ですが、それさえも疑ってしまう。 便利でもあり不便でもあり。ですね。   【解説】 おそらく「自分が不快であること」が、伝わっていないと思ったのかもしれません。 だからこんな風にイヤでした。 と告げているようです。 これはどの事実がどうイヤなのか、あいまいですし、 誘われることがイヤなのか、断ることがイヤなのかも不明です。 以前の受講者生さんですし今後、心の仕事もしていく可能性のある方なので、この返信をもらい、絡むことに決めました。  

軸対話で関わることで、相手の「軸」が明確になり始めます

この後、関わると決めて、6往復の会話をした後の、受講生さんと私の会話です。 わかった! 誤解されるとか、ルールとかもあるけれど、夫のことを大切に思っている、夫を裏切るようなことをすると心が痛むからですね。 あ~! そうですそうです! 面識のない興味もない人と会うことで、夫の心を傷つけることになるようなことを、私はしたくないのです。 それに一番私の心が傷つきますのでご了承ください。 どうですか? すっきりしましたか。 なるほど そうですね。 そうすれば良かったのですね~。 急いでブロックして、全て削除しちゃいました。 心を理解してもらったほうが、良いと思うのよね~^^ かなりスッキリしました。 どうもありがとうございます💕 心臓がバクバクして動揺することでテンパりました。 一方的にブロックする前に、 きちんと伝えることが大事ですね。 理解してもらえることを願って。 それでもしつこいようであればブロック。 京都在住も本当かどうか、顔写真も出してないので信用できないですけども。軽率でした。 ご迷惑おかけしてすみませんでした。 いえいえ、わざわざ私に伝えたということは、モヤモヤしているんだろうな~と思ったのでした。 受講生さんですし、これから伝える立場になる方だと思うので対応しました。知らない人に教えてあげてね^^   で会話は終わりました。 この会話、最初の時点で川西が謝っていたら、決してたどり着けない会話でした。 曖昧なものを、曖昧なままにしない。 関わる時にはしっかり関わって、対話をする。 これは「軸対話」の応用編です。  

あなたメッセージの中に、本当の原因はない

あなたメッセージで相手が伝えている場合、キッカケや原因と思うことは、他者であってもそこが問題ではないんです。 自分の心が分からず、自分を知りたくて叫んでいます。 常識か思いこみに隠されて、自分の大切な想いに氣がついていません。 これは自分軸に意味付けベールがかかって、自分が見えない状態です。 「常識でしょ」は、相手も同じ常識があればいいけれど、ほぼそうではない。 そんな場合は、自分固有の想いを伝えたほうが、伝わります。 自分もスッキリしますしね。 相手の中に解決策があり、人には必ず軸がある。 それが見つけられない時に人は、イライラモヤモヤします。 しなやか自分軸、 自分で見つけられるといいですよ^^ 人にしてあげることもできますしね^^  

あなたメッセージであれ、行動には「目的」がある

ところで、Dさんのメッセージの本当の目的は何だったのでしょう? 行動には目的があります。   今回は。。。 Sさんってどんな人ですか?と尋ねていますが、 Sさんを知りたいわけではありません。   断ることへの罪悪感でも、 断ったことでの川西への心配でも、 友達をちゃんと管理してください!という指示でも、 誘われた時の会話をどうにかしたいでもないんです。 じゃあ何なんでしょう?   私今、何がなんだか分かりません。 心の余裕を失っています。 何とか取り戻したいんです。 どうしたらいいんでしょう? 助けてください! なんです。

心の余裕を作りたいなら、自分をしっかり見つめる必要がある

あなたメッセージの場合
  • 助けを求めてメッセージしたことに、氣がついていない場合がある
  • 自分を見つめる心の準備があるのかどうかも不明
  • ただ言いたいだけの場合がある。 関わって途中で、逃げ出す人もいます。
それでもいいのですが、そんな時は時間をロスした氣分になります(^^; こちらの心にも余裕がないと聞けません。 込み入りそうな時は、カウンセリング料として基本的に有料。 だから確認しながら少しずつ話を進めます。

人には「上辺の目的」と「本来の目的」がある

人の言動や行動には、必ず「目的」があります。 人は「イヤ」と思うと、「言う」か「黙る」という手段にでます。 その手段が「上辺の目的」である場合、望む結果にならないんです。 Dさん、川西に言っても、川西は謝らないし、関係ないとかいうし…。 当初の望む結果と違ったはずです。 そして例え、川西が謝ったところで、心は晴れなかったはずです。 それは「本来の望む目的」ではないからです。 本来の目的は、心の余裕を作りたかった。 からです。  

アイメッセージを作る理由

前回作ったアイメッセージ。 誘ってくる相手に、伝えても伝えなくてもどちらでもいいんです。 伝えるためにアイメッセージを作ったわけではありません。 じゃあ何のため? 何のためだと思いますか?

アイメッセージを作って見えてくること、わかること

断る勇気のためです^^ (正確には落ち着いてアイメッセージで断る) 断る勇気を支える。 自分軸を明確にするために、アイメセージを作ったんです。 Dさんの本来の目的は、心の余裕を作りたい! でしたよね。 そしてDさんは、大事な仕事を前に、心が動揺するようなことに時間を奪われることがイヤなんです。   ということは…。 具体的な欲求を阻害されているので、軸(欲求・価値観・感情)が明確であれば言えるはずなんです。 自分軸が明確だと、落ち着いて対処することができます。 断る勇気を支えるんです。 だからあの時、アイメッセージを作りました。

言えば済むことが言えない

きっぱり返事をしていれば、尾を引くことはありません。 言うと誰かを傷つけるのではないかという心配や不安 これ思い込み   嫌われるのもイヤだな これも思い込み   自分が本当に大切にしたいことが見えていない 自分軸が不明   イヤだなと思う相手に誘われた時、一言「興味ありません!」と、キッパリ言えていたら終わることです。 キッパリ言えなかったのは上記のように、世間の常識かDさんの思い込み。 そして誰に何を大切にしたいのか不明だった。 だから
  • あいまいな断り方をしていることに氣がつかない
  • これを言ったら通じるはずだ
  • ハッキリ断わったら相手を傷つけるかもしれない
  • いい人でいられなくなる。。。
  • 知り合いの知り合いだし…。迷惑をかけてはいけない
でもイヤだ! ああ~もういいー! ブロック!! ああ~でも、迷惑かけたかも…。 ゼロかイチの対応をして、モヤモヤする…。 で、川西が当初 断り方を知りたいのなら「この人たちが恐れていることは、何だと思う?」 と投げかけた質問をスルーしています。 ということは断り方を知りたいのではなく、断る勇気を与えてくれる、自分の軸となる想いを知りたかったんです。 そしてキッパリ伝えた後でも、何かを言われるようなら、理由を支える想いをしっかり言えばいいですよね。 それもどこまで言うかは、自由なので究極のところまで具体的にしました。  

大切なものを、大切にするために

自分らしく生きるために、断る勇気を持つ!! だから、 「かなりスッキリしました」っておっしゃったんです。 でも、本人はここまで氣がついているかは不明ですよ(^^;

誰の中にも「軸」はある

誰の中にも自分軸はあるんです。 それに氣がついていない(><) でも氣がつける手段が軸対話であり、アイメセージを作ることです。 自分で自分に問いかけることができるようになると、作れます。 そしてサポートするなら、相手が作れるように問いかけることができるといいですね。   自分が本当に大切にしたい想い・・・ 自分軸が明確になると、キッパリ言えるはずです。 そして、サクサク思考が整理ができて、対応が速やかにできれば、心に余裕ができやすですね。 誰の中にも自分軸はあるんです。 ちゃんと氣がついてあげましょうね^^

返事はアイメッセージで

もう一度、Dさんが考えた返事を回想します。 あなたの発言は私にはとても不快でした。 (あなたによって不快にさせられた) これ以上のやりとりをしたくありませんと伝えます。 主語があなたメッセージです。 相手はどこに住んでいるのか、ただ聞いただけで、不快にしたつもりはない。 と思って押してくるんです。 なので。。。。 どこに住んでるん?ーー 面識のない人に、住んでいる場所を聞かれても、私は答えません。(私は~答えない) ないしは 面識がない方と、仕事以外でのやりとりに興味がありません。(私は~興味がない) いつもどこで遊んでる?ーー 面識のない方と、これ以上のメッセージのやりとりは、大事な仕事を控えて時間のロスをしたくないのでお断りします。 (私は~時間が大事) もし私に興味をもってくださるのなら、私の仕事の応援をよろしくお願いします。 では失礼します。 いかがでしょうか? 伝え方はそれぞれです。 常に正直なアイメッセージで返事をしていると、心にわだかまりがなく晴れやかです。 多分ここで、氣持ちの処理も終わっているでしょう。 氣持ちを引きずるとしんどいので、その時その時で処理できるようになるといいですね。

攻められたと感じても関係ない

もう一度確認します。 人から攻められたように感じた時は、相手の言葉の主語に注目してください。   お氣付きですか? Dさんと川西のメッセージのやり取りで、川西が登場していないことに? 川西のことは最初のメッセージだけで、あとは全然登場しません(笑) 登場しないということは、不快な気持ちに川西は関係ないということです。 「関係ないと、思えたらいいけど・・・・」と言う方は、過去回想プログラムが必要です。

解決を焦らない

イヤ困ったは、本人しか解決できません。 解決したいと思った時が、成長するタイミング。 そのタイミングがいつ来るか、本人しか分かりません。 自分を見つめる決心がつくまで、こちらも解決してあげようと、焦ることはないのです。 人の成長の邪魔をしてはいけない。 お互い少しずつ成長すればいい。 だから一気に解決する質問ではなく、問いかけなんです。 少しずつ確認しながら話を進めるんです。 軸対話思考マップもあるので、訓練でできるようになりますよ。 人のサポートをする前に、自分でアイメッセージが作れるようになると清々しいですよ^^

覚えておくといいこと

人間の基本原則

  • 人は外部コントロールを嫌う。 人は人からコントロールされることがイヤです。
  • 心を分かってもらいたい。 心を分かってもらいたいし、心に氣付きたい。 (心=感情&欲求&価値観)
  • その行動には目的がある。 表面的な目的と、本来の目的がある。
なので相手に伝えたいのであれば「あなたメッセージ」ではなく「アイメッセージ」がいいですね。 お互いがスッキリしますよ。   コメントを残す    
入学早々、怪我をし手術、入院その辺りから不登校になりました。どう対応したらいいのでしょう?
子どもが学校に行けない、行かない状態の時の親の対応の仕方を教えてください。と言われたら、、、結論から言うと、困っているのは親ではなく子どもなので、子どもの話が聞ける親になる必要があります。 と言うと「子どもの話は聞いている、聞いているのにどんどん話さなくなるし、状態は悪化している」と言われます。  

子どもの心が閉じるのはなぜ?

本当の聞く=アクティブリスニング が、できている場合、子どもが心を閉ざすことはありません。 心を閉ざしているということは、子どもの話が聞けていないということです。 ですが相手が大切な人であればあるほど、愛情があればあるほど、人は相手の話が聞けません。 子どもの話しは、親に聞ける条件が整っていないと本当に難しいんです。 https://rakubicoco.com/post/base-knowledge/jikutaiwa-basebase14     一番大切なことは、親が子どもの話が聞ける状態になること、その第一歩は、親の心配など心の状態を明確にして、何が大切なことなのか?!親の軸を確認します。   この事例は、親御さんから相談を受けておられる立場でどうしたらいいか?ですが、カウンセラーではないので親の話を聞くというより、子どもの味方になって話を聞く聞き方をお伝えしました。   お母様からの子ども情報から、親がよくしてしまいがちな対応をされています。これね〜知らないと、やっちゃうんです(><) 親が悪いわけでも愛情がないわけでもありません。 何度も言いますが愛情があるからこそ間違えるんです。 今後の対応の参考になるので解説します。      

事例:入学早々、怪我をし手術、入院その辺りから不登校になり、今、辞めようか?編入しようか?という状況になっています。

  川西さん、何かよいアドバイスはないですか?   柔道部出身で、高校一年生の子がいるのですが、入学早々、怪我をし手術、入院その辺りから不登校になり、今、辞めようか?編入しようか?という状況になっています。私も一度話をして、その後は両親から余り刺激しないようにということで会ってなかったのですが、昨日、お母さんとLINEをしたら、あれから進展が無いようで・・・。今度会って話をしてみようと思うのですが(話の内容も無いのですが)川西さん、何か良いアドバイス無いですか!?   現状のお母さんの分析(LINEより) ↓↓↓   迷ったのですが……。本人の精神状態をお伝えします。他人の視線が全部自分を見てると感じる、特に同年代の子から。自分に自信がない。頭も悪い、太っているから。楽しそうな人を見ると、イラつく。     現実逃避しなければ、ストレスが溜まるので、楽しいことをする、嫌なことは考えない。なので、家族や先生から現実的なことを言われるとイライラが止まらなくなって、誰も信じられなくなり嫌いになる。そうなると、すべてを人のせいにします。誰とも会いたくないと引きこもって、ゲームする。優しくしてくれる、理解してくれる人にだけ、しゃべりたい。     膝のほうは、ウォーキングもたまに誘うのですが、現時点では20分も歩くと膝がガクガクしてフラフラする状態です。柔道は恐怖心のほうが強くて、あきらめているようです。     H先生のことも嫌いです。本人のなかでは信用出来ない先生になっています。練習では指導してもらえず、ケガした時は道場で寝ていたから。     こんな病的状態です。気分が悪くなると、何を言っても逆らいます。気分が良くなるように、そのつど黙って愚痴を聞いて、褒めるとこなくても褒めて、頑張ってると認めながら、聞く耳がみえて来たら、考え方の軌道修正してはのこの数ヶ月でした。なので、難しい状態です。   長くてゴメンなさい(ーー;)   ======================== ケガをした子どものお母様から、相談者さんは信頼されていますね。     今、子どもに必要なのは、 何か役にたつ良いことを言う人ではなく、 子どもの心を理解しようとしてくれる人の存在です。       もし会うことができれば、 言動や様子をしっかり観察してください。 親や身近な人が話しが聞けない場合、 話が聞ける専門家に頼むことをお勧めしてください。       それと身体の状態も診て 安易に薬を出さない信頼できる医者の存在も必要です。 川西のクライアントであれば紹介して 身体的な異常はないかチェックしてもらいます。     脳のアレルギーやホルモンの異常で他者の視線や言動に対して過敏な反応になる場合もあるからです。 信頼できるドクターとは、なぜホルモンの異常が起こるのか?!そこまで突き止めてくれるドクターを私は紹介しています。       身体や脳に異常がなければ。。。。。。  

ケガも不登校もH先生も恐怖心も本当の問題ではありません。

  ケガをしたからと言って、皆が不登校になったり、恐怖心がでるわけではないんです。 恐らくケガもH先生も恐怖心も本当の問題ではないでしょう。   学校が子どもに合っているのかどうかを知りたいところですが、そこまで踏み込むことは、今の時点ではできないので、お母様情報を解説します。     >他人の視線が全部自分を見てると感じる、特に同年代の子から。自分に自信がない。頭も悪い、太っているから。楽しそうな人を見ると、イラつく。   →他者の視線がきになることが異常かどうかの判断はできません。思春期など自我が確立できていない時には他者の視線や言動が気になります。楽しそうな人を見てイラつくのは、今の自分が不甲斐ないと思っているからでしょう。            

なぜイライラするのでしょう?

家族や先生から現実的なことを言われるとイライラが止まらなくなって誰も信じられなくなり嫌いになる。   →なぜイライラしているのでしょう? そんなこと言われなくても現状は分かっているからです。   現状は分かっていても 自分の感情や 本当は何を求めているのか 本当は何が大切なのか 具体的な自分が分からないのです。   言われたい言葉はそんなことじゃない!とイラついています。 だから誰も信じられないのです。         大人はなぜ現実的なことを言うのでしょう?   現実が見えていないから行動ができないと思っているのではないでしょうか?   現実に立ち向かえないのは、現実を見ようとしない、心が弱いからだと思っていそうです。       じゃあ心って何? 心は何のことを言うのでしょう? 心を示すものは何? 心を無視しているのは誰??       周りが躍起になって子どもの心を観ず、落ち込んでいる状態をアップさせようとする、そして機嫌をとろうとすればするほど抵抗するのは、自分の心を無視されて大人がコントロールしようとするからです。人は外部コントロールを嫌います。 それは、順調に育っている兆候とも考えられます。 心は正常です。病的ではありません。      

褒めたり教えたりする対応がいいことだと思っています!?

気分が悪くなると、何を言っても逆らいます。気分が良くなるように、そのつど黙って愚痴を聞いて、褒めるとこなくても褒めて、頑張ってると認めながら、聞く耳がみえて来たら、考え方の軌道修正してはのこの数ヶ月でした。なので、難しい状態です。   親として私はこんなにやっている。 こんなにやっているのに子どもは変わりません。 ということですね。 褒めたり、軌道修正しようとするから、このままの状態なのです。     でも対応の仕方なんて知らないんです。 良かれと思って、ほぼ反対のことをしています。      

今、困っているのは誰?

  気分が悪いのは、どっちが困ってる?   子どもが困っている時に親の考えを伝えようとしています。 対応は子どもの心を解読しようとすることの方が大事です。     愚痴ばかり言っててもしょうがないででしょ。 と思ってしまい、しっかり聞けていないのではないでしょうか?   褒めたら自信ができて気分が変わると思っていそうです。   頑張っていることにフォーカスしたら自信が回復すると思っているのではないでしょうか?!   今の考え方ではダメだ、そんな考え方ではこの先どうするんんだ!と言って、今の状態をちゃんと見つめようとさせていないのではないでしょうか?!   ならば、現実を見せていないのはどっちなのか?!です。       気分を変えようと躍起になり、 こんなことをしてあげたらいいのかな、 こう言ったらいいのかな、 そうやって先回りしてお膳立てしようとするから、 自分のことが分からなくなっているのです。    

人のせいにするのは、、、。

  >すべてを人のせいにします。   人は自分のことがわからない時、すべて人のせいにします。 そして自分の気分を変えてくれるのは自分ではなく、他のものや他者だと思っています。   誰かが自分の気分を変えてくれる。 そう感じさせている対応をしているから、今を感じることができなくて人のせいにします。     自分を見つめて自分を味合わないといけない状態です。 その状態の時に、他者の言うことに反発しないといけない言葉をかけられ、視点がいつも自分ではない他者に視点が向くような接し方をされているから先に進めないのです。    

じゃあどうするのか!?

  今のネガティブな状態をしっかり味あわせてあげてください。 できれば彼の奥の氣持ちが聞けるアクティブリスニングができるといいでしょう。     そのためには         彼はどんな氣持ちで日々を過ごしているのでしょう? 彼はどんなことが言いたいのでしょう? 彼の心の叫びは何でしょう?       今はこう思ってるんだよね。 今はこう言いたいんだよね。 今はこんなことが気になるんだよね。       彼の心の声を聞いてあげてください。 しっかり味わえるように聞いてあげてください。 もうこんな状態は充分だ!先に進みたい! 今をしっかり味わえれば 人は先に進みたくなります。         子どもをどう支えたいのでしょう? 子どもの心に注目してあげてください。             人が悩んでいる時は最初は人のせいにするものです。 それが言い尽くせたら本当の氣持ちにフォーカスできます。 本当はストレス発散ワークをさせてあげたいぐらいですけどね。^^         子どもが困っていたら聞く!(アクティブリスニング)     心を聞く!!     これだけで充分なんですよ。       但し、身体に異常がなければです。     健闘を祈ります!!       Yさんのどーんとこい!の感じが相手に安心感を与えます。 また様子を教えてください。 聞くことは実況中継のような聞き方です。相手をよく観て、観たことを言葉にする。相手の鏡になる聞き方です。お母様のお困りの気持ちも余裕があれば聞いてあげてください。親なりにわからないなりに頑張っておられます。       それからひと月後、       姫♪お盆は楽しくお過ごしですか!?私の息子たちも帰ってきて久々親子トーク弾んでいます次男の柔道部の同級生達(例の学校いけない子も含むね)も久々に集まってトークしたようです。音信不通の例の子もお母さんを通じて声を掛けもらったら、なんと来る!ってΣ(゚Д゚)お母さんもビックリしたようで、大変喜んでました♬ちょっと晴れてきたかな♪良い方向に行ってくれるといいです♡こんなたわいのない話でスイマセン。ちょびっと報告です。楽しいお盆をお過ごしください。     というやりとりをして、、、2年後の本日。その後を聞いてみました。     結局学校を辞めて定時制高校に入りました。そして定時制の柔道大会に出場いきなり全国3位♪今は2年で今年の全国大会はベスト8 『全国優勝して大学へ行こう!』と本人も町の道場にも練習に来て頑張ってます。今はご両親も一安心というところかな…。本人も前向きに頑張ろうという感じです♪     柔道継続、というか継続以上ですよね。すご〜い^^ ここまでくるには、ご両親の葛藤、親子での言い争いもあったそうです。 子どもさんに柔道があってよかった、Yさんという人が関わってくださってよかった、親子間だけで乗り越えることが大事なのではなく、人との繋がりを感じながら乗り越える経験って宝ですよね。 どんな温かい人になってくれるんだろう?!な〜んて期待したりしてしまいます^^ Yさん、報告ありがとうございました。    

親も子どもも悪くない

子どもが不登校であったり、やる気を失っている状態の時に、親が声をかけると反抗したり反発したりします。その状態を見て、親は病的な状態だと判断しますが、よ〜く話を伺うと子どもは正常です。   親は、子どもの機嫌を良くしたい⁉︎ やる気を出させたい⁉と躍起になり、褒めたり言い聞かせたりしています。これは軸対話を知らない場合、ありがちな対応です。   誰も何も悪くないし、親の教育が悪いわけでも心が弱いわけでもありません。   軸対話を知らず複雑にしてしまっているだけです。   次回から不登校シリーズでを書きますね
被害者意識を払拭し、自分の人生は自分で築くことができると実感しています!
4ヶ月間の「しなやか自分軸コンサルティング」を終了された方からの感想を、いただきました。 夫との会話に悩み、その改善法がわかればいいと思っていたなおさん。 蓋を開けてみると、自分のことを知る日々。 深く見つめようとすると、よく「怖い」と仰っていました。 ですから自分の見つめ方をアドバイスしながら、無理せず進めました。 どんな自分を知り、どのように自分の人生を自分で築くことができると、実感できるように変わられたのでしょう。 なおさんの感想をご紹介します。  

自由に自分らしく生きるために、夫とどう会話しよう〜と思っていたら、、、、

未来子さん、4カ月間大変お世話になりました!! 自由に自分らしく生きるためには、どの様に夫とコミュニケーションをとったらいいかを知りたい。 という理由から、私は軸対話の講座を受けようと思いました。   夫婦喧嘩   当初私は「コミュニケーションの方法がわかればいい」ぐらいにしか、思っていませんでした。 しかし、蓋を空けてみたら、そこには、自由に自分らしく生きたいと願っているにもかかわらず、自分の人生の舵を自分で一切取らず、人にまる投げしている私がいました。 それは「人生が思い通りにいかないのは、人や環境、境遇のせい!」と嘆くだけで、自分の人生を自分で築くということを放棄している私でした。  

私に気づく2つのきっかけ

自分の人生を自分で築くということを放棄している私の姿に、気付くきっかけになったことが、2つあります。

自分で自分を、不自由にしていたものは?!

1つ目は、過去編のコンサルティングでの、未来子さんの言葉かけがキッカケとなりました。 それは、軸対話で対応が出来ない私に対して、未来子さんが「配慮されたいんだね」と言って下さった言葉です。 最初、その言葉を聞いた時、「配慮されたいと思ってはいけないの? 配慮されるのが当然でしょう!? 配慮できない人が悪いんじゃないの!?」と思いました。 しかし、今までの人間関係を振り返ってみると、私は自分のことしか頭にありませんでした。 相手から配慮されることばかりを求め、そして配慮が得られないと拗ね、相手のことを責めるだけで、自分から相手との関係を築くということを放棄していました。 私は、相手に配慮を求めれば求める程、自分で自分自身を不自由にしていっていたのだと思います。  

軸対話は解決が早すぎて、抵抗したくなる!?

2つ目は、軸対話であっさりと悩みが解決した時に、抵抗感を示す自分がいたことがキッカケとなりました。 それは、私は悩みを相談しているにもかかわらず、解決したくない自分に気付いたからです。 「夫が悪い!私はひどいことをされている!」と、夫を責めて、自己憐憫に浸っていたかったのです。 講座前半にやった会話チェックシートを読み返してみても、悩みを解決する前の私は、被害者の視点でしかありませんでした。 私が求める唯一の解決は、自分の正当性が認められる事と、私の望むように夫が変わることでした。 なんて、ひどい生き方!  

自分の会話を見ると、心理学で知っていることと現実が結びついた!

今までカウンセリング等で、被害者意識のことを学び、理解しているつもりでしたが、本当の自分の在りようには気付いていませんでした。 と言うよりも、被害者のままでいられなくなってしまうから、気付きたくなかったのかもしれません。 私は、変わりたいと思っていたにもかかわらず、変わりたくなかったんだと思います。  

自分で自分に聴く力がついた!

自分の在りように気付いたからと言って、被害者意識がなくなる訳ではありません。 それは吐き出せていないことがあるのかもしれませんし、習慣なのかもしれません。 いずれにせよ、軸対話を学んだことにより、今は被害者意識に陥っても、その場に一旦とどまり、自分は何がイヤなのか、本当はどうしたいのか等、自分に聴くことが出来るようになってきました。 軸対話がなければ、また被害者意識を抱えたままだったと思います。  

自分の人生は、自分で築くことが出来る!

最後に、軸対話は【自分の人生は自分で築くことが出来る】ということを教えてくれました。 そして、その意味がわかったことにより、自分の抱えている怖さが減ったように思います。 自分の人生の舵が、自分で切れないと思うと怖いですもの。 また、今となっては、自由でいたいなら、自分で舵を取らないとねとも思います。 人に任せていたら、自由になれませんものね。 軸対話の習得は、地道な作業で、そして今まで経験したことのない思考や行動をとるので、エネルギーを必要とします。 しかし、自分に帰っていく作業のトレーニングだと思って、また、その先に出会う自分や人間関係を楽しみに続けていきたいと思います。 最後まで、見守り、お付き合い下さいまして、本当にありがとうございました!! これからもどうぞよろしくお願い致します!   なおさん、感想ありがとうございます! 一見、ネガティブな自分ばかりを知ることになっていますよね。 なんだか辛そうです。 なので質問させて下さい。 自分で自分自身を不自由にしていたのだ、、、 と自分の負の部分を認めることは辛いですよね。 よく乗り越えられましたよね。 なぜ乗り越えられましたか?     辛いというよりも、逆に言えば、自分で自由にすることが出来るとわかり、自己効力感が持てたという感じです。 乗り越えたという感じはないです。 自分の姿を認めざるを得なくなったという感じでしょうか。 それは、軸対話は、自分を明確にしないと出来ないですし、また自分の足で立たないと出来ないからだと思います。 正直、まだまだ、吐き出しワークも、軸対話も練習の積み重ねが必要だと思っています。   自分を知ることは辛いことではなく、自分が自分で自由にできると言う自己効力感に繋がったのですね。 ああ~思い出しました! 自分のことを見つめる段階になると、よく「怖い」と言われており、「そこを見つめなくても、こちらから見つめるだけでいいですよ」と、見つめるポイントをお伝えしていましたね。 確かに乗り越えなくていいですね。 自分で自分に聴く力つくと、自分の味方を得たようなもの、自分サポーターが増えた感じですね。 コンサルを依頼してくださった方は、オンラインアカデミーにて1年無料でフォローしますので、どんどん利用して下さい。 感想、ありがとうございました。    

無意識を意識化していく素晴らしさ

最後になおさん、4ヶ月間、お疲れ様でした。 本当に頑張って会話の記録をされ、川西の突っ込みコメントに怯むことなく、果敢に挑まれた努力の賜物が、今のなおさんに繋がっています。 配慮されたい自分に気づいたなら、相手が配慮しやすいように「私を率直に伝える」。 その結果、相手の行動は相手に任せます思い通りではなく心通りの結果は必ず手にすることはできます。 軸対話は解決が早すぎる、、、 そうですね、対人関係で悩む期間を最小限に留め、自分のしたいことにシフトしていくようにプログラムされていますから、早いですよね。 それに抵抗感があったんですね、勉強になりました。 軸対話の習得は難しいですが、実践できないことが分かることや質問するポイントが分かるだけでも習得できていると言えます。 今までは無意識で、対人関係を壊す対応の仕方や、自分を追い込む対応をしてきました。 それに気づけると言うことが、どれだけ大きいことでしょう。 無意識を意識化し、改善していける日々が待っていますね^^

軸対話は 【自分の人生は自分で築くことが出来る】 ということを教えてくれました。

大変心強い感想、本当にありがとうございます!  
頼まれごとがを断りきれない時、どうしたらいいのでしょう?
家族からの頼まれごとを、断りきれずに、つい応じてしまう。 応じると、自分が予定していたこともできないから困る。 更に自分が、ないがしろにされているようで悔しい。 でもいつもイヤなわけではない。 いい時もあるので、自分でもどうしたらいいのか分からない。 日々の行動は、その時の気分や状況によって変わります。 そんな時にどうすればいいのでしょう?  

優しい親Mさんのお悩み

説明をわかりやすくするため、相談内容をA~Cのブロックに分けてみました。 【A】 子ども(27歳)からの頼みごと(車での送迎)を、断っているのに押しつけられた。 子どもの言うこと(遅刻しそう)に、応じてしまう。 いつも喧嘩しながら応じている。 その喧嘩ばかりの日々もイヤだ。 喧嘩を辞めて我慢するのもイヤだ。 言っても言っても子どもの行動は直らない。 どう会話したらいいのか分からない。 【B】 子どもからの、頼まれごとについて。 頼まれてもいい時と、そうでない時もあるので、強く断ることができない。 【C】 このままだと、なんだか子どもの”しもべ”にでもなっているような気がする。 自分が大切にされていないような… ”いい親”をやめたいと思っているけど、辞めらないでいる。 カウンセリングを受けて色んな人から、そんなことは放置でいいのに… と言われても放置ができず、甘い親になっていて、どうしたらいいのでしょう? という、頼まれることがイヤではないような、曖昧な状態で、ご本人は困っています。 どのように解決していくのでしょう?  

具体的な困りごとと、精神的な困りごとを別ける

この相談事、具体的な不満と、精神的な不満が混ざっています。 こういった傾向はこの相談者だけでななく、大概みなさん、混ざっています。

具体的な困りごと、精神的な困りごとの区別をつける

具体的な困りごとですか?精神的な困りごとですか?   【A】には具体的な不満が隠れています。 【B】には具体的なこと、精神的なことがミックスされています。 【C】の”しもべ”とか、”大切にされていない”とか、”いい親”とか、”甘い親”とか、放置する親を”ゲスな親”とでもいうのでしょうか、これら全て精神的な不満です。

【C】の精神的なものから、先にしようとするから解決しない

多くの心理療法は、解決策を精神的なものや、考え方や捉え方を変えることで解決しようとします。 しかし、日々の不満は、精神的な不満だけを取り扱っていても解決しにくいのです。 精神的な不満だけを取り扱っているから、同じようなことが繰り返されます。 その繰り返しがイヤだと思うなら、具体的な不満に焦点を当てて解決していきます。 具体的な困りごとを先に処理

様々な手法も適材適所がある

要は、相談内容によって手法は選ばないと混乱します。 悩みの内容に適した対処法
  • 精神的な不満を、精神的なものだけで解決しようとしない!
  • 課題分離など考えや、捉え方のみで解決しようとしない!
  • 日々の対人関係は、事実と具体的なものに焦点を当てる!
 

事例より検討する

彼女の事例は、少しややこしくされている(後ほど説明)ので、川西親娘の会話で解説します。 ▼出来事 先日私は娘に用事を頼まれました。 薬剤師の免許証授与の期限か迫っているので「代わりに京都府庁に行って欲しい」といいます。 この暑い中、私は気が進まないし、なんとなく、すごく行きたいわけでもない。   ▼会話 えー暑いじゃん、暇じゃないんですけど そこをなんとか えーやだ。 フレックスだし有給もあるし なんとかしたら行けるじゃん。 えー有給使うのやだ! お盆休みに彼氏と旅行行くもん! うーん、そうだなぁー、 一週間食器洗いとか、 えーそれは疲れて出来ない日がある 約束できないからダメ うーん 交通費とカフェ代で◯000円でどう、 えー、じゃ有給取ろうかなぁー、 、、、、いや、やっばり払う! お支払いするので行って下さい! しゃあないなぁー   という事で、京都府庁まで行って来ました。 実は、そんなに嫌じゃなかったんです。 (Mさん事例とすこ〜しだけ似ているな~と思っていました) 暑い以外は、なんとか時間も作れそうだし 京都に居ながら、府庁には縁がなかったし どんなところか興味もすこしあった。   でもなぁー、自分のものでしょ。   私は自分で取りに行ったし なんとなーくイヤだったので 速攻OKの返事はしたくないし キチンと頼まれたいし   という自らの欲求を満たす為の会話でした。笑 なんてことはない会話ですが、自分が明確でないとできない会話でもあります。 30分かなり短縮版の軸対話ではありますが、二人ともが慣れてくるとこんな感じです。 何がポイントかわかりますか?

川西母娘の会話事例の解説

具体的な内容に、焦点を当てています。 具体的なものというのは、時間、エネルギー、お金、自分自身の行動です。   頼みごとに対して
  • 相手のためにどれぐらいの時間を使うことができるのか?!
  • どれぐらいエネルギーを使ってもいいのか?!
  • どれぐらいお金を使ってもいいのか?!
  • それはしたい行動か?!
お互いが、具体的なものを天秤にかけながら、アイデアを出しています。   川西
  • 用事終了までにかかる時間
  • その時間は作れるのか
  • その方面で、二つ以上の用事はないか
  • 日程的にどうか
  • 最低限この金額がなくなるのはイヤとはどれぐらいか
  • 有給や早退することでのリスク
  • 有給の使い道
  • プライベートで大事にしたいこと
  • 日常の生活エネルギーの使い方
  • 金額との兼ね合い
  もう少し付け加えるなら。 相手と自分が天秤にかけているものと、精神的なもののバランスも考えるといいですよね。 私としては、二十代の自分を振り返った時、彼氏との休日が大事なことは、大事だな~と共感したりしてね^^ 二人の関係で、何を優先事項とするのかは違ってきます。 これらは会話してみないと、わからないということです。 会話して譲歩しあって、どちらも勝つ話し合いができるといいですよね。  

具体的な不満を解決すると、精神的な不満も解決する

精神的なことも大事です!! と言われる方がおられます。 勿論、大切ですが、曖昧なままでは相手に伝わらないですよね。 精神的な不満の場合、自分の何を明確にしたらいいのでしょう?   精神的なこととは
  • 自分は大事にされていない
  • ”しもべ”のような”召使い”のような気がする
  • いい親、甘い親をやめたい
これら、それぞれに対して問いかけます。
  • 自分の何を大事にされていないと、大事にされていないと感じるのか?!
  • どんなことをどう言われると、召使いのように感じるのか?!
  • いい親とは何を指し、甘いというのはどんな対応の時なのか?!
  これらに答えると 結局、具体的な不満を明確にしていくということになります。 なので具体的なことから、優先的に明確にしたほうが良い。   精神的な不満は、具体的な対処をしていくうちに解決されて行きます。   具体的なこととは、 時間、エネルギー、お金、自分の行動。 ご自身に被害者意識がある場合は特に、自らの行動を見直して軸対話してみましょう。

まとめ

結局大事なことは、自分の明確化なんですよね^^ 多くの場合、相談者の方は、相手が変わってくれたら解決すると考えます。 相手が変わるのは、自らがしている行動で、大切な相手がどれだけどのように困っているのか? という影響が理解できる。 しかも自分自身はさほど困っていない。 もしくは、自分の困りごとは、自分で解決しようと思えた時に行動が変化します。   相手が変わるのは、いつになるかわかりません。 それにどれだけ困らせているのか理解できなければ変えません。 ということは、困っている自分が、自らを伝えようとしなければ変化は起きないのです。 逆にいえば、自らを明確にし伝えれば、相手が自ら行動を変える可能性は期待できるということです。 しなやかにね^^   コメントを残す  
好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩

「好きなことをして生きる」という言葉の呪縛

好きなことをして生きよう! そんな風潮がある昨今、その言葉にいつの間にか縛られ、このような悩みが生まれた方がおられます。
  • 好きなことって?
  • 好きなことで生きていくなんて無理
  • 好きなこと仕事がわからない
  • 好きなこと仕事にしたいけど、外野がうるさくてできない
  • 好きなことの見つけ方がわからない
  • 好きなことがわからない
  • 好きなことがないんです
  • 好きな趣味もない
  • 好きなことをするって、そもそも何?
  • 好きなことが、気づいたらなくなっていた
軸対話のカウンセリングを受けた方も、同じように
  • 好きなことをして生きるのは無理
  • 夫は私が好きなことをすることがイヤなのかも
  • 私の自由は奪われてしまう
とお悩みでした。 しかし、軸カウンセリングを進めると、
  • 軸対話にも覚悟が必要
  • 自分の想いを伝える事は、自分を生きる事
  • 自分がどう生きたいかが明確になると、闇雲に怖さに振り回されなくなる
  • 少し自信がつきました
といった覚悟と、目的と、自分の変化と、期待の言葉を寄せてくださいました。 では、軸カウンセリングがどのように進んだのかをご紹介させていただきます。  

好きなことをするために、夫と別行動をしたいが、言い返されるのが怖く伝えることもできない

お寄せいただいたお悩み 私はいつも自分の自由が奪われていると感じます。 私は好きなことやしたいことをしたいけれど無理なんです。 きっと夫は私に好きなことをされることがイヤなんだと思います。 今まで心理療法も受けたり、カウンセリングも受けました。 少しは心が楽ですが、いざ目の前の人と会話するとなると怖さが先にきて夫との関係が改善しません。 休みの日、いつも夫に合わせています。 夫と別行動をしたい、、、 でもいいにくい、、、 勇気を絞って言っても言い返されたり 怒られるのも怖いんです。 夫がまた病気になるのでは?!と思ったりもします。 と言われています。

好きなことは、どれぐらい好きなことでしょう?

この好きなことができないという悩みを受けて、軸カウンセリングではまず、 夫にどのように伝えているのか、会話を記入してもらいました。 すると… あなたのお休みの日なんだけれど、京都から友だちが来るので会いたいの。 度々会えないので、今回会いたい。 皆さんはこの言葉を、どのように見られますか? 特に問題のない普通の会話言葉のような、感じもしますよね。

伝える内容は、相手との関係によって、伝わらない内容にもなる

相手との関係がいい場合や、お互い好きなことをすることを容認している場合は、この内容でも良いのです。 そうではなく、相手との関係が良くない場合や、好きなことを容認し合っていない関係の場合は、内容が漠然としていて伝わりません。 漠然としているということが、わかりますか? 漠然としているということは、こういうことです。 好きなことや、したいことが、どれぐらい大切なことなのか? がわかりにくい これを踏まえて、もう一度伝えた内容を見てみましょう。 あなたのお休みの日なんだけれど、京都から友だちが来るので会いたいの。 度々会えないので、今回会いたい。 この言葉を読んで、下記のことが伝わっていますか?
  • その人はどんな人なのか?
  • なぜその場所なのか?
  • なぜ、その日なのか?
  • その時間がどれぐらい有意義なことなのか?
  • 夫の心配は何なのか?
  • 夫はなぜ、心配をするのか?
  • 夫は、何を心配しているのか?
全てが曖昧で、漠然としていることに、カウンセリングをしながら徐々に気づいていかれました。

好きなことをすることも、誰と一緒にいることが良いかも、自分で選ぶ自由がある

この人と一緒になったから、私は好きなことができない。 この人が怒るから、私は好きなことができない。 私の自由は奪われる。 と、よく聞きますが、ここで確認です。
  • それは本当に、好きなことなのでしょうか?
  • その好きなことは、本当にしたいことなのでしょうか?
  • その好きなことは、どれほど好きなことなのでしょうか?
好きなことを具体的にしっかり伝えた。 しかしそれでも尚、好きなことを止められる。 ということは、 私の好きなことを制限する相手と一緒にいることを、選んでいてもいいのか? といったことの検証も必要です。   検証した結果、「好きなことを制限する相手と一緒にいることを選ぶ」理由が「経済力」という場合もあります。 そういった場合は、その理由と関係を具体的に見ることで、選択肢が広がり、前に進むこともできます。
  • 頼ることがいいのか
  • 頼らない道を選ぶのか
  • 頼る頼らないではなく、協力し合うのか
そういったことを、自分で自由に選ぶことができます。 まず私を伝えてみる。 それでも反対されるなら、今後も一緒に過ごす相手なのかどうか検討することも大事なことです。 好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩

好きなことの呪縛から解放され、冷静に自分を見つめることができる軸カウンセリング

このように軸カウンセリングを進めた結果、クライアントからこのようなメッセージが届きました。 今日カウンセリングを受けて、 自分の想いを伝える事は、自分を生きる事なんだなと思いました。 軸対話にも覚悟が必要ですが、一つ一つやっていこうと思いました! 自分がどう生きたいかが明確になると、闇雲に怖さに振り回されなくなるかもしれませんね。 ということでした。  

怖さや不安は、軸の明確化と会話シュミレーションでの練習で解消できる!

本当に伝えたいことや、自分軸を明確にする。 相手との会話シュミレーションをして練習をする。 そうしていくことで、怖さや不安より「やってみたい」「伝えてみたい」という気持ちの方が先に来ます。 すると伝えることができます。 好きなことで生きていくなんて無理?アイメッセージは、自分を生きる第一歩

好きなことをするために、具体的なメッセージを伝えると

このクライアントは、軸カウンセリングで好きなことを具体的にし、アイメッセージを伝えられました。 その結果報告を、このようにいただきました。 夫が安心できるように伝える努力が出来て、少し自信が付きました。 夫は、「ん」「ん」「ん」と小骨が喉に詰まったような返事をしてましたが、それ以上特に何も言いませんでした。 何も言わなかったのは、ここのところ飲み会や友達と遊びに行ったりと自分の用事が多かったからかもしれませんが、感触はいいように思いました。 こうして伝えることを練習しながら行動に移すことで、心理療法では解決しきれなかったことを解消していきます。 今回のクライアントの場合、夫は一緒に過ごす相手のようですね^^ 私を伝えて、自分らしく生きる! 私を伝えて、一緒にいたい相手も決めて、生きましょう!   しなやかにね( ̄ー☆ コメントを残す    
甘ったれで、子どもっぽくて、大人になれないダメな私で良かったんですね
自虐的な発言の多い夫との関係を改善したい! コンサル中のなおさんの事例と感想です。 いくつかの対応策を乗り越え、残るは… 弱音を吐く夫の言動が許せず、話を聞けないと言われます。   軸対話では聞きたくなければ聞かなくてもいいのです。 しかし「対応しない自分はもっとイヤだ!」とおっしゃいます。 ですから「対応できる人になりましょう!」 ということでカウンセリング&コンサルをしました。   夫への対応、 どう対応することになったでしょう^^ その前に感想です^^  

大人な対応を止めよう!原始脳を活かそう!

まずは、なおさんからの感想をご覧ください。 なおさんからの感想 こんばんは。 昨日はありがとうございました! 未来子さんのカウンセリングを受けて、今まで自分の立ち位置が違っていたこと(新しい脳のままカウンセリングを受けたり、心の学びをしてきたこと)に気付き、驚嘆しました。 今さらですが、原始脳の私が叫ぶ必要があったんですね(^-^;) 吐き出しワークの講座で、原始脳と新しい脳のことを学び、「うん♡うん♡」と感心していたはずなのに。。。 ちまたでも、【本来の自分で生きよう】みたいなキャッチフレーズが溢れていて、「そだねー♪」と共感していたはずなのに。。。 原始脳の私は、何処に追いやられていたのでしょう。 昨日のカウンセリングで、未来子さんより「こう言うの」「ああ言うの」とアドバイスを受けても、初めは 「いやいや、そんなの、私のキャラじゃありませんから」 「私、そんな元気な子どもじゃなかったし。陰気な子どもだったし。」 と抵抗していましたが、アドバイス通り言ってみると、 「あれ!?自分の気持ちが出てくるかも。こっちの方がしっくりくるかも。」 と思いました。 甘ったれで、子どもっぽくて、大人になれないダメな私は、立派な大人にならなきゃと思ってきましたが、ならなくてもよかったんですね。 そもそも、私は甘えん坊でした。   そうですね~、甘ったれでいいですよね。 本来の自分はどんな人なのか?!によりますが、そもそも本来の自分って何?は、軸対話がないとわかりにくいですよね。   未来子さんより「こう言うの」「ああ言うの」とアドバイスを受けても アドバイス内容は、因みに、アイメッセージです。 このアイメッセージを、甘ったれていると判断するかどうかは人によりますけどね(^^; 軸対話を大人対応だと思ったら、違うんですよね~。 軸対話を深めると、だんだん自由な子どもになっていくんですよ。 アイメッセージは特に子どもの要素を持っている人の方が、いいやすいですしね^^   そして最終的に、夫への対応は… 「それって、じゃれあったほうがいいじゃん」 ということになったんです。笑 なぜそうなったかというと… 聞けない自分にフォーカスして過去に戻ってみたときに発見したんです。

指令!夫婦でじゃれ合うように^^

聞けない自分にフォーカスしていくと… 過去のある出来事に戻ります。 その出来事の時に、言いたかったことを呟いてもらうと… 夫の言動とリンクするんです。 ということは… 一緒に同じようなことを言い合ったらいいということです^^ で、さっそく実行されました。 すると、、、 じゃれ合い、まだ出来る範囲ですが、いいかんじです♡ おなじみの「俺のことどうでもいいんだぁ」に、アクティブリスニングをして自分の気持ちを甘えるように伝えると、それ以上くだを巻かなくなりました。 その上なんだか嬉しそうです。 私の心は軽くなりますし。 甘えん坊の達人になるには、練習が必要ですがいい感じです♡

相手の言葉は困っている状態とは限らない?!

「どうせ俺なんか、、、」と聞くと相手が困っていそうですよね。 でも「どうせ俺なんか、、、」という言葉が言える関係って、どんな関係だと思いますか? 冷静に考えてみてください。 「どうせ俺なんか」という言葉が出せるということは、この言葉を吐いても
  • 拒否されないか
  • 気にしてもらえるということが保証されている
関係だということです。 夫はあなたのことを拒否しない人だと思っている。 あなたが、離れないことを知っている。 だから「どうせ俺なんて」が、言える。 これはご本人が困っているかのような発言ですが、悩みを整理したいわけでも悩んでいる気持ちを汲んでほしいわけでもありません。 ただ構ってほしい、関わってほしい、そして私から離れないことを確認したいのです。 何か不安があるのでしょうが、まだそこには至っていません。 もしあるとすれば、この確認作業が終わってからの本題でしょう。 なおさんは子どもの頃、母親に対してこんな思いを抱いていました。
  • 一緒に遊びたかった。
  • 寂しかった。
  • 高い高いをして欲しかった。
  • 戯れたかった。
でも言えなかった。 言っても相手にしてもらえないと諦めていた。 二人共が安心安全な場所を確認し合いたい。 甘えても許される場所を確保したい。二人の想いは一致してますよね^^ それに、なおさんも関わりたいのだから、じゃれあったらいいじゃん🎶ということです。^^

じゃれ合いも軸対話で

じゃれ合いも軸対話でしたほうが関係は良くなります。 軸対話でのじゃれあいを入れた会話例をご紹介しますね(*^▽^*) ▼ 例1 (私) ゴミ階下に持って行ってくれる? (夫) どうせ俺はゴミ同然ですよ。近所の人は旦那さんがかわいそうと言っているよ。 (私) へー、自分のことをゴミ同然と思っているんだ(アクティブリスニング)。 私は思っていないのに、そんな事を言われたら悲しい(アイメッセージ)。 私はただ手助けして欲しいだけなのに。どうせ私の気持ちはゴミ同然ですよー ▼ 例2 (夫) 〇分に駅に着くから迎えに来て~ (私) やだー。夜遅くて怖いもん。 (夫) 俺は迎えに行ってやってるのに。もういいっ!俺のことなんてどうでもいいんだ。もう帰らないからな。 (私) 帰らないんだー(アクティブリスニング)。 寝ないで、わたっちの帰りを待っているのにー。 さみしいな、さみしいな(アイメッセージ)。 さみしい私のことなんてどうでもいいんだ。 【注意点】 じゃれ合いなので深刻にしない^^ イメージは猫になったつもりかな~、   練習は必要だそうですが、だんだん自分の心が楽になっていると報告を受けています。 もちろん、時と場合、事実によっては、じゃれ合うのではなく、しっかりと伝えなければいけないこともありますし、しっかり聞かないといけない場面もあります。 それらの区別も軸対話で出来るようになります。   【対応のポイント】 頭で理解していても聞けない場合は、聞きたくない何かがあります。 そんな自分を理解してあげたいですよね^^ その何かは… 過去の何かとリンクして、何かを気づきたいか?!育ち直しをしたいか?!というのが考えられます。 他に、相手が困っている状態ではないのに聞こうとしているという場合もあります。   今回は、どれも共通していましたね^^ 要は、区別をつけて対応する!! しなやかにね( ̄ー☆ コメントを残す  
見守る子育てがラクになる。見守ると見張る(監視する)の違いから分かる絶対外せないたった1つの習慣
よく「子どもを見守りましょう」と聞きますよね。 見守る子育てというものですね。 そして、そうだと感じつつも、ついついこんな風に気になっているかたもおられるようです。
  • 見守る子育て』というより関わろうとしてしまう。
  • 見守る子育て』のつもりが見ていなかった。
  • 見守る子育て』より『放置する子育て』がいい!?
  • 見守る子育て』つもりが『見張る(監視する)子育て』をしていた。
気になるので、 「これでいいのかなぁ~」と思ったり、 「出来ないなぁ」と思ったり、 「こんな考え方の方がいいのかも?」 と思考がウロウロしてモヤッっと感が心に残ってしまう。 そういった方のために今回は記事を書きました(^^)/ 思考がウロウロして定まらないと感じているときは、言葉の定義から具体的に見ていきましょう。 『見守る子育て』とはどういうことでしょう? 『見守る』と『見張る監視する)』はどう違うのでしょう?

「見守る」と「見張る(監視する)」子育て

では同じことを単語を置き換えて、見ていきましょう。 勉強をしているか見守る。 勉強しているか見張る(監視する)。 友達とどんな風に遊ぶのか見守る。 友達とどんな風に遊ぶのか見張る(監視する)。 う~~~ん、言葉的には、あまり大差がないように思えます。

見守ると見張る(監視する)子育ての違い

遅刻しないか見守る…? 遅刻しないか見張る(監視する)遅刻を「いつからしなくなるのか」と見守る こんな風に置き換えてみると、徐々に見えてきます。

見守るとは

相手に対して 相手の行動がいつ変化するのか 相手のペースで観ているのが見守る。

見張る(監視する)とは

相手に対して、 思い通りに動くのか、動かないかを観ているのが監視。 だね。  

「受け入れられないことを『見守る』」を考える

遅刻魔の息子との会話から思い出した、スッキリしないままの「見守り」

先日、大学生になった息子とこんな会話をしていました。 あの頃(小6)、遅刻してたよな~。 と言うか、授業には遅れていないけれど まあ、ひどいよな~ まあ~ひどかったよね。笑   ええ、本当に酷かったんです(^^; 学校まで2~3分のところに家があり、夏休み以降、ほぼチャイムが鳴っている最中ぐらいに家を出て学校に行く日々。 学校から怒られるかな~と思いながら、特にお咎めもなかったので放置していました。 しかし、正直… 「これ、いいの? この状態、、、どうよ」とは思っていました(汗)

イヤ(受け入れられない・受け入れたくない)だと思いながら見るのは、モヤモヤする

私は、相手の行動に対してイヤだと感じているんです。 別に受容しているとか、許しているとか、そんな気もありません。 「イヤだな~」と思っています。 でも
  • 相手の行動だし
  • そのうち何か困るのも相手だし
  • 困ってから気づいても特に大きな問題もなさそうだし
  • 今のところ相手は困っていなさそうだし
  • 私も直接何か困ることもない
それと私自身が、 遅刻する息子を見ていることがイヤかどうかわからなかった。 と言うモヤモヤもあり様子観察です。 何が伝えたいかと言うと、、、、

「見守る」と「見張る(監視する)」子育てには、共通点がある

人というのは、イヤだと思った瞬間は、イヤなものを観ようとするんだな、ということです。 『見守る』子育てにしても、『見張る(監視する)』子育てにしても 相手の行動を見ていることには変わりない。 『見守る』子育てにしても、『見張る(監視する)』子育てにしても 相手の行動を見て「イヤだ」と感じているから、目で追うのでしょう。 中には、イヤなことではなく微笑ましい行動であったり、好きだから目で追ったり、ということもありますが、お互いにとって可もなく不可もなければ、和やかに『見守る』ことができることもあります。^^

見守る子育てのために、見るのをやめる、見ないようにすることの盲点

ここで重要なことは「イヤだと思いながら見るのはイヤだ」と思うと、そのイヤを無くそうとするか、観ようとしなくなるということです。 すると… 見えなくなることもあるんです。 見えなくなると『見守る子育て』は難しいです。 気にしていないと観れないんですよね。  

「見守る子育て」になる、「見張る(監視する)子育て」を手放すために

こんな風に思いながら、自分と相手とを観察していると、、、、 わかったんです!! 私は相手が遅刻することがイヤなのではなく自らの生活習慣や、自分の体調管理ができない姿を観ているのがイヤだったんです。   中学1年生の時は、慌てて家から出て自転車事故を起こしたこともあり、事故るぐらいなら遅刻して欲しいと思いました。 遅刻の優先順位が下がりました。 事故るぐらいなら遅刻して欲しい。笑   でもですね~ 中学2年になって、遅刻について親子で反省文を書かされたときには「私は反省文なんか、書きたくない!なんで親のせいになんてされるんだ!イヤだ~~~」とは言いました。笑 その頃には、遅刻することより、生活習慣が気になっていました。 ですが、よ~く考えると、生活習慣も自己管理も成人するまでにできればいいかな~と思っていたので、長い目で見守ろうと決めました。

【ココ重要】 見守る子育てをすると決めても、イヤがなくなるわけではない

だからと言って、イヤがなくなるわけではないのです。 (あっ、しつこい?!) 「あああ~またゲームに夢中になって寝不足だよね、部活もあるのに身体持つのかな~、だからね、、、熱出るじゃん、成績、下がってるじゃん、いつ復活するんだろう?」 とブツブツ思っていましたよ。笑 (吐き出しワークは必須なわけです(^^;) 一周回って、やはりイヤだと思っているから見守れるんですよね。 いちいち気になる自分を面白がりながら、、、。笑

軸対話でポイントを抑える、見守る子育て

軸対話を知らない時や修得をしていない時は、、気になるよな~と、過ごしていました。 しかしこれは、ポイントの抑え方が分からなかったんですよね。 ポイントを抑えるということは、相手のサインを見逃さないということなのです。 サインさえ見逃さなければ、あとは放置でいいんですよね。 まあ、、、、放置と言いながら、やはり気になると目で追う。笑   気になるイヤから自分の軸が明確になれば、イヤは宝だし、 気になるからこそ、観察もできる。 まあ、それはそれでいいんじゃないでしょうか^^   今日この記事を読んで気づいた方もおられると思いますが、ポイントを抑えた見守る子育てに必要なことは、「吐き出しワーク」です。 だって、イヤはイヤなのですから(笑) そのイヤに正直になりましょう。 今回お伝えしたように、ぶつぶつと日々思っていたからこそ、自分の軸を明確にしつつ相手も見守る子育てができるのです。 吐き出しワークを習慣化するからこそ、見守れるんです。 しなやかにね( ̄ー☆ コメントを残す    
【事例Q】LINE中に彼から話しかけられ気まずくなりました。

会話しにくい状態に!? 思考整理と対応法

この会話は、相手を非難してるわけではないので
  • 関係性がいい
  • 相手が困っている状態ではない
という場合は、特にこじれることはないとは思うのです。   しかし、今回は
  • 夫の被害者意識なのか?!
  • 思考癖なのか?!
非常に会話しにくい状態になっています。   そんな状態の時に、どう思考を整理して対応したらいいのかをお伝えします。  

否定しているつもりはないのに、相手が無言になってしまい困惑

相談者:なおさん 関わりたい相手:夫 夫からの自己否定の言葉に悩まされている相談者のなおさん。 今回は自己否定の言葉はなかったのですが、会話をしていると無言になりました。 私は何を間違えたのでしょう?自分なりに考えてみました。 軸対話で考えるとどうなりますか? とご相談をいただきました。 何が起きたのでしょう? 詳細はこちらです。

【LINE事件】

私がLINEをしている時に、夫が今度二人でごはんを食べに行くお店について問いかけてくる。 夫がせっかくお店を調べてくれていることもあり、LINEをしながら問いかけに応える。 一方で、急ぎのLINEのため、夫の問いかけにイライラする。   ねー、〇〇のお店のサイトを見て! 今ネットの画面を変えられないから後でね もういい! だから後でね! …   こんなことがよくあるんです。 ちゃんと理由も告げていると思うのですが、会話を見直すと… 私の返事は『ごまかし』になるのでしょうか? 私はLINEをしながらも、夫が話かけてくることに、返事をしていた。 夫からすれば、私と会話をしていると思っていたはず。 それなのに、その会話とつながりないことを急に言われたら(それも二人でごはんを食べに行くお店を調べてくれている時に)、「えっ?」ともなるだろうし、自分が無下にされた気持ちになるかも。 夫が最初に話かけてきた時点で、アクティブリスニングをして予防のアイメッセージをすればよかった。   例えば 「お店を調べてくれているんだね。ありがとう。」 「後で一緒に調べたいな。今急ぎのLINEを打ってしまいたいの。」 と思うのですが未来さん、どう思いますか?   ということですので、軸対話で考えてみましょう!  

軸対話で思考整理し対応。お互いが何を大切にしたいのか明確に

会話後の気まずさから、
  • これがいけなかったのかな?
  • あれがいけなかったのかな?
  • 夫の気持ちを無下にしたのかな?
  • 夫が困ってるんだから、聞いてあげればよかった
など色々試行錯誤するのは疲れますよね。 軸対話に慣れるまで、今まで以上に色々考えてしまうこともあるでしょう。 この工程がしんどくて投げ出す人も多い中、質問してくださってありがとうございます。 皆さんはどう思われますか?   愛されてるんだから「いいじゃん」と思いますか? 大したことじゃないから放置でいい、と思いますか? 相談者なおさんの頭の中では、もやっとしていますよね。 軸対話で思考整理して対応していくと、お互いが何を大切にしたいのか明確になっていきます

どちらが何に困っているのか

なおさんは、
  • 夫と一緒に楽しい時を過ごしたい
  • 夕食のことを一緒に考えたい
  • LINEの返事を打たないと落ち着かない
  • 返事を返さないと頭の切り替えができない
  • 画面の切り替えも今はできない
  • ご飯を食べに行くことを考えるモードにならない
のでしょうね。 もう一度会話を見直すと   ねー、〇〇のお店のサイトを見て! 今ネットの画面を変えられないから後でね     夫への返事は、「ごまかし」ではなく「解決策の提示」です。 「ねーお店のサイトを見て」と言っている状態は、彼は困っている。 その時に漠然とした解決策を与えられたので、被害妄想が始まりました。 この会話、どっちが困っていますか? 両方困っていますよね。 欲求の対立が起こっているのですが、何の欲求の対立が起こっているのでしょう? 後でね、が漠然としているんです。 そのLINEの返事はどれぐらいの時間で、返せそうですか? 10分? 15分? 30分?

対立点は『時間の使い方』

夫は
  • すぐに一緒に考えたい (こちらは欲求なので解決しやすい方で会話する)
  • LINEに気を取られていることがイヤ (この部分は精神的な影響なので触れない)
のどちらかの「イヤだ困った」を持っているのかもしれません。   そしてなおさんは、
  • 返事を打ってからでないと、考えることができない
  • 画面が切り替えれない
のどちらかの「イヤだ困った」を持っているのかもしれません。

対立点が『時間』のときの軸対話例

軸対話での対応例はこうなります。 ※軸対話の一例です ねー、〇〇のお店のサイトを見て! 今、LINEで返事を返してて ネットの画面を変えられないから見せて~ あっ、これこれ、どう思う? うん、いいね。 もうちょっと考えたいから 10分後に一緒に見たい いいよ。10分の間調べとくよ

10分の間コーヒータイムにしよ~

と自分の行動を考える。

  と、なおさんへ送ったところ、なおさんよりお返事がありました(^^) なおさんより 時間を具体的にすることと優先順位ですね。 未来子さんの会話例、とても参考になります。   後記 相手がすぐに反応して常に困っている状態だからと言って、壊れ物を触るように気を遣っていても関係改善は難しく、相手も変わりません。 それよりも軸対話で自分の主張をアイメッセージで具体的に述べ、相手の話も聞き、そして自分の欲求も率直に伝える。 軸対話の繰り返しの日々が確実に彼の被害妄想も取り除いてくれます。 地道に頑張りましょう^^   コメントする
【質問】旦那さんの 「俺偉いやろ?」はどこからそこが見えたのですか?
未来さん、質問です!! 旦那さんの 「俺偉いやろ?」はどこからそこが見えたのですか? 自分で自分の事をやった。だけなのに、 妻にジャレてかかっている。 ジャレてかかるのはなんでかな? 妻に甘えたいって事かな? 俺を見て欲しいって事かな? 構って欲しいってことかな? こんな感じですか?   下記の記事に対して質問がありました! ありがとうございます。 No.3 洗濯物取り忘れ事件:何も問題がない!?  

では、質問に答えます!

旦那さんの 「俺偉いやろ?」はどこからそこが見えたのですか?   朝、夫が「・・・何回言えば済むんや!」と言ってます。この言葉からです。
  1. 洗濯物を取り入れることは妻の役目だと思って、妻の代わりに自分が行動したと思っている。
  2. 朝、作業着が湿っていたとしたら自分はもっと怒るだろう、怒られるのはイヤだろうから自分が取り入れた
全て妻の代わりに自分が動いたと思ってる。 だから妻からお礼の言葉が欲しい。   「お前のことを思ってしたんだよ、俺、偉いやろ」と、言っています。 そしてこのニュアンスは、妻には伝わっていると思われます。 だから「眩しいからカーテン閉めたら、そのまま忘れちゃった!」といっています。
>妻にジャレてかかっている
・ジャレてかかるのはなんでかな? ・妻に甘えたいって事かな? ・俺を見て欲しいって事かな? ・構って欲しいってことかな? こんな感じですか?   夫に甘えはあるとは思うのですが、ジャレている意識はないと思うんです。 ジャレて見えるのは、こちらサイドの視点です。 なので『見て欲しい、構って欲しい』は、少し違うかもしれません。 それは妻に確かめてみましょう。  

行動と思いの分離&自他分離が難しい

『他者のことを思ってしたことを無視される』と言うことは、寂しいことだと思うんです。

甘えている自覚はない

この朝の会話は甘えている(こちら側の判断)のですが、本人にはそのつもりはなく、相手のことを思ってしていることが認められなかったので、相手を攻めています。  

自分の欲求を満たしている自覚がない

自分の欲求を満たすために自分が動いていると言う自覚は、ないんです。  

相手の善意の思い込みを外すには

この善意の思い込みを外すには、しばらくはこのノリに乗っておくか、『相手(妻)のことを思っても無駄な時もある』のだと言うことを徐々に知ってもらうことが必要なんです。  

その善意の相手の思い込みを断ち切れない

で、妻は「私のことを思っても無駄だし諦めてね」と言うニュアンスのことを伝えてしまうと、心が離れてしまうような気がするから、言えないんです。要は相手の善意の思い込みをし続けて欲しいと心のどこかで願っている。  

行動と思いは別とは思えない

と言うのは「忘れたっていいじゃん、何がダメなの?」のこの川西の言葉にひどく抵抗していましたし、首を傾げて納得をしていない表情でした。これは、行動と思いが別だと考えられていないからです。  

自他分離はもっと寂しい

この状態の場合、行動と思いの分離は勿論、自他分離していくことが寂しいと感じている。 どちらの分離に対しても、寂しい冷たいと感じるのは 自分自身の行動への信頼が不十分なので、過去まで説明しました。 なので過去までの4部作になりました。  

どの欲求と行動が自分なのかが分からない

自分の欲求の存在をうやむやにして育っている

お二人共が、子どもの頃から大人の「あなたメッセージ」で育っているので自分のことより相手のことを思って、相手の欲求を満たすために自分が行動すると言うことが染み付いており、自分の欲求が放置状態です。 それに加えて、お姉ちゃんなんだから、とかお兄ちゃんなんだから、子どもだからとか、親に養ってもらっているんだから、女だから男だから、と言う役割と行動が一緒になっており、自分の欲求の存在がうやむやなんです。   なので、自分のしている行動は、
  • 自分の欲求を満たすための行動なのか⁈
  • 相手の欲求を満たす行動なのか⁈
区別がつけられていないのです。  

イヤかイヤじゃないか、その程度段階も明確にする

この洗濯物取り忘れ事件は 10回以上言われていると言う話でしたよね。 10回以上夫の言葉を鵜呑みにしています。 10回以上、思いと行動が一緒、役割と行動が一緒、自他分離がなく、欲求の存在がうやむやな会話が続いていると言うことは、イヤじゃない部分もあり、どこまでそのことがイヤだと感じているか、どのことをイヤだと感じているか不明です。   「お前のことを思ってしたんだよ、俺、偉いやろ」 この言葉を
  • 素直な言葉であればOK。
  • うっとおしいと感じる。
  • 愛されていると感じる。
  • どれぐらいイヤかイヤじゃないか⁈
  • それともお互い少しずつ成長したいか⁈
と言うことを確認してもらうために、記事にしていると言う面もありますよね。   妻の欲求は「心が離れるのはイヤ」「そのままの自分でいたい」です。その欲求を満たす方法はいくらでもあるんです。 今のままの会話のパターンでいくと、今後もこれ続きますけど、どうします?と尋ねています。   人は自分で気づかないと行動は変わらないですからね。 人に気づいてもらうと言うのは、なかなか大変ですよね。^^   しなやかにね( ̄ー☆   追記 人は様々な生い立ちで育った人同士が巡り会います。 言葉のニュアンスが気づける人同士だから成り立つ会話のオンパレードでややこしいですが、犬も食わない喧嘩をすることで存在を確かめ合ったり喧嘩をしても離れないと言うことを確かめ合うことが必要な時期や関係性もあるように思うんです。 喧嘩は疲れると思うので、軸対話でじわじわ確認しあって改善してもいいですよね。^^   うーん、親の育て方云々より日本全体の大人が「あなたメッセージ」の教育の仕方をしていると思いませんか? 本当はシンプルなのに複雑にしてしまっているのです。
  • 自分の欲求を明確にする!
  • 相手の欲求も尊重した対話ができるようなる!
未来を担う子ども達に修得させてあげたいですね。  
No4洗濯物取り入れ忘れ事件:反応から軸を見つける
先日カスミン家で、洗濯物取り入れ忘れ事件が勃発しました。 小さな出来事ですが、何度も同じようなことがあるとお互いにストレスですよね。 日常の中で同じようなこと、同じような会話を繰り返しているときは、反応会話になっていると判断できます。   詳しくは↓↓↓   No.1 二人の心の奥を覗いてみましょう!   No.2 軸対話対応で考えてみましょう!   No.3 何も問題がない!?   No.4 反応から自分軸を見つける。  

攻め言葉で”意味付け”フィルターが作動する

反応自体は、様々な理由で起こるのですが 反応が起こる理由の一つに ”意味づけフィルター”によって起こる場合があります。  

今回の妻の事実は何?

妻が洗濯物の取り忘れをしたのは、 「したいことをしていたら忘れた」 ということですよね。 その事実があって、、、、、 攻め言葉、やっつけ言葉に反応して 冷静さを失っており、聞けなくなっている。 ということは、攻め言葉を聞くと ”意味づけフィルター”が作動する。  

どんな意味づけフィルターなのか?

攻め言葉のような大きな声を出されると
  • 自分が悪いと思ってしまう。
  • 人が困っていたら助けなければいけない。
  • 攻められたら言うことを利かないといけない。
  • 私はしたいことをしてはいけない。
  • したいことをすると見放される。
など、いずれにしても 「このままの私ではいけない」と思っており 自分自身の行動に自信がなく罪悪感があります。  

過去を振り返って精査する

過去の攻め言葉や、やっつけ言葉を言われた場面を思い出してみましょう。

あなたメッセージを言われた場面を思い出す。

理不尽に怒られた場面です。     例えば、 親が仕事で考え事があり、集中したいと思っている時、子ども達はそろそろ寝る時間であるが、子どもたちがテレビを観て、大きな声で笑っています。   親は自分の思考作業を邪魔された! と感じて、子ども達に言います。   さっさと寝なさい! 何時だと思ってるだ! テレビばっかり見てるんじゃない! そんな番組を見てるようではダメだな! 勉強しないと、ろくな学校に行けないぞ!!     怒られるような時間でもないし 前は一緒に見てた番組なのに 宿題はこれからしようと思ってたのに あなたには、怒られる意味がわかりません。   親が怖すぎて言い返すこともできませんでした。 言葉を飲んでしまった、、、、(T ^ T)  

まず吐き出しましょう!

なぜ怒られているのか?!意味が分からないときは、 大概、自分が普通にしている時に、いきなり怒られています。 その時に我慢した言葉があります。 それを吐き出しきりましょう。   この場合だと、、、 意味わからへんし 前、一緒に見てたやん わけわからんし 勉強してるし 八つ当たりやん ほんまにもー ああーもーーーー なんなんもーあほーー 馬事雑言・・・・・ ・・・・・・etc   注:自分でできないときは カウンセリングを受けるか どなたかにサポートを受けてください。   それが終わってスッキリしたら  

軸対話で精査します。

あれは「あなたメッセージ」だったな。と判断したら、、、 やっつけ言葉の詳しくは↓↓↓↓ あなたメッセージが伝えるもう一つのメッセージとは?! https://rakubicoco.com/suppress-expression/communication   振り返って思い出してみると、、、、   会社から帰ってきて袋が多い時に怒っていた。 ということは、会社で何かあったんだ。   じゃあ、本当に関係ないじゃん。 別にテレビぐらい見てていいやん あの時勉強してなくても別に関係なかったし 別に親に迷惑かけようと思ってなかったし   と、いうように自分の行動は人を怒らせるようなことではない!自分で自分を確認する。認める。という作業が必要です。(軸対話を知らないとできません(^^;)  

あなたの軸は何ですか?

一連のいざこざやモヤモヤの中から 大切なことは、自分軸に気づくことです。 何を大切にしたい人なのか!? あなたが相手を大切にしたい人だということは、 ご自身でも理解できていますよね。 もう一つは自分自身がどんな行動をする人なのか!?   何かわからない完璧な人になろうとすることではなく 人はしたいことしかできないし 関心のあることしかできないし 興味のあることしかできないし 何かができて何かができなくて 補い合い、協力し合って生きていく そのままで ありのままで 愛されるのだと   自らが軸対話で実践しながら 相手にもそれでいいのだと、魅せていけますよね。^^   追記 コミュニケーションというのは習慣です。 子どもの頃に染み付いた習慣を変えるのは 容易なことではありません。 習慣を変えるのは「無意識を意識化する!」ことが大事です。 そのために無意識の反応会話から意識的な軸対話に習慣を変えます。 すると、見えてくる世界はどんどん変わります。 実は過去は関係なかった、 と気づいたりしますが、 それは軸対話を実践し尽くすと腑に落ちてきます^^ ゆっくりと、、、しなやかにね^^
No.3 洗濯物取り忘れ事件:なにも問題ない!?
先日カスミン家で、洗濯物取り入れ忘れ事件が勃発しました。 小さな出来事ですが、何度も同じようなことがあるとお互いにストレスですよね。 日常の中で同じようなこと、同じような会話を繰り返しているときは、反応会話になっていると判断できます。   詳しくは↓↓↓   前回は↓↓   今回は↓↓↓↓ vol.3 何も問題がない(><)!?   この洗濯物取り入れ事件は、何も問題はなく、わかりにくいコミュニケーションがあるだけなんですよね。 ですが、二人ともに困ってしまって反応会話をしていました。 重要なことは、反応会話を改善したいのかどうかです。  

何も問題がないってどう言うこと?

しなやか自分軸でいう問題は、 イヤ困ったを持っている人がいるかどうかです。   その際のイヤ困ったの種類の中で
  1. どの欲求や感情が阻害されているか
  2. どの価値観が阻害されているか
  この二点のうち、2は時間がかかる場合が多い。 1については、すぐに対処できるので1を重視します。 という視点で洗濯物取り入れ事件を精査すると、、、、。  

問題がない!?

1については、夫自身で解消されています。 朝、作業着が湿っていたらイヤでしょうし 妻の取り込み忘れもありました。   でもね。 夫はちゃんと寝る前に取り込んでいるんです。 だから作業着が湿っていることはないんです。   で、ですね〜 寝る前に取り込んでいるんだから 自分の欲求を自分で満たす行動が取れているんです。   誰も何も具体的な影響はなく困っていないですよね。 と言うことは、問題はないんです。   にも関わらず、夫は何にどう困って 大きな声を出したのでしょう?  

夫は何を気づいて欲しかったのでしょう?

夫が素直であれば、 こう言いたかったのではないでしょうか?  

できてるやろ、、、、俺

  俺、えらいでしょ。 お前はすっかり忘れて寝てたし 忘れん坊だけど、俺は覚えていて しかも自分で取り込んだんだぞ。 俺、えらいやろ!!     だから、朝起きた時に 真っ先に言って欲しかったんですよね。   すごーい!私忘れてたのに ちゃんと取り入れてある〜 助かる〜嬉しいな〜   と、自分の行動を認めて欲しかった 褒めて欲しかったのではないかな〜と思えます。     ああ〜めんどくさ〜、、、、 な〜〜〜んて、ややこしいんでしょう。 正直に「褒めて」と、言って欲しいよね。   おそらく子どもの頃に、ご自身の行動を認めてもらうということが少なかったように思うので、言って欲しいんですよね。気づいて欲しいんですよね。人には”甘える”ということも大切ですよね。   と、いうのも有りですし、、、  

共感だけして終了

あっ、取り入れてある〜 私、忘れっぽいよね〜   と、だけ先に言っておくか       また、お前はやらかしたな!駐車場に着いたらベランダにヒラヒラしとったぞ。何回言えば済むんや!     何回言っても忘れるよね〜 大変やと思うわ、ほんまに 手のかかる奥さんやね〜     と、共感だけするか、です。   この上記の対応ができるには、 自分自身に対して全てOKの状態でなければできないんです。     なので、 ”忘れる”と言うことに罪悪感がある? と尋ねました。  

反応しているとできない対応がある

  • 自分にOKを出していないと、人の自慢⁈「褒めて」は受け取りにくいし認めにくい。
  • 冷静に観察していないと、このややこしい感情は見落とします。
  • 反応ポイントに触れるとできない対応もあるので
  • 自分自身の行動に注目する (したくないことはしない、したいことをしていると自覚する)
  • 反応する過去をその都度見つめる
  追記 夫婦間のことは、依存関係であってもお互いがイヤでなければ問題はないんです。 No.1でもあったように、じゃれあっておられますし愛もあるしね。 よーく見ると特に具体的な問題は起こっていません。 欲求は自ら満たしていると自覚している=自立 この状態を自覚してもらうことに寂しさを感じているなら、反応しあっていてもいいんです。 重要なことは、反応会話を改善したいのかどうかです。 改善したいのであれば、次回が役に立ちます。 過去の見つめ方は、次回です。 とうとう4部作になりますね。 独り言 川西自身は自立したサクサクした関係が好きですし それぞれ子どもや部下がいる場合は、自立的で サクサク好きにやってもらった方がいいな~と思うんです。 ただ身近な関係や夫婦関係の場合、 その人がどういう環境を欲しているかに寄ります。 関係改善には時間をかけてもいい甘え合う時があってもいいその人同士が良ければ、なんでもいいですよね。 軸対話があれば自由にできます。 困るのは”甘えている”ことに無自覚だと言い争いになるので、これだけは回避したかな~と思うし、自覚があるなら、それはもう自立しているとも言えるのではないかと思ったりします。 だからさ、しなやかにね( ̄ー☆
No..2洗濯物取り忘れ事件:軸対話対応
先日カスミン家で、洗濯物取り入れ忘れ事件が勃発しました。 小さな出来事ですが、何度も同じようなことがあるとお互いにストレスですよね。 日常の中で同じようなこと、同じような会話を繰り返しているときは、反応会話になっていると判断できます。   詳しくは↓↓↓   前回は↓↓ 今回 vol.2 軸対話対応で考えてみましょう!  

この一連の会話、誰が困っていますか?

次の日に湿った作業服着るのはイヤ、と言う具体的な影響と 夕方には取りれるべきという精神的影響がある夫。   言い訳するな!の言葉に攻められたと 精神的な影響のある妻。   欲求を阻害されているのは誰ですか? です。 と言うことは、夫の話を聞いてあげた方がいいですよね。   でも、聞けない状態の妻なので、妻が困っています。 なので困った時のアイメッセージを伝えた方がいい。  

妻が困った時のアイメッセージ

言い訳するな!と言われると、どんな風ににイヤ?
  • 私のことをわかってもらえない。
  • なんでわかってくれないの!
  • 息苦しくなる。
  • 胸が締め付けられるよう。
  • 胃がキューっとなる。
  • 閉じ込められるようでしんどい。
  ということなので、   言い訳するな(行動)と言われると 胸が締め付けられるよう(影響)に息苦しくなる(感情)。   と今の自分の状態を実況中継するように伝える、 おそらく   「そんなつもりはない、、、そんな攻めるつもりじゃないんだ」   と、言うかどうかわかりませんが、言い方が悪かったかな〜と考える機会になるかもしれません。  

夫の話をアクティブリスニング

もし夫の話が聞けるなら、、、、 また、お前はやらかしたな!駐車場に着いたらベランダにヒラヒラしとったぞ。何回言えば済むんや!   まったくね、 忘れられてショックだよね。 何度言っても聞いてもらえなくて 無視されてるような気にもなるしね。   そうだよ、俺のことなんてどうでもいいように思われてるようでイヤだ。     そうか、私が忘れると自分に関心を持ってくれていないように思うんだ。悲しいよね。 そうか、、、私もあなたの期待に応えたいけど、、、 忘れるんだよね〜 何かに集中すると、 そのことだけにのめり込んじゃうんだよね 覚えていられないんだよね〜 どうしようね。     そっか、何かに集中してると忘れるんか。 しゃあないな〜。 でも困るしな〜。 どうしよっか。   と言う会話ができたとしたら、、、 俺のことなんてどうでもいいと思われている と言う夫の思い込みも取れると思いませんか?   もしこの後、話し合いができたとしたら、、、、  

話し合いをしたとしたら

問題点は何? どんな欲求が対立しているのでしょう?  
  • 夫は次の日に湿った作業服着るのイヤ
  • 妻は洗濯物を入れるのを忘れる
(夫に協力する気があるなら)   この二つの問題点に向けて いく通りかの解決策を二人で考えます。   解決策は幾通りかあります。  
  • 洗濯物を覚えている方が寝る前に入れる。
  • 乾燥機を買う。
  • 作業着の枚数を増やす。
  • 夕方に洗濯物入れコールをする。
  • 夕方に洗濯物入れメールをする。
  • 夕方にタイマーをセットしておく。
  • 朝湿っていたらアイロンがけをする。
  と言う話し合いをしたら、、、やはり 夕方に洗濯物を取り込むことだけが解決法! と言う頑なな夫の思い込みは解消されます。     変えられることを変えたらいいんだ〜と思えるようになるでしょう。 そうなると、変えられないものに執着しているより心が軽くなりますよね。   と、ここまで書きましたが、、、、、   これね、実は何も問題がないんですよ^^ お気付きですか?   次回です。  
No.1洗濯物取り忘れ事件:心の中を覗く
先日カスミン家で、洗濯物取り入れ忘れ事件が勃発しました。 小さな出来事ですが、何度も同じようなことがあるとお互いにストレスですよね。 日常の中で同じようなこと、同じような会話を繰り返しているときは、反応会話になっていると判断できます。   詳しくは↓↓↓  

なぜ夫は、洗濯物は夕方に取り入れるべきだと思っているのでしょう。

・干しっぱなしはみっともない。 ・普通、夕方には取り入れるものだろう。 ・キチンとできない妻だと知られたくない。 ・乾いたものが湿る。 ・湿ると翌朝作業着が着れない。   そのべきの法律を守るべく ・窓辺に「取り忘れ注意」の張り紙を貼る。 ・カーテンを開けておく。 と工夫しているカスミン家、  

夫婦の会話

また、お前はやらかしたな!駐車場に着いたらベランダにヒラヒラしとったぞ。何回言えば済むんや!   眩しいからカーテン閉めたら、そのまま忘れちゃった   そんな言い訳するな!   言い訳ちゃうもん! 事実を言っただけやもんo(`ω´ )o   そういうのを言い訳というんや! 洗濯物は早めに入れて貰わんと困るな。 次の日に湿った作業服着るのイヤやし。   妻は忘れた理由を伝えたけれど、理解してもらえなくてモヤモヤしています。  

この二人の心の奥を覗いてみましょう!

反応会話というのは、表面の言葉に反応して会話をしています。 心の奥が二人の間では全然わからないようです。 なので心の奥を覗いてみましょう! 心の奥の文字色は、です。   「また、お前はやらかしたな!駐車場に着いたらベランダにヒラヒラしとったぞ。何回言えば済むんや!」 俺の服をしまい忘れてる 俺のことは気にしてくれていない 俺のこと、どうでもいいと思ってる     攻められたと感じたので なんども言われてできないなんて あなたのことは大切なのに、、、 忘れるなんてダメな私 ちょっと忘れただけなの なんで忘れちゃったんだろう? 「眩しいからカーテン閉めたら、そのまま忘れちゃった!」     俺の寂しい気持ちをわかってない と思うので 「そんな言い訳するな!」     え〜言いわけじゃない あなたのことが大切だし、 心は離れたくない!と 反応した妻は、 言い訳ちゃうもん! 事実を言っただけやもんo(`ω´ )o     本当に俺のことはどうでもいいと思ってるんや あああ、寂しいな〜 と思うので そういうのを言い訳というんや!       売り言葉に買い言葉状態ですね(^^; まあ〜ね、反応会話で複雑にして ジャれるのもいいですけど、、、、。 もしストレスを感じているなら、、、 軸対話で成長しあってもいいかな〜と 思うのですがいかがでしょう? 次回です。  
要領の悪い夫がイヤでたまりません!
先日、要領が悪い人が気にならなくなった、という事例がありましたよね。 私も過去を見つめたら気にならなくなるのでしょうか? という相談がありました。 もう少し詳しく聞いてみましょう。   私は要領がいいんです。 要領はいい方がいいですよね。 なので私は自分のことは否定していません。 でも夫は、すごく要領が悪く、 気になって気になって仕方がありません。 やはり過去に何かあるのかしら?   しな軸では、いきなり過去を癒すのではなく、まず現状をみます。 過去を癒さなくても、現状に働きかければ解決することもあります。 現状では無理な場合に、過去をみます。 まず現状です。 最近、どんな出来事があってイヤだ!と思いましたか?     えーーーしょっちゅう思うから、、 何だろう?? あっそういえば! 夕食後の食器洗いに時間がかかっています。 要領悪くてイヤ〜     時間がかかっていると どんな影響があなたにあってイヤなんだろう?     だって時間がかかって寝るのが遅くなって 寝不足で辛そうにしているのを見るのがイヤ! 朝、ボーッとしてたらイヤじゃないですか!   ボーっとしてると どんな風にイヤ?   だって、、、 しんどそうなのは見てるとイヤだし こんなことは思ってないだろうけど 本当は手伝ってほしいと思ってるかもしれなくて 攻められてるような気がするし やらされてると思ってるかもしれなし 本当はイヤイヤしてるかもしれないし 時々イライラしてるし そんな夫を見てるのがイヤなんです。     食器洗いが遅くなると 寝るのが遅くなって 夫が朝、ボーっとしていると 攻められてるような気になって そのうちイヤだって言われるんじゃないか 嫌われるんじゃないか、と 妄想が膨らんでいくんですね。 ほお〜愛されていたいんですね^^ じゃあ、先ほど言われた こんな風に心配している 嫌われるんじゃないかとも思ってしまう、、、と 言って、確認した方が もっと愛されるんじゃないかしらね〜^^     ところで本当に要領が悪いといけないことなのでしょうか? 要領が悪い方がいいこともありませんか? ・助けてもらえる ・気にかけてもらえる ・自然に人が集まる もしかしたら経営者に向いているかもしれませんよね。^^     あーーーーそういえば! 職場で要領が悪いことをしてます。 失敗もしてます。 でも怒られなくて、 皆さん、優しいです。 でも、これで本当にいいのかな?て     人が本当はどう思っているのか?! 疑わしくて信じられない ということでしょうか?   一つ一つ、確認していきませんか? あなたメッセージでの確認の仕方ではなく 自分が本当に思っていることを アイメッセージにしてみましょう。 アイメッセージで人に伝える効果は、 自分の想いを自分が実感する効果もあります。 これは実践して自らが実感してみないと 腑に落ちないとは思います。^^ まず夫へアイメッセージで確認してみませんか? ラブラブの新婚さんですからね。 言った方がいいと思うな〜❤       まだ現在では困ってことは起こっていません。 起こるかもしれないことを心配し不安になっています。 なので現在での対応をした方がいいですよね。 現実に相手がいるなら、確かめましょう! 心の中だけの出来事を心の中だけで対処してもいいですが、繰り返される同じような思いは、同じかどうかも分からないことを気に病むことになります。 この事例は、過去を癒して反応しないようにすると、いつまでも自分自身に戻れず、癒す利点がありません。 確認すれば終わる妄想は、確認しないと、また同じようなことで妄想が膨らみます。 報告をお待ちしています。^^  
Slider
売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい
事例

売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい

売り言葉に買い言葉の喧嘩腰の会話を改善したい!と思い、「冷静になろう」「相手のことを良いように思おう」「相手のことは諦め[…]

自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。
表現を与える

自分軸が明確になるショッピング同行とは?ショッピングも軸対話も顔も同じです。

本日、息子に頼まれてショッピング同行なり。 ということで、同行時間の短縮の[…]

一言多い人は「聞く」素質がある?とは、どういうこと?
事例

一言多い人は「聞く」素質がある?とは、どういうこと?

聞く本質の中にある、聞く素質がある理由 人の話が最後まで聞けない。 ないしは、どうしても一言多くなってしまう。 […]